Journals

患者さんへのまとめ(Summaries for Patients)
計算能力と糖尿病コントロールの関連
Association of Numeracy and Diabetes Control
20 May 2008 | Volume 148 Issue 10 | Page I-53
「患者さんへのまとめ」は ,患者さんが近代医学の複雑でしばしば迷わすような用語をよりよく理解することを助けるためにAnnals誌によって提供されるサービスです.

「患者さんへのまとめ」は情報を提供する目的だけのために提示されています.これらの「まとめ」はあなた自身のかかりつけ医からの助言の代わりとなるものではありません.もしあなたが,この題材について疑問を持ったり,あなた自身の健康あるいは状況についての医学的助言を必要とする場合は,あなたのかかりつけ医と連絡をとってください.「まとめ」は非営利的な教育目的のためだけに転載されても構いません.他の用途への使用については,米国内科学会(ACP)によって承認されなければなりません.

下記の「まとめ」は「計算能力と糖尿病コントロールの関連」というタイトルの論文からのものです.
何が問題であり,これまでにどのようなことがわかっていますか?
糖尿病の患者さんは,たくさんのことを自分で考えなくてはなりません.もっとも難しい課題の一つは,数値を用いた作業です(例えば,食べ物の一部のカロリー数を計算することや,高血糖を認めた後にどのくらいのインスリンを打つか決めるなど).数値の理解力や,算数の問題を解く能力は人によって異なります.その上,平均血糖値は糖尿病患者さんの中でも大きく異なります.そのため,糖尿病患者さんの計算能力が向上することは,糖尿病の自己管理力を改善させるかもしれません.

この研究の目的は何ですか?
糖尿病患者さんの計算能力をテストすることと,計算能力が良好な血糖コントロールと関連するか調べることです.

どのような人たちが試験の対象になっていますか?
2つのプライマリーケアクリニックと2つの糖尿病を専門とするクリニックの患者さんを対象としました.患者さんの63%は白人で,全体の43%が高校を卒業しておらず,44%は年収2万ドル以下でした.

どのような研究がおこなわれましたか?
著者らは読解力(読み書き能力)と基礎的な計算力(計算能力)を,多くの研究プロジェクトで使用され証明されたテストを用いて評価しました.また,著者らは,患者さんが日常,自分の糖尿病を管理する上で必要な計算力と数字の解釈力を評価するテスト(糖尿病計算能力試験)を開発しました.例えば,ある質問では,望ましい血糖値の範囲を示して,3つ数字のうち,どれがこの範囲内にあるかを聞きました.著者らは患者さんの平均血糖値を示すHbA1c値を測定しました.

この研究からどのような結論が出ましたか?
ほぼ三分の一の患者さんは,9年生(日本の中学3年生に相当)以下の読みとり能力であり,69%の患者さんは計算能力に関して9年生以下でした.半数の患者さんは70%あるいはそれ以下の糖尿病に関する計算能力しかありませんでした.次のような質問が一題出されます.

「あなたにメトホルミン500mg錠を処方します.ラベルには,『一週間,毎晩夕食時に1錠内服して下さい.その後,一週間毎に1錠ずつ増やして,毎晩夕食時に4錠内服するまで増量して下さい』と書かれています.2週目には,毎晩夕食時に何錠内服することになるでしょうか?」

患者さんのうち65%しか,2錠であるという正しい答えを選べませんでした.高齢者,非白人,そして正規教育を受けた期間がより短い患者さんほど,糖尿病に関する計算のテストの点数がより低かったです.

糖尿病に関する計算能力のあらゆるレベルにおいて,平均血糖値は患者さんによって大きく異なります.研究サンプル全体において,計算能力が低いほど,わずかですが,血糖値はより悪いという相関が見られました.若い人ほど,健康に関する読み書き能力が悪い人ほど,あるいは最近になって糖尿病と診断された人に,この関係がより強く認められました.

この研究にはどのような限界がありますか?
患者さんは,人種,収入,教育において多様ですが,全て英語を話す人たちでした.この研究では,危険なほどの低血糖発作のような重大問題につながる誤りの頻度を,報告していません.

この研究の意義はどのようなものでしょうか?
これらの患者さんの多くは計算が苦手(糖尿病に関する計算能力に乏しい)で,毎日の糖尿病管理において,解決しなければならない問題を抱え苦労していました.しかし,糖尿病に関する計算能力の良い人から悪い人まで,全てのレベルにおいてその平均血糖値は,広範囲にわたっており一様ではありませんでした.患者さんの計算能力は,血糖値がより良くなることにわずかに関連してはいましたが,糖尿病管理においては小さな要素のようです.

(翻訳:石田真美子)

English Abstract

▲このページのTOPへ