Journals

研究と報告の方法(Research and Reporting Methods)
倫理的レビューの簡素化
Streamlining Ethical Review
Joseph Millum, PhD; and Jerry Menikoff, MD, JD
16 November 2010 | Volume 153 Issue 10 | Pages 655-657
 米国におけるヒト対象の研究に関するレビューの要件は,対象被験者の保護を行うことなく,研究の遅れを招いたとして近年広く非難されている.どのような大きな規定を再整理しようとしても時間がかかるであろう.しかしながら近年の規定は,研究参加者を危険にさらすのではなく,むしろ擁護するような簡素化された倫理的レビューがしばしば認められるようになっている.筆者らは,ヒト対象の研究として分類される必要のない研究,倫理的レビューの必要のない研究の範疇,単一の治験審査委員会(IRB)メンバーによる迅速審査のみを必要とする研究,そして単一のIRBを利用することによる多施設共同研究レビューの簡素化,などの活用されていないオプションについて述べている.筆者らは,これらの機構が十分に活用されていない多くの理由を推測しており,IRBと研究者らに,レビュー過程を改善する重要な機会を活用することを強く推奨している.

(翻訳:池田賢一)

English Abstract

▲このページのTOPへ