ACP米国本部

ACP日本支部ブログ

公式イベントページ

入会方法・入会のメリット

ACP上級会員(FACP)昇格へのご案内

委員長挨拶

ACP日本支部
Credential/Membership Committee 委員長

山田康秀
国立国際医療研究センター
がん総合診療センター

ACP会員のみなさまへ

CMC委員長を拝命致しました国立国際医療研究センターの山田康秀です。これから、多くのACP会員のみなさまとの意見交換を通じて、各会員が各々の得意とする領域で益々お力を発揮して頂ける機会を提供できるような学会にしたいと考えております。
また、ACP会員のみなさまが各地域からリーダーシップを発揮して頂き易くなるように、FACPへ御昇格される会員を増やすべく、募集要項を改正させて頂きました。臨床、研究、教育、社会奉仕、自己研鑽など、自らのがんばりを主張して下されば、CMC委員会がFACPに推薦させて頂きます。積極的にACP日本支部へ関わって頂ける仲間を新たにお迎えし、日本支部の活動を高め、タイムリーな情報収集、発信をしていきたいと思います。
ACP日本支部は本国ACPのみならず、インド、バングラデシュ、サウジアラビア等アジア諸国支部との交流を進めていくと、日本支部長の前田賢司先生から伺っております。欧米や東アジアとの交流機会は多いかもしれませんが、貴重な西南アジア諸国との国際交流の場でも、みなさまのご参加が求められています。ACP会員からFACPへの積極的な自薦、他薦をお待ちしております。

山田康秀
国立国際医療研究センター
がん総合診療センター
2021年5月28日

 

1.ACP上級会員-FACPとは

1975年以来、全世界で35,000人を超える医師が 上級会員/フェロー(FACP)になっています。FACPは、清廉な人物で、内科領域で卓越した能力を示し、医学的な功績や優れた学識を示したことが同僚達に認められ、初めて達成できる名誉ある地位です。

具体的には、 ACP 会員として入会後3年以上の下記の方々1が対象となります。

  • 臨床医、教育者、または研究者
  • 患者のケアを献身的に行う内科医
  • 専門家として、または地域社会で、人々の生活に質の変化をもたらすことができるリーダー
  • 医療の実践における卓越性と専門性の育成に専念している医師

注記)1. 一般的には、30代から40代の医師免許取得後10年以上の方々が多いです。

2.FACPになるメリット

  • 上級会員/フェローは医療活動に関連してFellow of the American College of Physiciansの略称であるFACPという名称を使うことが公に認められます。
    (例、Taro Yamada, MD, FACP)
  • 毎年春に開催されるACPの年次総会において、Convocation Ceremonyで称号が授与されます。
  • 地域のFACPメンバーと連携して、地域活動に参加できます。
  • 地域の若手医師のメンター役として、若手医師育成に貢献できます。

3.応募要件(必須要件・チェックリスト)

必須要件1:米国内科学会への誓い

(FACPの宣誓書です。FACPになった際のConvocationでもこの誓いを全員で復唱します。)

American College of Physicians Pledge  (原文)

I affirm my belief in the mission of the American College of Physicians
To preserve and maintain the highest traditions and precepts of our professional calling
And I solemnly declare that I will conform to these ideals to the utmost of my ability

I therefore reaffirm my dedication to the practice of medicine
To act always in the best interests of my patients
To respect the reputation and integrity of my colleagues
To supplement my own judgment with the counsel of others when the occasion requires
To render assistance to my colleague in every way
To extend my professional aid to the unfortunate
To increase my medical knowledge and understanding by continuing study by association with physicians of the highest intellectual and ethical standards and by the free exchange of information and experience with all of my medical colleagues

I hereby pledge to uphold the ethics of medicine as exemplified by the standards and traditions of this College

米国内科学会の誓約 (邦訳)

