Journals

患者さんへのまとめ(Summaries for Patients)
小児神経管欠損の予防としての葉酸:米国予防医学サービス専門作業部会の勧告
Folic Acid for the Prevention of Infant Neural Tube Defects: U.S. Preventive Services Task Force Recommendation
5 May 2009 | Volume 150 Issue 9 | Pages I-50
「患者さんへのまとめ」は ,患者さんが近代医学の複雑でしばしば迷わすような用語をよりよく理解することを助けるためにAnnals誌によって提供されるサービスです.

「患者さんへのまとめ」は情報を提供する目的だけのために提示されています.これらの「まとめ」はあなた自身のかかりつけ医からの助言の代わりとなるものではありません.もしあなたが,この題材について疑問を持ったり,あなた自身の健康あるいは状況についての医学的助言を必要とする場合は,あなたのかかりつけ医と連絡をとってください.「まとめ」は非営利的な教育目的のためだけに転載されても構いません.他の用途への使用については,米国内科学会(ACP)によって承認されなければなりません.

下記のまとめは,「神経管欠損予防としての葉酸に関して:米国予防医療サービス専門作業部会の勧告」および「神経管欠損予防のための葉酸補充療法:米国予防医療サービス専門作業部会におけるエビデンスの最新情報」の全報告書からのものです.
誰がこれらの勧告を策定しましたか?
米国予防医学サービス専門作業部会(USPSTF)は,出版された研究をレビューし,予防的健康管理について勧告をする医療専門の集団です.

何が問題であり,これまでにどのようなことが分かっていますか?
神経管は,発達中の胎児の背中にそって存在し,脳や脊髄になります.神経管欠損は,胎児における脳や脊髄の奇形です.もっともよくみられる神経管欠損は,二分脊椎です.二分脊椎は,軽症から重症まであります.軽症では,脊椎の下部にくぼみや一房の毛髪をもって生まれます.軽症の場合,脊椎の骨が奇形となるか,脊髄の一部が開いていて,皮膚までつながっています.重症な症例では,下肢の筋力低下や麻痺,膀胱直腸障害を呈します.妊娠前および妊娠早期に葉酸を補充する女性は,補充しない女性に比べ,神経管欠損の赤ちゃんを産むことは少ないようです.1996年,USPSTFは,すべての妊娠可能な女性は葉酸を含むマルチビタミンサプリメントを服用することを勧告しました.USPSTFは,新たな研究が,1996の勧告の変更を支持したかどうかを知りたいと考えています.

USPSTFは,この勧告をどのようにして策定しましたか?
筆者らは,妊娠可能な女性に対して葉酸サプリメントの有用性と有害性を明らかにすることを目的として発表された研究をレビューしました.

筆者らは何を見い出しましたか?
1996年以降に出版された研究では,かつての勧告の変更を支持するものはありませんでした.葉酸サプリメントは,明らかに神経管欠損を減少させます.葉酸の服用に関連した有害事象の発生は有りませんでした.葉酸を服用した女性に双子が多いとするいくつかの報告がありましたが,詳細な検討では,双子の出産は不妊治療に起因し,葉酸の服用によることではないことが示唆されています.

USPSTFは,患者さんと医師が何をしたらいいか提案がありますか?
妊娠可能なすべての女性は,0.4から0.8 mg(400から800 μg)の葉酸を含んだビタミンサプリメントを毎日服用すべきです.

この勧告に関する注意点は何ですか?
現在,多くの食物は葉酸を添加しています.女性は,葉酸を補強している食物を単純に摂取するだけで,神経管欠損を防げるのに十分な葉酸を摂取することができるかどうかはわかっていません.

(翻訳:川口鎮司)

English Abstract

▲このページのTOPへ