Journals

クリニックにて(In the Clinic)
認知症
Dementia
1 April 2008 | Volume 148 Issue 7 | Page ITC4-1
 認知症は, 本来の状態に比べて, 認知機能が低下した状態と定義される. 認知症は, 種々の機能障害によって引き起こされる症候群であり, よく知られたものに, アルツハイマー病, 脳血管性認知症, レビー小体型認知症, 前頭側頭型認知症がある. 認知症の発症率, 有病率は年齢とともに増加する. 2047年までには, 900万人以上のアメリカ人が, 何らかの認知症に罹患すると推測されている(1). 多くの認知症患者は, 最終的に施設への入所を余儀なくされ, 67%はナーシングホームにて死去している(2). ほとんどの認知症に, 現在有効な治療法はみつかっていないが, 研究の結果やこれまでに集積された臨床経験は, 認知症患者やその介護者の機能や全体的な幸福を最大化させるのに役立つ, ある一連の方法を支持している.

(翻訳:市堰 肇)

English Full Text (pdf)

▲このページのTOPへ