私は、米国内科学会の使命に対し、自己の信念を確認いたします。

私たちの専門的な職における最高の伝統と教訓を維持するために、
そして、自分がこれらの理想に最大限準拠することを厳粛に宣言します。

私は医学への献身的な実践に向け、以下を再確認いたします。

  • 患者への最善の治療のため常に行動すること
  • 同僚の名声と誠実さを尊重すること
  • 必要に応じて他人に助言を求め、自己の判断を補足すること
  • あらゆる方法を尽くして同僚を支援すること
  • 恵まれない人々に自分の専門性を生かし、援助を差し伸べること
  • 最高の知的および倫理的基準をもつ内科医との連携により研究を継続し、すべての医療関係者と情報と経験を自由に意見交換することにより、自らの医学的知識と理解を深めること

私はここに、当学会の基準と伝統によって示されるような医学の倫理を守ることを誓います。

必須要件2:基本要件

  • ACP Member としての入会後3年以上であること。
  • 医療、教育、研究において卓越性とスキルで他の内科医から認められていること。
  • 継続的な学識と専門的な業績を示せること。

必須要件チェックリスト(すべてを満たす必要があります)

  • 研修終了後、ACP会員として、3年以上年会費を納めていますか?
  • 総合内科専門医ですか?
  • 研修終了後、3年以上の診療/臨床経験または研究経験がありますか?
  • 主な臨床活動は内科全般、複数の内科分野、内科系各サブスぺ、または神経学などですか?
  • 日頃より専門能力向上と医学的教育の継続に取り組んでいますか?
  • 積極的に社会奉仕や委員会の活動に参加していますか?

必須要件3:追加項目

基本的な要件に加えて、専門的な業績について、以下の領域の1つ以上で実績を提示する必要があります。

チェックリスト

  • 出版物:研修医終了以降、出版された論文等の実績。査読付きジャーナルの場合、重要度は高くなります。
  • その他の学習活動:サブスペシャリティ認定、再認定、上級学位、特別能力の認定、CMEクレジットのためのMedicalKnowledgeSelf-AssessmentProgram®(MKSAP)への参加等。
  • 周囲への教育活動:地域病院、オフィスベース、施設またはその他での教育活動(講師として講演等)。
  • リーダーシップ活動:ご自身の専門的な仕事やコミュニティ内においてどのような実績を上げたのかを提示してください。例えば、医療ディレクター、病院委員会の委員長または参加者としての自己の役割や健康アドボカシー、品質改善イニシアチブ、または医療ボランティア活動における活動などの活動を指します。
  • ACP活動:必須条件ではありませんが、積極的なコミットメントは評価対象です。ACP会議(本部/支部)           への参加、支部総会またはセミナー等での講師としての実績、ACP委員会への参加等。

4.応募手続き

手続きの流れ

Step 2の書類のご準備が整いましたら、Step3の相談フォームよりお問合せください。
お住いの近くのFACP地域グループ担当者をご紹介いたします。
※Step 1の資格要件に関する質問は、本部(FACP@acponline.org)にお問合せください。

Step 1 資格の確認
米国本部Customer Service (FACP@acponline.org)までメールにて入会歴を満たしているかご確認ください。また、ACP活動(本部/支部講演会出席実績)がある方はそのリストも請求してください。
Step 2 昇格申請書類等の準備

Fellow昇格申請書1部(Payment Information 除く全項)
② CV1部1
③ 各専門医証の英文証明書2
④ Fellow/Master 2名の英文推薦状3

注記1)※CVの書き方およびサンプルについてはこちらをご参照ください

  • CVのTeaching Activities、 Hospital Committee Appointments、 Community Activities、 College Activitiesの各項目は漏れの無いように記載してください。
  • ACP日本支部主催の総会、講演会、レセプションに参加された先生並びにRecruit-a-Colleague Programに参加された先生はCollege Activitiesへ記入してください。
  • Continuing Medical Education(教育講演会)の受講・講演歴の記載も求められます。Bibliographyの後に過去3年間の受講・講演歴を記載してください。

