Journals

患者さんへのまとめ(Summaries for Patients)
一般的な心臓処置に対する患者と循環器内科医の認識
Patients' and Cardiologists' Beliefs About a Common Heart Procedure
7 September 2010 | Volume 153 Issue 5 | Pages I-46
「患者さんへのまとめ」は,患者さんが近代医学の複雑でしばしば迷わすような用語をよりよく理解することを助けるためにAnnals誌によって提供されるサービスです.

「患者さんへのまとめ」は情報を提供する目的だけのために提示されています.これらの「まとめ」はあなた自身のかかりつけ医からの助言の代わりとなるものではありません.もしあなたが,この題材について疑問を持ったり,あなた自身の健康あるいは状況についての医学的助言を必要とする場合は,あなたのかかりつけ医と連絡をとってください.「まとめ」は非営利的な教育目的のためだけに転載されても構いません.他の用途への使用については,米国内科学会(ACP)によって承認されなければなりません.

何が問題であり,これまでにどのようなことが分かっていますか?
冠動脈疾患は,心臓の血管の閉塞によって心筋への血流が低下することです.血流が低下すると,狭心症と呼ばれるような胸痛あるいはより重篤な場合は心臓発作を引き起こします.冠動脈疾患に対する治療は,内服薬によるものと,バイパス術や経皮的冠動脈インターベンション(PCI)などのより侵襲を伴う治療とがあります.PCIとは,可動性のあるチューブ(カテーテル)の先に小さなバルーンあるいはトンネル(ステント)を装着し,患者さんの脚の付け根の太い血管から挿入し,心臓の位置まで上げていく処置です.ステントおよびカテーテルが閉塞した血管を通過することで,血管を開通させます.質の高い研究からの情報によると,内服薬による治療と比較してPCIは狭心症の症状を減らしますが,心臓発作の出現や,それによる死亡の可能性を減らすわけではないとしています.しかしながら,PCIは症状を減らす以上の効果があると間違って認識している患者さんや医師がいます.

この研究の目的は何ですか?
PCIの利益に対する患者さんと循環器内科医の理解について知るために行いました.

どのような人たちが試験の対象になっていますか?
他の検査で心臓の血管に閉塞を認めPCIを受けた153名の患者さんと,患者さんに対して検査を指示したり実際に検査を行った循環器内科医27名です.

どのような研究が行われましたか?
研究者らは,患者と循環器内科医が,PCIによって狭心症症状を改善するかどうか,あるいは心臓発作の出現や,それによる死亡の可能性を減らすかどうかについて調査しました.

この研究からどのような結論が出ましたか?
約3/4の患者さんがPCIは心臓発作の危険性を減らすと考えているのに対して,循環器内科医のほとんどがPCIは狭心症の症状を減らすだけであると認識していました.

この研究にはどのような限界がありますか?
この研究は単一の施設で行われており,また研究者らには患者さんがPCIを受ける前に行われた説明に関する情報を十分に受け取っていません.

この研究の意義はどのようなものでしょうか?
循環器内科医は研究による情報からPCIに対する認識を持っていますが,患者さんは研究によって示されている以上の効果があると考えています.PCIを行う前の患者さんへの説明において,内服薬単独での効果との比較で,PCIをすることの利益をよりはっきりと説明するべきです.

(翻訳:池田賢一)

English Abstract

▲このページのTOPへ