Journals

(更新日 2008年10月20日)
Annals

Established in 1927 by the American College of Physicians
目次(TABLE OF CONTENTS)
7 October 2008 Volume 149 Issue 7
(監修:佐々木徹,総合監修:宇野久光)
英文のTable of Contentsはこちらをクリックしてください.

原著(Articles)
大腸・直腸腫瘍形成スクリーニングのための便DNA,潜血検査
Stool DNA and Occult Blood Testing for Screen Detection of Colorectal Neoplasia
David A. Ahlquist, Daniel J. Sargent, Charles L. Loprinzi, Theodore R. Levin, Douglas K. Rex, Dennis J. Ahnen, Kandice Knigge, M. Peter Lance, Lawrence J. Burgart, Stanley R. Hamilton, James E. Allison, Michael J. Lawson, Mary E. Devens, Jonathan J. Harrington, and Shauna L. Hillman
Ahlquistと同僚らは平均レベルのリスクを持つ4,482名の成人を対象に,大腸内視鏡検査を診断標準として,スクリーニングが適切な新生物形成検出のための2つのDNA試験と便潜血検査を比較した.Stool DNA test 1(SDT-1)はHemoccultSensaに比してスクリーンが適切な新生物検出に関して優位性は認めなかった.一方SDT-2はHemoccultやHemoccultSensaよりも有意に多くの新生物を検出したが,大腸内視鏡検査上所見のない陽性例も多かった.
(翻訳:今村隆明)
死亡率と運動誘発性心室性不整脈の心電図波形の関係
Association of Electrocardiographic Morphology of Exercise-Induced Ventricular Arrhythmia with Mortality
Robert E. Eckart, Michael E. Field, Tomasz W. Hruczkowski, Daniel E. Forman, Sharmila Dorbala, Marcelo F. Di Carli, Christine E. Albert, William H. Maisel, Laurence M. Epstein, and William G. Stevenson
運動誘発性心室性不整脈(EIVA)の予後への影響度ははっきりしておらず,その評価はQRS波形の形態に依存しているかもしれない.年齢,性別,危険因子をマッチさせ運度負荷試験を行ったEIVAの585名とEIVAのない2,340名の患者のうち,それぞれ5.3%,1.8%が24か月の間に死亡した.しかも,右脚ブロック型のEIVAが起こった患者のみがEIVAの起こらなかった患者に比較して死亡の危険性が高かった.
(翻訳:小出優史)
インシュリン様成長因子やそれらの結合タンパクと前立腺癌のリスク:12の前向き試験から得た個々の患者データの解析
Insulin-like Growth Factors, Their Binding Proteins, and Prostate Cancer Risk: Analysis of Individual Patient Data from 12 Prospective Studies
Andrew W. Roddam, Naomi E. Allen, Paul Appleby, Timothy J. Key, Luigi Ferrucci, H. Ballentine Carter, E. Jeffrey Metter, Chu Chen, Noel S. Weiss, Annette Fitzpatrick, Ann W. Hsing, James V. Lacey, Jr, Kathy Helzlsouer, Sabina Rinaldi, Elio Riboli, Rudolf Kaaks, Joop A.M.J.L. Janssen, Mark F. Wildhagen, Fritz H. Schröder, Elizabeth A. Platz, Michael Pollak, Edward Giovannucci, Catherine Schaefer, Charles P. Quesenberry, Jr., Joseph H. Vogelman, Gianluca Severi, Dallas R. English, Graham G. Giles, Pär Stattin, Göran Hallmans, Mattias Johansson, June M. Chan, Peter Gann, Steven E. Oliver, Jeff M. Holly, Jenny Donovan, François Meyer, Isabelle Bairati, and Pilar Galan
インシュリン様成長因子(IGFs)とIGF結合タンパクはある種の癌と関連しているかもしれない.前立腺癌の男性3,700人と対照参加者5,200人を含む12の研究を患者レベルで再解析したところ,血清中のIGF-Iが高値であれば前立腺癌のリスクがより高くなるという関連性が,IGFsやIGF結合タンパクと前立腺癌との間でみつかった.
(翻訳:小山雄太)
患者診療の質の改善(Improving Patient Care)
外科手術患者の予防的抗菌薬使用の適正化のための医療の質の向上協力事業の効果:無作為化試験
The Effect of a Quality Improvement Collaborative to Improve Antimicrobial Prophylaxis in Surgical Patients: A Randomized Trial
