Journals

(更新日 2009年8月31日)
Annals

Established in 1927 by the American College of Physicians
目次(TABLE OF CONTENTS)
18 August 2009 Volume 151 Issue 4
(監修:松浦喜房,総合監修:川村光信)
英文のTable of Contentsはこちらをクリックしてください.

原著(Articles)
早期肺癌の病期診断におけるポジトロン断層法:無作為化試験
Positron Emission Tomography in Staging Early Lung Cancer: A Randomized Trial
Donna E. Maziak, Gail E. Darling, Richard I. Inculet, Karen Y. Gulenchyn, Albert A. Driedger, Yee C. Ung, John D. Miller, Chu-Shu Gu, Kathryn J. Cline, William K. Evans, and Mark N. Levine
Maziakと同僚らは早期非小細胞肺患者に対する2つの術前画像診断法(全身ポジトロン断層法併用コンピューター断層法(PET-CT)と頭部画像診断の組み合わせあるいは,通常の病期診断法と頭部画像診断の組み合わせ)を比較した.その結果,非小細胞肺癌患者に対してPET-CTを用いた診断法は進行した疾患の同定に有用であり,無益な開胸術を予防することにつながるものの,一部の患者では偽陽性結果によって病期が不正に繰り上げて診断される可能性が示唆された.
(翻訳:古賀丈晴)
関節リウマチ治療におけるTripterygium wilfordii Hook Fとスルファサラジンの比較:無作為化試験
Comparison of Tripterygium wilfordii Hook F Versus Sulfasalazine in the Treatment of Rheumatoid Arthritis: A Randomized Trial
Raphaela Goldbach-Mansky, Mildred Wilson, Roy Fleischmann, Nancy Olsen, Joel Silverfield, Phillip Kempf, Alan Kivitz, Yvonne Sherrer, Frank Pucino, Gyorgy Csako, Rene Costello, Tuyet Hang Pham, Christopher Snyder, Désirée van der Heijde, Xuelian Tao, Robert Wesley, and Peter E. Lipsky
中国医学では,Tripterygium wilfordii Hook F(TwHF*)抽出物は自己免疫疾患や炎症性疾患の治療に用いられる.小規模臨床試験で関節リウマチ患者においてTwHFの有益性が示唆されている.Goldbach-Mansky と同僚らは,経口プレドニゾンと非ステロイド性抗炎症薬の使用を継続でき,疾患修飾性抗リウマチ薬の継続が不能な121名の活動期関節リウマチ患者において,TwHF抽出物をスルファサラジンと比較した.24週間治療を継続した患者のうち,American College of Rheumatology(訳注:米国リウマチ学会 - ACR)基準によるACR20%改善達成はスルファサラジンよりTwHFで多く,有害事象の割合は同等であった.
*訳者注:TwHFは日本で通常,雷公藤(らいこうとう)あるいはタイワンクロヅルなどと呼称される.
(翻訳:赤真秀人)
中国国家主導無料抗レトロウイルス治療プログラムの5年間のアウトカム
Five-Year Outcomes of the China National Free Antiretroviral Treatment Program
Fujie Zhang, Zhihui Dou, Ye Ma, Yan Zhao, Zhongfu Liu, Marc Bulterys, and Ray Y. Chen
2002年,中国は適格なHIV陽性患者に対して,高活性抗レトロウイルス療法(HAART)を提供する国家主導無料抗レトロウイルスプログラムを開始した.5年間にわたる48,785人の参加者の中で,死亡率はHAART開始後3か月が最も高く,6か月までに100人年あたり4から5人の死亡にまで低下し,その後5年までは一定であった.CD4細胞数で測定される免疫学的な治療不全の累積率は5年までに50%であった.
(翻訳:加藤秀章)
医学と臨床(Academia and Clinic)
医療介入研究の系統的レビューとメタ解析のためのPRISMA声明:説明と詳細
The PRISMA Statement for Reporting Systematic Reviews and Meta-Analyses of Studies That Evaluate Health Care Interventions: Explanation and ElaborationWeb-only lightning bold
Alessandro Liberati, Douglas G. Altman, Jennifer Tetzlaff, Cynthia Mulrow, Peter C. Gøtzsche, John P.A. Ioannidis, Mike Clarke, P. J. Devereaux, Jos Kleijnen, and David Moher
Liberatiと同僚らはPRISMA声明*,すなわち系統的レビューやメタ解析を報告するための最新のガイドラインの説明と詳細を紹介している.この記事はウエブのみの提供である.
*訳者注:Preferred Reporting Items for Systematic reviews and Meta-Analyses(系統的レビューやメタ解析で求められる報告項目), www.prisma-statement.org
(翻訳:鈴木 昌)

