Journals

(更新日 2010年6月28日)
Annals

Established in 1927 by the American College of Physicians
目次(TABLE OF CONTENTS)
15 June 2010 Volume 152 Issue 12
(監修:白山武司,総合監修:吉田直之)
英文のTable of Contentsはこちらをクリックしてください.

原著(Articles)
肺移植後のサイトメガロウイルス疾患予防のための長期バルガンシクロビル投与:無作為化比較試験
Extended Valganciclovir Prophylaxis to Prevent Cytomegalovirus After Lung Transplantation: A Randomized, Controlled Trial
Scott M. Palmer, Ajit P. Limaye, Missy Banks, Dianne Gallup, Jeffrey Chapman, E. Clinton Lawrence, Jordan Dunitz, Aaron Milstone, John Reynolds, Gordon L. Yung, Kevin M. Chan, Robert Aris, Edward Garrity, Vincent Valentine, Jonathan McCall, Shein-Chung Chow, Robert Duane Davis, and Robin Avery
抗ウイルス薬の予防投与にもかかわらず,多くの肺移植患者は移植後1年間にサイトメガロウイルス感染症に罹患する.この無作為化試験では136人のすでに3か月のバルガンシクロビル(バリキサ®の予防投与を受けている肺移植患者に対して,さらに9か月の予防投与またはプラセボを投与した.予防投与期間の延長は副作用の増加や薬剤耐性を誘導すること無く,サイトメガロウイルス感染症を64%から10%に低下させた.これらの知見は現状での1から3か月の抗ウイルス予防療法を12か月に延長すべきことを示している.
(翻訳:吉澤弘久)
血糖値に依存しない,ヘモグロビンA1c値の黒人―白人間の違い:2つの研究の横断的解析
Glucose-Independent, Black-White Differences in Hemoglobin A1c Levels: A Cross-sectional Analysis of 2 Studies
David C. Ziemer, Paul Kolm, William S. Weintraub, Viola Vaccarino, Mary K. Rhee, Jennifer G. Twombly, K.M. Venkat Narayan, David D. Koch, and Lawrence S. Phillips
黒人糖尿病者は白人糖尿病者よりもヘモグロビンA1c(HbA1c)値が高くなる傾向にある.これは糖尿病管理における違いによるとされる一方で,同様の血糖値であっても違いが生じることが示唆されている.血糖値とHbA1c値に関連した他の特性を一致させた3,500名の非糖尿病者の観察研究から,HbA1c値は黒人のほうが白人よりも高いことがわかった.これらの知見は,2分するようなHbA1c値を用いて,糖尿病を単一の基準で診断することの潜在的な限界を示唆している.
(翻訳:勝田秀紀)
自動化されたインターネットとボイスメールシステムを結果通知に用いるHIV核酸検査プログラムの評価
Evaluation of an HIV Nucleic Acid Testing Program With Automated Internet and Voicemail Systems to Deliver Results
Sheldon R. Morris, Susan J. Little, Terry Cunningham, Richard S. Garfein, Douglas D. Richman, and Davey M. Smith
核酸検査(NAT)は抗体検査よりも早期にHIV感染を検出できる.NATおよびNAT陰性の結果を自動的に回答するHIV検査プログラムにおいて,追跡できた症例のうち4分の1近くの人がNAT検査のみで陽性の結果を指摘され,3分の2以上のNAT陰性の人はその結果をインターネットやボイスメールで入手している.地域社会プログラムにおけるHIV抗体検査にNATを追加することは有意に症例を検出でき,陰性結果の自動的な報告は対面での報告に代わる許容できる方法であろう.
(翻訳:加藤哲朗)
医学と臨床(Academia and Clinic)
医学教育の社会的ミッション:医学部のランキング
The Social Mission of Medical Education: Ranking the Schools
Fitzhugh Mullan, Candice Chen, Stephen Petterson, Gretchen Kolsky, and Michael Spagnola
従来の医学部のランキングは,大学がいかに医師の労働力に貢献したかということよりも,研究財源としての部分を重視してきた.多くの人々は医学部には社会的な責任があると考えており,プライマリ・ケアにあたる臨床医や,医療の不足した地域で診療する医師,多様な人々を代表する医師を世に送りだしているかといったことを考慮して,あまねく人々へのケアを担う臨床医を育成する社会的ミッションがあると考えている.この研究はこの分野での医学部の業績をあらわす社会的ミッションスコアを計算する方法を提案している.
(翻訳:土屋直隆)

