Journals

(更新日 2010年2月1日)
Annals

Established in 1927 by the American College of Physicians
目次(TABLE OF CONTENTS)
19 January 2010 Volume 152 Issue 2
(監修:菅野義彦,総合監修:川村光信)
英文のTable of Contentsはこちらをクリックしてください.

原著(Articles)
冠動脈疾患一次予防における最適なスタチン療法
Optimizing Statin Treatment for Primary Prevention of Coronary Artery Disease
Rodney A. Hayward, Harlan M. Krumholz, Donna M. Zulman, Justin W. Timbie, and Sandeep Vijan
Haywardと同僚らは,住民母集団をベースとしたシミュレーションにおいて,一人の患者が5年間において,冠動脈疾患に罹患する危険性を基に定められたスタチン投与量による治療(患者一人一人にあつらえたテーラーメイド治療)と,脂質目標値に達するようスタチンを増量する手法(数値目標を定めた治療)とを比較検討した.スタチンのテーラーメイド治療戦略は,生活の質を調整した生存年(QALYs)をより改善し,高用量のスタチン療法を必要とする患者数をより少なくした.スタチン療法を,患者個人の冠動脈疾患罹患のリスクそして潜在的な真の利益と結び付けることは,脂質の目標値到達のみに固執する治療よりも,優れた結果が得られる可能性がある.
(翻訳:市堰 肇)
降圧薬内服中の患者が付随して心房細動を発症するリスク:コホート内症例対照研究
Risk for Incident Atrial Fibrillation in Patients Who Receive Antihypertensive Drugs: A Nested Case-Control Study
Beat A. Schaer, Cornelia Schneider, Susan S. Jick, David Conen, Stefan Osswald, and Christoph R. Meier
異なったクラスの降圧薬投与は心房細動の発症リスクを変えるかもしれない.Schaerと同僚らは,新しく心房細動を発症した高血圧患者を登録して,高血圧患者対照群とマッチングを行った.心房細動の発症は,カルシウム拮抗薬だけを内服している人と比べて,アンジオテンシン変換酵素阻害薬のみ,またはアンジオテンシンII受容体ブロッカーのみ,あるいはβブロッカーのみを内服している人で,より少なかった.血圧を下げる以外のメカニズムが,高血圧患者において心房細動発症を防ぐのに役立つかもしれない.
(翻訳:小野広一)
慢性疼痛に対するオピオイド処方と過量投与:コホート研究
Opioid Prescriptions for Chronic Pain and Overdose: A Cohort Study
Kate M. Dunn, Kathleen W. Saunders, Carolyn M. Rutter, Caleb J. Banta-Green, Joseph O. Merrill, Mark D. Sullivan, Constance M. Weisner, Michael J. Silverberg, Cynthia I. Campbell, Bruce M. Psaty, and Michael Von Korff
地域医療において非癌性慢性疼痛に対する長期にわたるオピオイド療法が普及するにつれ,致死的なオピオイド過量投与の発生率が増加してきた.Dunnと共同研究者らは,慢性非癌性疼痛に対して長期にわたりオピオイド投与を受けている成人9,940人のうち51人に1回以上の過量投与を見出した.6件は致死的であった.推計される年間過量投与発率は,20mg/日以下,50mg/日から99mg/日,100mg/日以上の投与を受けている患者で各0.2%,0.7%及び1.8%であった.
(翻訳:菊地基雄)
レビュー(Reviews)
ナラティブ・レビュー:ヒト生理学におけるレプチンの役割:新しい臨床応用
Narrative Review: The Role of Leptin in Human Physiology: Emerging Clinical Applications
