Journals

Annals of Internal Medicine

(更新日 2007年2月20日)
Annals
Established in 1927 by the American College of Physicians

患者のケアの改善(IMPROVING PATIENT CARE)

短報: 家庭を基盤とするプライマリケアにおけるケアの質の国家基準

Brief Communication: National Quality-of-Care Standards in Home-Based Primary Care
Kristofer L. Smith, MD, MPP; Theresa A. Soriano, MD, MPH; and Jeremy Boal, MD

6 February 2007 | Volume 146 Issue 3 | Pages 188-192

背景: 在宅高齢者に対する家庭を基盤とするプライマリケアは複雑で,診療には独特の制約があり,ケアの質に関する基準は存在しない.

目的: 質が高い家庭を基盤とするプライマリケアに必須となる,ケアの質の指標を特定する.

 

方法: ある専門開発委員会が家庭を基盤とするプライマリケアに適用できる確立された新しいケアの質の指標を検討した.別の全米評価委員会が修正デルファイ法を用いて,見込みのある ケアの質の指標の妥当性と重要性を評価した.

 

対象:  委員の業務形態,場所,背景の異なる2つの国家委員会.

 

結果: 2つの委員会は合計260に及ぶ質ケアの指標を検討して,その中で23の高齢者の状態を網羅する200のケアの質の指標を支持した.このうち,21(10.5%)のケアの質の指標が新たに作成され,52(26%)が修正され,127(63.5%)は変更されなかった.ケアの質の指標における重点は介入から生活の質へと移行している.

 

研究の限界: ケアの質指標のセットは在宅高齢者のすべてに適用できるものではないであろうし,標準的な家庭を基盤とするプライマリケア プログラムの道具とするのは困難かもしれない.

 

結論: ケアの質指標のセットは家庭を基盤とするプライマリケアの質の包括的な骨組みとなり,将来の比較研究に役立つだろう.これらのエビデンスに基づく測定法をあらかじめ準備しておけば,患者の生活の質と寿命の改善に役立つだろう.
 

(翻訳: 村山敏典)

English Abstract