最新情報(Updates)
心臓病学の最新情報
Update in Cardiology
Javier Sanz and Valentín Fuster
今号の心臓病アップデートでは,2009年に発表された9つの論文を掲載した.トピックスはリスク層別化,スタチン治療,安定冠動脈疾患,急性冠症候群,抗血栓療法,糖尿病とアテローム血栓症,不整脈と抗血栓症薬,心不全である.
(翻訳:土屋直隆)

展望(Perspectives)
ハイチ大地震の障害の遺産
Disability Legacy of the Haitian Earthquake
Lisa I. Iezzoni and Laurence J. Ronan
ハイチの大地震は,幼児や子供から高齢者まで幅広い年齢層の人々に新しい障害をもたらした.四肢切断,脊髄や脳損傷,複雑多発骨折,その他の重度外傷は残存障害を残し,個人と社会の両方のレベルでの緊急のニーズを生じるであろう.この記事は重度外傷によって惹起された新しい身体障害と,資源の乏しい国のその後に関する問題点を提起する.
(翻訳:土屋直隆)

NIHカンファレンス(NIH Conferences)
National Institutes of Health(NIH)コンセンサス形成カンファランス:乳糖不耐症と健康
National Institutes of Health Consensus Development Conference: Lactose Intolerance and Health
Frederick J. Suchy, Patsy M. Brannon, Thomas O. Carpenter, Jose R. Fernandez, Vicente Gilsanz, Jeffrey B. Gould, Karen Hall, Siu L. Hui, Joanne Lupton, Julie Mennella, Natalie J. Miller, Stavroula Kalis Osganian, Deborah E. Sellmeyer, and Marshall A. Wolf
乳糖不耐に寄与する欠失がどの程度公衆衛生に影響をするかについてはまだ確立されていない.この問題をより詳細に検討するために,Eunice Kennedy Shriver National Institute of Child Health and Human DevelopmentとNIH(訳注:国立衛生研究所)の研究の医学応用事務局は,コンセンサス形成会議を招集した.このコンセンサス声明の中で,専門委員は乳糖不耐症の診断と管理についての疑問に答えている.
(翻訳:上野義之)
系統的レビュー:乳糖不耐症に対する効果的管理戦略
Systematic Review: Effective Management Strategies for Lactose Intolerance
Aasma Shaukat, Michael D. Levitt, Brent C. Taylor, Roderick MacDonald, Tatyana A. Shamliyan, Robert L. Kane, and Timothy J. Wilt
この系統的レビューは,乳糖不耐症に対するNIHのコンセンサス声明の背景を与えるものである.このレビューは,乳糖不耐症の患者の症状を減らすための食餌,行動,そして薬学的な介入など様々な36の臨床試験からのエビデンスを含んでいる.この中には,乳糖不耐症の多くの成人では12〜15グラムの乳糖(およそコップ1杯の牛乳)は耐容できるという中等度のエビデンスも含まれている.一方,乳糖を減量した溶液,乳糖を0〜2グラム含むミルク,プロバイオティクス,大腸の順応,その他の作用物質が,乳糖不耐症の症状を軽減するということを支持するエビデンスを欠いていた.
(翻訳:上野義之)
論評(Editorials)
ヘモグロビンA1C:新人に古い考え方を教えること
Hemoglobin A1c: Teaching a New Dog Old Tricks
William H. Herman and Robert M. Cohen
この号では,Ziemerと同僚らは,どのような平均血糖値においても,黒人は,白人に比較してより高いHbA1Cを有する傾向があることを確認する.この論評は,観察された人種差の由来と結果を探求する研究を行うよう奨励し,平均血糖の指標として使われているHbA1Cに内在する検査としての限界を注意喚起し,臨床研究において,多様な人種や民族の人々を含んでいることの重要性を強調している.
(翻訳:川口鎮司)


