Journals

(更新日 2008年1月21日)
Annals
In the News for the Week of 1-15-08(監修:石田文宏)
文末のMore....をクリックすると英文アブストラクトへアクセスできます.
ニュースハイライト(News highlights)
1.デング熱の米国での流行の可能性;専門家が語る
 1月9/16日号の米国医師会雑誌の中の論説によると,デング熱が重症化と温帯地域での拡散を続けるならば,米国でも流行する可能性がある.More....
(翻訳:小池竜司)

2.米国政府レポート:医師の経営する病院は救急医療が不足している
 米国保健社会福祉省の監査総監局によって先週発表された報告によると,医師の経営する専門病院は十分な救急医療を提供していない.More....
(翻訳:こう康博)

3.BRCA変異保因者の乳癌発症のリスクは考えられていたより低率かもしれない
 新しい研究の結果によるとBRCA1やBRCA2遺伝子変異を持つ女性の乳癌発症リスクは,以前に考えられていたよりも低率かもしれない.More....
(翻訳:金澤雅人)

病院医学(Hospital medicine)
4.敗血症の治療に焦点を当てた新しい研究
 1月10日号のNew England Journal of Medicineに報告された二つの新しい研究によると,ハイドロコーチゾンは敗血症性ショック患者のショックからの回復も生存率上昇ももたらさず,また,強化インスリン療法は敗血症患者において低血糖発作の危険を増加させるかもしれない.More....
(翻訳:小池竜司)

5.調査によると,米国の病院は尿路感染症の予防努力を怠っている
 新しい調査によると,米国の病院は尿路感染症に対する十分な予防を行っていないかもしれない.ミシガン州の研究者らは,無作為に抽出した2,790病院について,尿路感染症を予防するためにどのような方法が取られているかを調査した.More....
(翻訳:小池竜司)

臨床ニュース(Clinical news)
6.Annalsより:学会作成の終末期医療ガイドライン
 1月15日号のAnnals of Internal Medicineでは,男性の市中MRSA感染症の研究,鎌状赤血球症に伴う疼痛の研究とともに,緩和医療に関するACPによる新しいガイドラインを掲載している. More.... (翻訳:小池竜司)

健康管理の格差(Health care disparities)
7.癌治療における人種間格差には変化がみられない
 メディケアの給付を受けた患者を新たに解析した著者らによると,癌治療における人種間格差を減らす最近の試みは成功していない.More....
(翻訳:こう康博)

8.地方に住む患者の方が臓器移植を受けていない
 新しい研究によると,地方に住む米国人の方が臓器移植を受ける例が少なく,心,肝,腎移植の待機者リストにも載りにくい.More....
(翻訳:こう康博)

FDAニュース(FDA news)
9.1つの検体から12種類の呼吸器系のウイルスを検出する初めての検査が認可された
 米国食品医薬品局は1つの検体から12種類の異なる呼吸器系のウイルスを検出,同定する迅速検査の市販を認可した.More....
(翻訳:こう康博)

10.ビスフォスフォネート療法は骨,関節,筋の激しい疼痛を伴うかもしれない
 ビスフォスフォネート製剤は,“強い,時には耐え難い”骨,関節,筋骨格系の疼痛を誘導することもあると,米国食品医薬品局は警告を発した.More....
(翻訳:金澤雅人)

11.米国食品医薬品局はタダラフィル内服薬を承認した
 米国食品医薬品局は先週,勃起不全治療薬のタダラフィル(シアリス)内服錠1日用量2.5もしくは5mgを承認した.More....
(翻訳:金澤雅人)

メディケアニュース(Medicare news)
12.メディケア・メディケイド・サービスセンターは,2008年のメディケア診療報酬体系を発表した
 最新の2008年のメディケア医師診療報酬体系はCMSのウェブサイトで確認できるようになっている.More....
(翻訳:金澤雅人)

学会ニュース(College news)
13.“芸術家としての内科医”プログラム参加申し込み期限
 2008年ACP年次総会における“芸術家としての内科医”プログラム参加を受け付けている.全ての申込書は,3月14日までの提出が必要である.More....
(翻訳:金澤雅人)

14.新規学会賞受賞者
 ACP各支部は,模範を示し,永続かつ卓越した貢献をはたしてきた会員,フェロー,マスターを表彰した.More....
(翻訳:金澤雅人)

 

1-22-08号は休刊です.

▲このページのTOPへ