Journals

原著(Original Research)
自己間葉系幹細胞は全身性硬化症の虚血肢の血行再建を促す:症例報告
Autologous Mesenchymal Stem Cells Foster Revascularization of Ischemic Limbs in Systemic Sclerosis: A Case Report
Serena Guiducci, MD; Francesco Porta, MD; Riccardo Saccardi, MD; Stefano Guidi, MD; Lidia Ibba-Manneschi, MD; Mirko Manetti, PhD; Benedetta Mazzanti, BSc; Simone Dal Pozzo, BSc; Anna Franca Milia, PhD; Silvia Bellando-Randone, MD; Irene Miniati, MD; Ginevra Fiori, MD; Rossana Fontana, MD; Laura Amanzi, HP; Francesca Braschi, HP; Alberto Bosi, MD; and Marco Matucci-Cerinic, MD, PhD
16 November 2010 | Volume 153 Issue 10 | Pages 650-654
背景: 間葉系幹細胞は内皮細胞へ分化可能であり,成人において血管形成に関与する.急性心筋梗塞の実験モデルにおいて,間葉系幹細胞は,新しい血管網の構築を介して心機能の回復を導いた.

目的: 全身性硬化症による重篤な四肢の虚血を呈する1名の患者において,増幅した自己間葉系幹細胞を静脈内注射による治療を報告すること.

研究デザイン: 症例報告.

セッティング: イタリア,フローレンス,University of Florence,リウマチ科.

患者: 急性の上下肢壊疽をきたした全身性硬化症の34歳女性.

介入: 増幅した間葉系幹細胞の静脈内パルス投与3回.

測定: 血管造影,皮膚組織病理検査,免疫組織化学検査

結果: 皮膚壊死の範囲は,1回目の間葉系幹細胞注入後に減少した.3回目の注入後,血管造影により患者の四肢に血管再生がみられた.皮膚切片の分析では,管腔構造をもつ細胞群がみられ,血管新生因子が強く発現していた.

研究の限界: 因果関係は単独症例のため実証できない.

結論: 重症な末梢の虚血を有する全身性硬化症の患者では,増幅した間葉系幹細胞の静脈内注射は血管網の回復を促進し,血流を回復させ,皮膚壊死を減少させるかもしれない.

主たる資金提供源: Fondazione Cassa di Risparmio di Pistoia e Pescia(資金の一部)

(翻訳:吉田 博)

English Abstract

▲このページのTOPへ