acpロゴ
ACP本部の紹介
一般社団法人
米国内科学会日本支部
〒604-8141
京都市中京区泉正寺町334番地   日昇ビル5階
株式会社CSセンター内
TEL 075-241-9620
FAX 075-241-9692
E-mail office@acpjapan.org
HOME > ACP本部の紹介 > 活動内容

ACP本部の紹介

活動内容

出版

 当学会は様々な医学雑誌や書籍を発行しています.中でも学会の旗艦誌(flagship journal)とも言える重要な雑誌は,世界でもトップ・レベルの医学雑誌「Annals of Internal Medicine」(月に2回発行)です.また,新聞形式で内科医に関係する諸問題や学会主催のイベント等に関する情報をお知らせするニュースマガジン「ACP Internist (旧Observer)」を月に一度発行しています(海外会員はホームページにアクセスして閲覧できますが,インターネット環境が整っていない場合,ご連絡いただければ送付することも可能です).当学会にE-mail Addressをご登録いただければ内科医にとっての最新情報や当学会からのお知らせを含むメールマガジン「Internist Weekly (旧ObserverWeekly)」をお送り致します.E-mailご登録又はご変更はwww.acponline.org/addressにアクセスしてください.また,海外会員には「ACP International Newsletter」が年2回配付されます.

教育

 当学会は卒後医学教育に力を入れており,毎年春に行われる「年次セッション(Annual Session)」はその柱の一つです.Internal Medicine 2011は4月7-9日にSan Diegoで開催されます.また,「MKSAP(医学知識自己評価プログラム)」も充実しており,第15版が出版されま した.その他,他学会と協力して作成されるサブスペシャリティー毎のMKSAP(書籍版と一部CD-ROM版)の発行,臨床技術を習得するための「臨床技術プログラム」,「卒後教育コース」(全米で年50回以上開催),「診療ガイドライン/有効性評価プロジェクト」(診療に使われるガイドラインの評価,検討および作成)なども行っています.

健康政策

 健康政策に関するリサーチや健康政策の声明を作ることも当学会の活動の一つです.また,合衆国政府の健康政策に於ける決定を形作るための政府関連の活動も行っています.

電子化情報

 当学会ではMKSAP15CD-ROM,サブスペシャリティーのMKSAPのCD-ROM(呼吸器,血液と癌等),「Annals of Internal Medicine」,「ACP Journal Club」,「Pier」,「Clinical Problem-Solving Cases(CPSC)」等の電子化情報にも力を入れています.年次セッションではコンピュータ教育も行っています.学会全体の情報は「ACP Online」で御覧頂けます.

▲このページのTOPへ