Journals

Annals of Internal Medicine

(更新日 2007年4月27日)
Annals
Established in 1927 by the American College of Physicians

患者さんへのまとめ(Summaries for Patients)


非ヌクレオシド系逆転写酵素阻害薬を中心とするHIV治療の順守と患者の転帰

Adherence to Nonnucleoside Reverse Transcriptase Inhibitor-Based HIV Therapy and Patient Outcomes


17 April 2007 | Volume 146 Issue 8 | Pages I-28


「患者さんへのまとめ」は ,患者さんが近代医学の複雑でしばしば迷わすような用語をよりよく理解することを助けるためにAnnals誌によって提供されるサービスです.

「患者さんへのまとめ」は情報を提供する目的だけのために提示されています.これらの「まとめ」はあなた自身のかかりつけ医からの助言の代わりとなるものではありません.もしあなたが,この題材について疑問を持ったり,あなた自身の健康あるいは状況についての医学的助言を必要とする場合は,あなたのかかりつけ医と連絡をとってください.「まとめ」は非営利的な教育目的のためだけに転載されても構いません.他の用途への使用については,米国内科学会(ACP)によって承認されなければなりません.


下記の「まとめ」は「非ヌクレオシド系逆転写酵素阻害薬に基づいたHIV治療の順守とウイルス学的転帰」という論文からのものです.


何が問題であり,それについて現在までにどういうことが分かっているのでしょうか?

HIVはAIDSの原因で,それは死に至らしめる恐れのある疾患です.この疾患は,人体が感染やある種の癌と闘う能力を妨げます.いくつかの薬剤を含む治療法(高活性抗レトロウイルス療法またはHAART)がHIV感染患者さんの転帰を大いに改善させました. 残念ながら,薬が奏功するためには,治療法を高いレベルで順守する必要があります.順守とは薬剤を処方されたとおりに正確に服用し,量を間違えないことを意味しています.より新しい治療の組み合わせは非ヌクレオシド系逆転写酵素阻害薬(NNRTIs)と呼ばれる薬剤を含んでいます.HIV感染を効果的に治療するために,NNRTIsを含む治療の組み合わせが,これらの薬剤を含まない治療の組み合わせと同様に高いレベルの順守を必要とするか否かは不明です.NNRTIsを含まない治療の組み合わせについての研究では,HIV感染を効果的に抑制するために患者さん達が処方された量の90%を服用する必要があることを示唆しています.


この研究の目的は何ですか?

NNRTIsを含むHIVに対する治療の組み合わせが,これらを含まない既定の治療法と同様の高いレベルの順守を必要とするのか否かを見出すためです.


誰が試験されたのでしょうか?

1998年1月から2003年3月までの間にNNRTIsを含む治療を開始した 2821名のHIVに感染した成人です.全ての患者さんは薬剤の費用を賄う南アフリカのHIVプログラムによるヘルスケアを受けていました.


その研究はどのようにしてなされましたか?

研究者は薬局のコンピューターシステムを用い,患者さんがどのくらいの頻度でHIV治療の処方を補充しているかを見出しました.また彼らは血液検査でウイルス量の情報を集めました.医師はHIV感染症の治療を受けている患者さんを追跡するためにウイルス量の測定を用いています.ウイルス量とは血液中のHIVウイルスの測定値です.それは病気が進行するにつれ増加するので,ウイルス量が少ない方が良いということになります.研究者はウイルス量が400 copies/mL未満であることがHIV感染の完全な抑制状態であり,良い転帰と考えています.


研究者達は何を発見しましたか?

処方された薬剤の順守が高まるにつれて,完全な抑制状態が増加しました.しかしながら,処方された量のわずか50%しか服薬していないのに完全な抑制状態(ウイルス量が400 copies/mL未満)に達した患者もいました.


研究の限界は何でしょうか?

研究者は,患者が処方された治療をどれだけよく守っているかを調べるために,患者さんがどのくらいの頻度で処方を補充するかを記録しました.定期的に処方を補充しているものの,処方されたとおりに服用していない患者さんもいる可能性はあります.また,全ての患者さんが治療開始時と決められた時にウイルス量を測定しているとは限りません.


この研究の意義はどのようなものでしょうか?

患者さんがHIV治療を処方されたとおりに正確に受ける場合に転帰は最良のものとなりますが,NNRTIsを含む薬剤の組み合わせを受ける患者さんは中等度の順守レベルでもウイルス量の結果は良いものとなるかもしれません.NNRTIsを含まない薬剤の組み合わせによる研究では,これらの治療法は良い転帰を得るためにはより高いレベルの順守を必要とすることを示唆しています.


(翻訳: 村上 純)

English Abstract