Theodore Kelesidis, Iosif Kelesidis, Sharon Chou, and Christos S. Mantzoros
レプチンはエネルギー恒常性,神経内分泌機能および代謝の制御を補助する,脂肪組織より分泌されるホルモンである.最近の研究によると,レプチンはエネルギー過剰よりもエネルギー不足を知らせる作用が報告されている.このレビューでKelesidisと同僚らによるレプチンの生物学,生理学,いくつかの疾患における病態生理学的役割および,最近の遺伝子組み換えヒトレプチンの治療的応用が報告されている.
(翻訳:植田秀樹)
展望(Perspectives)
メディケアによる再入院は,ヘルスケア制度の不均衡を増悪させるだろうか?
Could Medicare Readmission Policy Exacerbate Health Care System Inequity?
Rohit Bhalla andGary Kalkut
最近,Centers for Medicare and Medicaid Services(訳注:米国CMS)は,病院に再入院する費用に関する,医療制度改革の議論で,再入院を減らす提案が重要であると公的に報告した.Bhallaと Kalkutらは,現行の方法によっては,ヘルスケアの利用と結果に影響する社会人口学的な患者や地域の因子の効果を適切に説明できないと意見を述べている.彼らの問いは「メディケアで再入院すると,ヘルスケア制度の不均衡を増悪させるのではないか?」ということである.
(翻訳:板東 浩)
医療と公衆衛生の話題(Medicine and Public Issues)
地域保健センターでのプライマリ・ケアの教育:医療が行き届いていない人々に対する労働力の危機を言及する
Teaching Primary Care in Community Health Centers: Addressing the Workforce Crisis for the Underserved
Richard E. Rieselbach, Byron J. Crouse, and John G. Frohna
地域保健センターは特にプライマリ・ケアの労働力の危機にさらされやすい.Rieselbachと同僚らはプライマリ・ケア卒後医学教育と地域保健センターにおける医療が行き届いていない人々に対するケアとをつなぐだろう保健センターでの教育を確立することを提案する.彼らの提案は医療が行き届いていない人々に対する医療のアクセス制限,プライマリ・ケア卒後医学教育の最適でない質といった2つの付随する相互に関連性のある障害に言及している.
(翻訳:こう康博)
診療ガイドライン(Clinical Guidelines)
非静脈瘤性上部消化管出血管理指針に関する国際的合意勧告について
International Consensus Recommendations on the Management of Patients With Nonvariceal Upper Gastrointestinal Bleeding
Alan N. Barkun, Marc Bardou, Ernst J. Kuipers, Joseph Sung, Richard H. Hunt, Myriam Martel, Paul Sinclair, and for the International Consensus Upper Gastrointestinal Bleeding Conference Group
15か国,34名の学際的な専門家集団が,2003年に発表された非静脈瘤性上部消化管出血管理指針に関してのエビデンスに基づいた改訂を作成した.本稿では新たな指針に関して,議論している.
(翻訳:今村隆明)
論評(Editorials)
非癌性慢性疼痛管理とオピオイドの過量投与:処方動向を変える時
Chronic Noncancer Pain Management and Opioid Overdose: Time to Change Prescribing Practices
A. Thomas McLellan and Barbara J. Turner
この号では,Dunnと同僚らは過量のオピオイド処方と死亡を減らすことでの医師の潜在的役割について述べている.彼らの報告はオピオイド誤用のリスクの評価,患者への綿密な指導の提供,処方量の熟考そしてこれら潜在的リスクのある薬剤で得られる恩恵の継続的な再評価の必要性を強調している.
(翻訳:吉澤弘久)

