Journals

Annals of Internal Medicine

(更新日 2007年5月14日)
Annals
Established in 1927 by the American College of Physicians

診療所にて(IN THE CLINIC)


この号ではうつ病の予防,スクリーニング,診断,治療に焦点を合わせた臨床的概要を示し,臨床技術の改善を図る.

Depression


1 May 2007 | Volume 146 Issue 9 | Pages ITC5-1


うつ病はプライマリケアで良く出会う疾患で,プライマリケアの患者では5%〜10%が罹患している.未治療のうつ病は通常合併する疾患(例えば糖尿病や心血管疾患)の効果的治療の妨げになる.うつ病による障害は,その他の慢性疾患の病状による障害に似ている.(障害調整生存年を用いて算出すると)うつ病は現在,疾病による世界的負担の主要な原因疾患の第4位であり,2020年には第2位になると予想されている.うつ病の効果的治療は,症状を緩和し生活の質を改善する.時々「パンドラの箱を開ける」ごとく見受けられることもあるが,プライマリケア医はうつ病のほとんどの患者を効率的に鑑別し,治療していくことが可能である.


(翻訳: 大和田 潔)

English Full Text (pdf)