系統的レビューやメタ解析で求められる報告項目:PRISMA声明
Preferred Reporting Items for Systematic Reviews and Meta-Analyses: The PRISMA Statement
David Moher, Alessandro Liberati, Jennifer Tetzlaff, Douglas G. Altman, and the PRISMA Group
Moherと同僚らはPRISMA*(系統的レビューやメタ解析で求められる報告項目)を紹介している.これは,系統的レビューやメタ解析のためのQUOROMガイドラインの更新版である.系統的レビューの質,方法論や他の文献を見出すための包括的な文献検索の質,あるいは国際的調査結果の質を検証している研究の系統的レビューを用いて,実行委員会がQUOROMのチェックリストやフローチャートの改訂と拡大を行った.
*訳者注:Preferred Reporting Items for Systematic reviews and Meta-Analyses(系統的レビューやメタ解析で求められる報告項目), www.prisma-statement.org
訳者注:QUality Of Reporting Of Meta-analyses

(翻訳:鈴木 昌)

レビュー(Reviews)
系統的レビュー:分娩の待機的誘発と妊娠の慎重経過観察
Systematic Review: Elective Induction of Labor Versus Expectant Management of Pregnancy
Aaron B. Caughey, Vandana Sundaram, Anjali J. Kaimal, Allison Gienger, Yvonne W. Cheng, Kathryn M. McDonald, Brian L. Shaffer, Douglas K. Owens, and Dena M. Bravata
Caugheyと同僚らは,分娩の待機的誘発と妊娠の慎重経過観察の利点と弊害を比べるために,無作為化試験と観察研究の系統的レビューを行った.入手可能なエビデンスによると,妊娠41週以上における分娩の待機的誘発と,帝王切開および羊水の胎便汚染の減少が関連することが示唆された.
(翻訳:村島美穂)
展望(Perspectives)
ワルファリンの遺伝学的要因による薬理反応(pharmacogenetics)を臨床応用すべきか?否,まだである.
Should We Be Applying Warfarin Pharmacogenetics to Clinical Practice? No, Not Now
Michael H. Rosove and Wayne W. Grody
米国食品医薬品局は2007年にワルファリンの添付文書を修正した.この修正では,ワルファリンの処方量決定の目安に,強制ではないものの,遺伝学的要因による薬理反応(pharamacogenetics)の検査を行うことを提案していた.RosoveとGrodyは,現在,我々がワルファリンの遺伝学的要因による薬理反応の検査を臨床において日常的に施行すべきか否かを尋ねている.彼らはこの検査の結果が処方量の変化要因の1/3を予測するに過ぎないこと,この検査が出血や血栓症の発生率の減少に寄与するか否かが依然として証明されていないこと,そして費用対効果が確立されていないことを論じている.
(翻訳:鈴木 昌)
医学の歴史(History of Medicine)
Wolfgang Amadeus Mozartの死:疫学的な視点からの考察
The Death of Wolfgang Amadeus Mozart: An Epidemiologic Perspective
Richard H.C. Zegers, Andreas Weigl, and Andrew Steptoe
Zegersと同僚らは,作曲家Wolfgang Amadeus Mozartが死亡した時期のウィーンの全死亡記録を調査した.彼の死亡は,中毒,腎不全,ヘノッホ・シェーンライン紫斑病,旋毛虫症や他の病状によって引き起こされたと示唆されてきた.ウィーンで死亡した人々の死因を調査した後に,著者らは,Mozartの死因は,連鎖球菌感染とそれに続発した連鎖球菌感染後糸球体腎炎に起因する急性腎炎症候群であろうという結論に至った.猩紅熱は,可能性がより低いと考えられた.
(翻訳:岩本和也)
論評(Editorials)
PETと振り子
The PET and the Pendulum
Mitchell L. Margolis
肺癌における遠隔転移の非侵襲的な検出に,PETやCTの使用が有効であることは,今回掲載されているMaziakと同僚らの研究を含め,多くの詳細な検討によって立証されてきた.これまでに集積されてきたエビデンスから判断して,肺癌の進展度の確認にPET-CTを指示することは,特に根治療法を受ける候補と思われる患者にとって合理的なことである.
(翻訳:市堰 肇)