注記2)専門医の英文証明書には専門医の英語名称、初回認定年月日、各更新年月日、有効期限年月日と先生のお名前の記載が必要です。
注記3)推薦状の書式は自由です。FACP/MACPのご指示で上司の先生の推薦状や推薦状下書きの作成等、追加書類の提出や面接がある場合もあります。

推薦状テンプレート:

Step 3 地域のCMC委員会より以下のサポートがあります
  • ④ の推薦状がない方は、推薦者を選んでいただく
    (※必要に応じて面接。尚、推薦状を既にお持ちの方は申請書類作成助言・サポートのみ)
  • 必要書類(申請書類等)作成のご相談

CMC委員会への相談・サポート依頼はこちら

Step 4 上記 ①~④ までの書類が揃ったら米国本部に送信
  • ① Fellow昇格申請書のPayment Information を記入してください
  • メールの件名に「Japan Chapter Fellowship Application」と入れて送信してください

米国本部ご連絡先:FACP@acponline.org

Step 5 米国本部審査後、昇格確定

米国本部での審査は約1~2ヶ月お時間を頂戴する場合がございます

5.Credentials/Membership Committee(CMC委員会)の紹介

CMCのミッション

  • FACPに興味のあるACP会員の昇格手続きの支援を行う。
  • 地域で活躍する医師等をACPの会員に推薦する。
  • 会員でFACPにふさわしい人物を地域活動等を通じて発掘し、推薦する。
  • 地域グループごとの会員間での情報交換や交流を通して、地域活動の活性化を図り、医療の向上を目指す。

CMC委員会は地域グループを代表するリーダーで構成されています。各地域のFACPはリーダーとともに、FACPへの昇進を希望される皆様のお手伝いをいたします。

CMC委員会メンバー

地域グループ 役職 在住地域 氏名 所属
北海道・東北 グループリーダー 北海道 安尾 和裕 札幌東徳洲会病院
グループリーダー 青森県 梶原 祐策 医療法人芙蓉会 村上病院 消化器内科
関東 グループリーダー 埼玉県 樋口 敬和 獨協医科大学埼玉医療センター
サブリーダー 千葉県 栁内 秀勝 国立国際医療研究センター国府台病院
東京 グループリーダー 東京都 友田 義崇 板橋中央総合病院
グループリーダー 東京都 山田 康秀 国立国際医療研究センター
中部・北陸 グループリーダー 長野県 城下  智 信州大学医学部内科学第二教室
グループリーダー 岐阜県 阪野 勝久 阪野クリニック
サブリーダー 石川県 村山 敏典 金沢大学附属病院
サブリーダー 岐阜県 牛越 博昭 岐阜大学
サブリーダー 愛知県 横江 正道 日本赤十字社愛知医療センター名古屋第二病院
近畿 グループリーダー 京都府 坂野 晴彦 京都大学医学附属病院 先端医療研究開発機構
グループリーダー 兵庫県 西村 光滋 生長会府中病院
サブリーダー 和歌山県 中路 幸之助 医療法人愛晋会中江病院
サブリーダー 兵庫県 久木田 和夫 神戸アドベンチスト病院
中国・四国 グループリーダー 広島県 中村 浩士 国立病院機構 呉医療センター・中国がんセンター
グループリーダー 岡山県 岸  誠司 川崎医科大学
九州・沖縄 グループリーダー 福岡県 三浦 伸一郎 福岡大学医学部心臓・血管内科学
サブリーダー 福岡県 的野 多加志 飯塚病院 感染症科
サブリーダー 熊本県 小野 宏 国立病院機構熊本医療センター感染症内科・国際医療協力センター
サブリーダー 福岡県 山本光孝 原三信病院循環器科

6.お問合せ

下記のお問合わせフォームよりご連絡ください

FACPに関するお問合せ