医学校の多くの使命
The Many Missions of Medical Schools
Lawrence G. Smith and Veronica M. Catanese
この号では,Mullanと同僚らは,医学校を評価し格付けするために,新たな社会的使命の達成度評価法を提案する.提示されたデータは,多くの医学校は,それぞれの個別得点を決定する3つの構成得点と同様に,それらの学校がもつ社会的ミッションスコアにおいて,お互いに他の医学校とは大きく異なっていることを示す.提案された社会的ミッションスコアは,さらなる対話と行動の出発点である.
(翻訳:川口鎮司)


患者さんへのまとめ(Summaries for Patients)
黒人と白人の間でのヘモグロビンA1c値の差は,血糖値によらない
Hemoglobin A1c Levels Differ in Black and White Persons Independent of Glucose Level
(翻訳:池田正行)
自動化されたインターネットとボイスメールシステムを含むHIV核酸テストプログラム
HIV Nucleic Acid Testing Program With Automated Internet and Voicemail Systems
(翻訳:岩永正子)
ACP Journal Club
免疫化学的な便潜血試験(FOBT)は,大腸癌のスクリーニングに関して,グアヤック法のFOBTと比較して,受診者も多く検出率も高かった.
Immunochemical FOBT had higher participation and detection rates than guaiac-based FOBT for colorectal cancer screening
レビュー:迅速対応チームは病院患者の死亡率を減少させない.
Review: Rapid-response teams do not reduce mortality in hospital patients
レビュー:運動療法は慢性疾患患者の不安を減少させる.
Review: Exercise interventions reduce anxiety in patients with chronic illness
肺炎球菌ワクチンは肺炎球菌性肺炎とそれによる死亡を減少させた.
Pneumococcal vaccine reduced pneumococcal pneumonia and associated mortality
ロスバスタチン(クレストール®はCRPの上昇した健康な高齢者において虚血性脳卒中を予防した.
Rosuvastatin prevented ischemic stroke in healthy older adults with elevated C-reactive protein
レビュー:スタチン使用は糖尿病のリスクを上昇させる.
Review: Statin use increases risk for diabetes
バルーンによる血管形成術のみよりもステントグラフトの方が,機能不全をおこした透析アクセス用グラフトの狭窄を修正するためにより有効である.
Stent grafts were more effective than balloon angioplasty alone for revision of stenosis in failing dialysis-access grafts
バルサルタン(ディオバン®は耐糖能異常があり心血管リスク因子のある患者の糖尿病は減少させたが,心血管イベントの抑制はしなかった.
Valsartan reduced diabetes but not CV events in patients with impaired glucose tolerance and CV risk factors
ナテグリニド(スターシス®,ファスティック®は耐糖能異常があり心血管リスク因子のある患者の糖尿病も心血管イベントも減少させなかった.
Nateglinide did not reduce diabetes or CV events in patients with impaired glucose tolerance and CV risk factors
アスピリンは足関節/上腕血圧比(ABI)の低い成人において,血管イベントも死亡も予防しなかった.
Aspirin did not prevent vascular events or mortality in adults with a low ankle-brachial index
予防的血小板輸血の量は,出血の頻度にも重症度にも影響しなかった.
Dose of prophylactic platelet transfusions did not affect bleeding incidence or severity
乳癌のためタモキシフェン(ノルバデックス®治療をしている間のパロキセチン(パキシル®の使用は,乳癌死亡および全原因による死亡率を上昇させた.
Use of paroxetine during tamoxifen therapy for breast cancer was associated with increased breast-cancer and all-cause mortality
用語解説
Glossary
(翻訳:林 正樹)

Annals Home Page

▲このページのTOPへ