Stephen B. Kritchevsky, Barbara I. Braun, Andrew J. Bush, Michele R. Bozikis, Linda Kusek, John P. Burke, Edward S. Wong, John Jernigan, Cralen C. Davis, Bryan Simmons for the TRAPE Study Group
Kritchevskyと共同研究者らは外科手術関連感染の予防的抗菌薬使用を適正化するための,医療の質の向上をめざした協力事業の効果を,フィードバックの報告書のみを受け取る場合と比較検討した.研究に参加した44ヵ所の米国の急性期ケア病院は,予防投与の有無,予防投与の時期を評価するために,それぞれ約100例の外科手術例を無作為に抽出した.両群間で適切なタイミングで予防的抗菌薬投与を受けた患者の比率や抗菌薬投与期間の個々の評価項目に差はなかった.
(翻訳:田 徹)
総説(Reviews)
系統的レビュー:D-ダイマーによる誘因のない静脈血栓塞栓症に対する抗凝固療法中止後の疾病再発の予測
Systematic Review: D-Dimer to Predict Recurrent Disease after Stopping Anticoagulant Therapy for Unprovoked Venous Thromboembolism
Madeleine Verhovsek, James D. Douketis, Qilong Yi, Sanjay Shrivastava, R. Campbell Tait, Trevor Baglin, Daniela Poli, and Wendy Lim
静脈血栓塞栓症(VTE)再発のリスクが低い人を同定する試験は,抗凝固療法を継続するか中止するかの判断を助けうる.この系統的レビューは,初発の誘因のないVTEに対する治療中止後3ないし6週間の時点でD-ダイマーを測定した7編の研究を検討した.約2年以内の再発率は,D-ダイマー陽性および陰性患者においてそれぞれ8.9%と3.5%であった.
(翻訳:松浦喜房)
診療ガイドライン(Clinical Guidelines)
性感染症を予防するための行動カウンセリング:米国予防医療サービス専門作業部会による勧告声明書
Behavioral Counseling to Prevent Sexually Transmitted Infections: U.S. Preventive Services Task Force Recommendation Statement
U.S. Preventive Services Task Force
米国予防医療サービス専門作業部会(USPSTF)は性感染症を予防するための,青年や成人の行動カウンセリングについての新しい勧告を発表した.
彼らは,性感染症の危険の高い,性的にアクティブな全ての青年や成人に対する高い強度のカウンセリングを推奨している(推奨度B).性感染症の危険の低い,性的にはアクティブではない青年や成人に対する行動カウンセリングの有益性や有害性のバランスを評価するには現在のエビデンスは不十分である(I statement).
(翻訳:山前正臣)
性感染症予防のための行動カウンセリング:米国予防医療サービス専門作業部会の系統的レビュー
Behavioral Counseling to Prevent Sexually Transmitted Infections: A Systematic Review for the U.S. Preventive Services Task Force
Jennifer S. Lin, Evelyn Whitlock, Elizabeth O'Connor, and Vance Bauer
Linと同僚らは,米国予防医療サービス専門作業部会の勧告をサポートするために17の研究から見いだされた良質なエビデンスを検討した.その結果,性感染症クリニックとプライマリ・ケアの主催する複数回の講習会による行動カウンセリングによる介入は,リスクのある成人と若年者の性感染症の発生率を効率的に減少させることを示唆していた.より低い強度の行動カウンセリングによる介入と,低リスク患者に対するさらなる臨床研究のエビデンスが必要である.
(翻訳:宮崎泰成)
論評(Editorials)
便でのDNA検査と結腸癌予防:新たなる進歩
Stool DNA Testing and Colon Cancer Prevention: Another Step Forward
Daniel C. Chung
大腸内視鏡検査が必要な進行性の腺種や癌の可能性の高い個人を前もって選別できる非侵襲的な検査は価値がある.この内容に関するAhlquistと同僚らの研究は,この検査法が実現する可能性があり,非常にエキサイティングなエビデンスである.やがて,数個のDNA束が大きな予防を実現させてくれる可能性がある.
(翻訳:植田秀樹)
患者さんへのまとめ(Summaries for Patients)
大腸・直腸腫瘍形成スクリーニングのための便DNA,潜血検査
Stool DNA and Occult Blood Testing to Screen for Colorectal Neoplasia
(翻訳:沖 将行)
運動負荷試験時の運動誘発性不整脈のタイプと死の危険性
Type of Exercise-Induced Arrhythmia on Exercise Test and Risk for Death
(翻訳:柳内秀勝)
プライマリ・ケア来院時の性行為感染症予防のカウンセリング:米国予防医療サービス専門作業部会の勧告
Counseling during Primary Care Visits to Prevent Sexually Transmitted Infections: U.S. Preventive Services Task Force Recommendations
(翻訳:吉井康裕)
クリニックにて(In the Clinic)
肥満
Obesity
本号では肥満の臨床について,予防,診断,治療,診療の進歩,患者情報に焦点を当てて概説している.
(翻訳:植田秀樹)
Annals Home Page

▲このページのTOPへ