Journals

Annals of Internal Medicine

(更新日 2007年2月20日)
Annals
Established in 1927 by the American College of Physicians

患者さんへのまとめ(SUMMARIES FOR PATIENTS)

術前の一時的ワーファリン中断に対する,橋渡しとしての低分子ヘパリンの抗凝固活性

Safety of Surgery during Bridging Anticoagulation Therapy with Low-Molecular-Weight Heparin

6 February 2007 | Volume 146 Issue 3 | Page I-35

「患者さんへのまとめ」は ,患者さんが近代医学の複雑でしばしば迷わすような用語をよりよく理解することを助けるためにAnnals誌によって提供されるサービスです.

 

「患者さんへのまとめ」は情報を提供する目的だけのために提示されています.これらの「まとめ」はあなた自身のかかりつけ医からの助言の代わりとなるものではありません.もしあなたが,この題材について疑問を持ったり,あなた自身の健康あるいは状況についての医学的助言を必要とする場合は,あなたのかかりつけ医と連絡をとってください.「まとめ」は非営利的な教育目的のためだけに転載されても構いません.他の用途への使用については,米国内科学会(ACP)によって承認されなければなりません.

下記の「まとめ」は「短報: 術前の一時的ワーファリン中断に対する,橋渡しとしての低分子ヘパリンの抗凝固活性」と題された論文からのものです.
 

何が問題であり,それについて現在までにどういうことが分かっているのでしょうか?
いろんな病態によって血が固まりやすくなる危険性のある患者さんに対して,臨床医は血をサラサラにするための薬,いわゆる抗凝固薬を処方します.口から飲む錠剤のワーファリンはよく使われる抗凝固薬です.ワーファリンは飲みやすく効果的な抗凝固薬ですが,飲み始めてから十分な薬効が得られるまでに2-3日必要で,また,服薬を中止してから3-5日ほど薬効が持続します.ワーファリンを服用中の患者さんが外科手術を受ける時は,特に体の組織にメスを入れるような場合には,ワーファリンの抗凝固活性のため大量に出血する可能性があるため,主治医の先生は手技の5日ほど前にワーファリンを中止する必要があります.一方で,もしこの間抗凝固療法が全くなされなければ,患者さんの血管内で血の塊ができてしまう危険性が高まります.このジレンマを解決するために,臨床医は手術数日前にワーファリンを中止して,低分子ヘパリンと呼ばれる抗凝固薬の一種を投与します.エノキサパリンは低分子ヘパリンの一種です.エノキサパリンは1日1-2回注射する必要があります.エノキサパリンはワーファリンほど効果が持続しないので,手術のちょっと前に中止することが出来ます.通常エノキサパリンは1日2回使用し,手術前日の夕方まで使用してから中止します.手術終了後はエノキサパリンを再開し,ワーファリン治療が再開されるまで投与し続けます.このようなエノキサパリンの使用方法は”橋渡し療法”として知られています.
 
この研究の目的は何ですか?
外科手術前日の夕方までエノキサパリンを使用し,その後中止する方法で(約12時間以上前にエノキサパリンが中止されます),外科手術を行なう時までにエノキサパリンの抗凝固活性が消失し,安全に外科手術を行うことができるかどうかを明らかにするためにこの研究が行なわれました.
 
誰が試験されたのでしょうか?
橋渡し療法のエノキサパリンが投与された94名の患者さんです.
 
その研究はどのようにしてなされましたか?
研究者らは外科手術の4-5日前にワーファリンを中止し,3日前からエノキサパリン1日2回投与に変更しました.そして,手術前日の夕方までエノキサパリンを注射して,その後中止しました.中止後12時間以上あけてから,血液凝固検査と外科手術が行なわれました.手術直前の血流の抗凝固活性がどの程度あるのかを調べました.
 
研究者達は何を発見しましたか?
最後にエノキサパリンが注射されてから平均14時間後に検査のための採血が行なわれました.採血から外科手術までの時間は平均97分でした.99%の患者さんにおいて何からの抗凝固活性が認められました.そのうち68%の患者さんにおいて充分な抗凝固活性を示すエノキサパリンが残存しており,16%の患者さんにおいては治療量より多い抗凝固活性が認められました.
 
研究の限界は何でしょうか?
使用された低分子ヘパリンがエノキサパリンのみです.他の低分子ヘパリンでは異なる結果を示すかも知れません.
 

この研究の意義はどのようなものでしょうか?
外科手術前のエノキサパリンの最終投与は12時間以上(24時間程度かもしれません)前に行なうべきです.
 

(翻訳: 大島康雄)

Summaries for Patients - English Page