Journals

Annals of Internal Medicine

(更新日 2007年5月14日)
Annals
Established in 1927 by the American College of Physicians

患者さんへのまとめ(Summaries for Patients)


リウマチ性多発筋痛症の治療に関するインフリキシマブの追加療法

Adding Infliximab to the Treatment Regimen for Polymyalgia Rheumatica


1 May 2007 | Volume 146 Issue 9 | Pages I-20


「患者さんへのまとめ」は ,患者さんが近代医学の複雑でしばしば迷わすような用語をよりよく理解することを助けるためにAnnals誌によって提供されるサービスです.

「患者さんへのまとめ」は情報を提供する目的だけのために提示されています.これらの「まとめ」はあなた自身のかかりつけ医からの助言の代わりとなるものではありません.もしあなたが,この題材について疑問を持ったり,あなた自身の健康あるいは状況についての医学的助言を必要とする場合は,あなたのかかりつけ医と連絡をとってください.「まとめ」は非営利的な教育目的のためだけに転載されても構いません.他の用途への使用については,米国内科学会(ACP)によって承認されなければなりません.


下記の「まとめ」は「リウマチ性多発筋痛症の初期治療;プレドニゾンとプラセボの併用群対プレドニゾンとインフリキシマブの併用群の比較無作為化試験」というタイトルの論文からのものです.


何が問題であり,それについて現在までにどういうことが分かっているのでしょうか?

リウマチ性多発筋痛症(PMR)は全身性の炎症疾患です.症状としては体重減少・発熱・筋肉痛・頚部や肩や臀部の疼痛・朝のこわばりを認めます.PMRの原因は不明です.50歳以上に生じやすく,以後加齢とともに増加します.プレドニゾンのようなステロイド治療がよく効きます.しかし大抵1〜2年のステロイド治療が必要であり,ステロイド治療を中断すると再発が時々見られます.ステロイドの副作用を生じる可能性もあるため,再発を予防し,治療に必要なステロイドを減量するためのよりよい治療が求められます.インフリキシマブは免疫系に作用する薬剤であります.ステロイド治療により副作用を生じた4人のPMR患者さんに対してインフリキシマブでステロイドを減量させたという論文の報告があります.


この研究の目的は何ですか?

PMR患者さんに対してインフリキシマブを用いた治療がよりよい効果を示すかを検証するためです.


誰が試験されたのでしょうか?

新規にPMRと診断されてプレドニゾンで治療中の51人の患者さんを対象として研究がおこなわれました.


その研究はどのようにしてなされましたか?

インフリキシマブまたはプラセボ(インフリキシマブに似ているが活性成分を含まない)のいずれかを経静脈的に開始日・2週後・6週後・14週後・22週後に投与をおこなうやり方で無作為に患者さんを割り当てました.全患者が16週をかけてステロイドを15mgから0mgに漸減するスケジュールで実施しました.もし症状が増悪した場合はステロイドを増量し,再度ステロイド量を漸減する方法でおこないました.研究者は研究の過程において患者さんの症状が再発していないかということとステロイド量に関して情報を収集しました.


研究者達は何を発見しましたか?

この研究は小規模であり,わずか22週しか継続しなかったため,インフリキシマブが軽度の効果を認めるのか,インフリキシマブの長期使用では効果を認めるのかは結論できませんでした.また,この研究は小規模すぎて,インフリキシマブの副作用に関する十分な情報は得られませんでした.


この研究の意義はどのようなものでしょうか?

インフリキシマブはPMRと新規に診断された患者さんに対してプレドニゾンと併用して使用してもあまり大きな効果は得られないと思われます.


(翻訳: 植田秀樹)

English Abstract