Journals

最新情報(Updates)
緩和医療における最新情報
Update in Palliative Medicine

 緩和医療の目的は,疾患の進行度や他の治療の必要性にかかわらず,苦痛を予防そして軽減し,患者とその家族のために最善の生活の質を提供することである.緩和ケアは,従来の疾患モデルによる内科的治療を発展させ,生活の質を高め,機能を最適化し,意思決定を助けることを目的に含めている.更にホスピスと異なり,どのような適切な延命治療も同時に提供される.この最新情報に選ばれた原著は,まずキーワードで検索をかけ,2005年9月から2007年6月までの一般内科,緩和医療,麻酔,腫瘍学,看護と社会事業分野における代表的な20雑誌からの引用文献17000以上をレビューした.これらの文献の一部を,サイエンスの質,革新性や緩和医療に携わる臨床医への適応性を基に評価した.この最後の基準は,緩和医療の専門医だけでなく内科医,家庭医,臨床看護師,内科領域の専門医−幅広い進行,慢性疾患患者の診療に当たるすべての職種−に該当する.評価の不一致を解決するために総意(コンセンサスの一致)という過程を経て,これらの基準で最高の評価を得た原著を選択した.この表は,これらの原著により明らかになる臨床上の変更点をまとめている.

(翻訳:石黒 洋)

English Full Text (pdf)

▲このページのTOPへ