ACP日本支部とは

はじめに

米国内科学会(ACP)は1915年創立の世界最大の内科専門医の学会である米国内科専門医会(ACP)と、1956年に設立された内科医の学会、米国内科学会(ASIM)が1998年に合併してできた学会(ACP-ASIM)で2003年春に名称をACPに統一しました。会員数11万5千人(医学生会員1万5千人を含む)を擁し、世界80か国に会員を有する国際的な内科学会です。当学会の使命は最高水準の専門的な内科診療技術を育成し、医療の質を高め、医療をより効果的にする事にあります。