ICMJEジャーナルの利害関係開示のための統一フォーマット
Uniform Format for Disclosure of Competing Interests in ICMJE Journals
Jeffrey M. Drazen, Martin B. Van Der Weyden, Peush Sahni, Jacob Rosenberg, Ana Marusic, Christine Laine, Sheldon Kotzin, Richard Horton, Paul C. Hébert,Charlotte Haug, Fiona Godlee, Frank A. Frizelle, Peter W. de Leeuw, and Catherine D. DeAngelis
生物医学誌で発表される論文の著者の財政関連の開示は日常となっている.この論評は2009年10月のInternational Committee of Medical Journal Editors(ICMJE;訳注-国際医学雑誌編集者委員会)ジャーナルのウエブサイトに同時に発表され,全てのICMJEメンバージャーナルに採用された新しい開示書式を紹介している.新しい書式は開示の過程を統一的かつ,容易とし,メンバージャーナルにおける開示情報の再フォーマットをする必要を無くした.
(翻訳:吉澤弘久)

患者さんへのまとめ(Summaries for Patients)
心房細動の発症に対する降圧薬の効果
Effect of Antihypertensive Drugs on Risk for Atrial Fibrillation
(翻訳:山本 卓)
医療用オピオイドと過量投与
Overdose and Prescribed Opioids
(翻訳:山前正臣)
静脈瘤を除く上部消化管出血の管理
Management of Nonvariceal Upper Gastrointestinal Bleeding
(翻訳:沖 将行)
ACP Journal Club
The Best New Evidence for Patient Care
患者ケアのための最良の新しいエビデンス
心房細動におけるワーファリン投与に比して,高用量のdabigatranは脳血管障害を減少させたが,脳出血を減少させなかった.
Higher-dose dabigatran reduced stroke, but not major hemorrhage, more than warfarin in atrial fibrillation
レビュー:経口的高用量ビタミンDサプリメントと活性型ビタミンDは,高齢者で転倒を予防する.
Review: High-dose oral vitamin D supplements and active vitamin D prevent falls in older persons
レビュー:第一選択の低用量サイアザイドとACE阻害薬を臨床の場で投与すると,高血圧を有する成人の死亡率と有病率を減少させる.
Review: First-line low-dose thiazides and ACE inhibitors reduce mortality and morbidity in adults with hypertension
糖尿病の肥満患者では,患者指導や教育よりも生活習慣への介入が,閉塞性無呼吸をより減少させた.
A lifestyle intervention improved obstructive sleep apnea more than support and education in obese patients with diabetes
軽度の妊娠糖尿病の治療は,新生児の合併症を予防しなかったが,胎児の発育過多を減少させた.
Treatment of mild gestational diabetes did not prevent neonatal complications but reduced fetal overgrowth
心臓以外の血管手術の前後にfluvastatinを投与すると,心臓イベントが減少した.
Perioperative fluvastatin reduced cardiac events after noncardiac vascular surgery
2009年のMF59-adjuvanted influenza A(H1N1)ワクチンの7.5-μg量を1〜2回接種すると,健康成人は21日以内に免疫を獲得できた.
One or two 7.5-μg doses of MF59-adjuvanted influenza A (H1N1) 2009 vaccine was immunogenic in adults within 21 days
unadjuvantの2009年influenza A(H1N1)ワクチン15-μg量によって,健康成人は21日以内に免疫を獲得できた.
A 15-μg dose of unadjuvanted influenza A (H1N1) 2009 vaccine was immunogenic in healthy adults within 21 days
Clinically isolated syndrome(CIS)の患者で,Glatiramer acetateは,多発性硬化症への移行を遅らせた.
Glatiramer acetate delayed conversion to multiple sclerosis in patients with clinically isolated syndrome
過敏性腸症候群患者で,ふすま(ぬか,bran)やプラセボと比べ,オオバコ(Psyllium)は症状をより軽快させた.
Psyllium increased symptom relief in patients with the irritable bowel syndrome more than bran or placebo
本来のBODE indexと比較して,最新のBODE indexと簡素化したADO indexは,慢性閉塞性肺疾患(COPD)における3年後死亡率をよりよく予想した.
An updated BODE index and a simplified ADO index predicted 3-year mortality in COPD better than the original BODE index
臨床的評価とNT-proBNP値を合わせると,呼吸困難を有するED患者の心不全をより正確に予見できた.
A model combining clinical assessment and NT-proBNP level accurately predicted heart failure in ED patients with dyspnea
用語解説
Glossary
(翻訳:板東 浩)

Annals Home Page

▲このページのTOPへ