Journals

診療ガイドライン(Clinical Guidelines)
前立腺癌のスクリーニング:米国予防医療サービス専門作業部会の勧告
Screening for Prostate Cancer: U.S. Preventive Services Task Force Recommendation Statement
U.S. Preventive Services Task Force*
5 August 2008 | Volume 149 Issue 3 | Pages 185-191
概要: 前立腺癌のスクリーニングに関する,2002年米国予防医療サービス専門作業部会勧告の最新情報

方法: 米国予防医療サービス専門作業部会(USPSTF)は,2002年のUSPSTFの勧告で確認されている臨床研究結果間の相違を解決するため,前立腺癌のスクリーニングの有益性に関する無作為化比較試験, 前立腺特異抗原(PSA)検査で偽陽性となった場合の心理学的有害性に関するコホート研究や横断研究,PSAにより発見された前立腺癌の自然経過に関する研究を評価した.

勧告: 75歳未満の男性において,前立腺癌のスクリーニングが有益なのか有害なのかを評価するには,現在の臨床研究による根拠では不十分である(声明I).

75歳以上の男性に対しては,前立腺癌のスクリーニングをするべきではない(推奨度D).

(翻訳:菊地基雄)

English Abstract

▲このページのTOPへ