分娩の待機的誘発:眠れる定説をくつがえすか?
Elective Induction of Labor: Waking the Sleeping Dogma?
George A. Macones
帝王切開および,それに関連する母体と新生児のアウトカムに及ぼす,待機的分娩誘発の効果に関するCaugheyと同僚らの体系的なレビューが,本号に掲載されている.同レビューは,妊娠41週以降の待機的分娩誘発は,帝王切開と胎便による羊水汚染の割合を減少させるという認識を支持している.この結果は,産科医の再考を促し,そしてさらに重要なことには,妊娠39週以降の待機的分娩誘発の役割について,より注意深く検討することにつながるべきである.
(翻訳:市堰 肇)


今日の臨床的課題(Current Clinical Issues)
電子化医療記録を意義あるものに
Making Electronic Health Records Meaningful
Jennifer Fisher Wilson
(翻訳:市堰 肇)
患者さんへのまとめ(Summaries for Patients)
早期肺がんの病期診断のためのポジトロン断層法(PET)併用CT
Positron Emission Tomography Plus Computed Tomography for Staging Early Lung Cancer
(翻訳:村上 純)
漢方薬:雷公藤による関節リウマチの治療
The Chinese Herbal Remedy Tripterygium wilfordii Hook F in the Treatment of Rheumatoid Arthritis
(翻訳:川名正敏)
中国国家主導無料抗レトロウイルス治療プログラムの5年間のアウトカム
Five-Year Outcomes of the China National Free Antiretroviral Treatment Program
(翻訳:岩永正子)
ACP Journal Club
The Best New Evidence for Patient Care
患者ケアのための最良の新しいエビデンス
論評:「目的にぴったりする」研究論文を書く:EQUATORネットワークと報告についてのガイドライン.
Editorial: Writing a research article that is "fit for purpose": EQUATOR Network and reporting guidelines
レビュー:瀕死の状態にある成人に対しての強化インスリン療法は低血糖のリスクを増大させるが死亡率は増加させない.
Review: Intensive insulin therapy increases risk for hypoglycemia but not mortality in critically ill adults
瀕死の状態にある成人に対しての厳格な血糖コントロールは死亡や重篤な低血糖のリスクを増大する.
Intensive glucose control increased risk for death and severe hypoglycemia in critically ill adults
レビュー:糖尿病そのものが冠動脈疾患を意味するものではない.
Review: Diabetes is not a coronary disease equivalent
無症候性の2型糖尿病患者に対する冠動脈疾患のスクリーニングは心疾患のイベントのリスクを低下させない.
Screening for CAD in asymptomatic patients with type 2 diabetes did not reduce risk for cardiac events
レビュー:経口のビタミンD補充は,65歳以上の患者に対し脊椎以外および股関節部の骨折を用量依存的に防止する.
Review: Oral vitamin D prevents nonvertebral and hip fractures in a dose-dependent manner in patients 65 years of age
レビュー:アルドステロン抑制は左室機能不全の患者の死亡率を低下させる.
Review: Aldosterone blockade reduces mortality in patients with left ventricular dysfunction
Esomeprazoleはコントロール不良の喘息患者での喘息症状を改善しなかった.
Esomeprazole did not improve asthma symptoms in poorly controlled asthma
レビュー:2つのクラスの降圧薬を併用することは,収縮期血圧に対してほぼ相加的な作用を持つ.
Review: Combining 2 classes of blood pressure-lowering drugs has an approximately additive effect on systolic blood pressure
定型および非定型向精神薬はいずれも心臓突然死のリスクの増加と関連した.
Both typical and atypical antipsychotic agents were associated with increased risk for sudden cardiac death
急性心筋梗塞退院後の再入院のリスクは,プロトンポンプ阻害薬とclopidogrelの併用により増加しうる.
Concomitant use of proton pump inhibitors with clopidogrel may increase risk for readmission after discharge for acute MI
肥満に対する胃バイパス造成術(Bariatric surgery)は,肥満患者の2型糖尿病に対して,2年間における管理での費用対効果が優れていた.
Bariatric surgery was cost-effective at 2 years for management of type 2 diabetes in obese patients
肥満に対する胃バイパス造成術(Bariatric surgery)は,肥満患者の2型糖尿病に対して,生涯にわたる管理で既存の治療に対して優位であった.
Bariatric surgery was dominant over conventional therapy for lifetime management of type 2 diabetes in obese patients
用語解説
Glossary
(翻訳:上野義之)

Annals Home Page

▲このページのTOPへ