Journals

(更新日 2008年2月4日)
ACP INTERNIST
In the News for the Week of 1-29-08(監修:伊熊睦博)
文末のMore....をクリックすると英文アブストラクトへアクセスできます.
ニュースハイライト(News highlights)
1.新たな内科医の認定制度の提案に対し,ACPは懸念を表明
 米国内科専門医認定機構(ABIM)による新たな提案,診療所の一般内科医に対する包括的内科診療(CCIM)について資格認定を賦与するというもの,に対してACPは強い懸念を表明した,理由として,これはむしろ内科医に対する負担となり,プライマリケアへの医学生の興味を損なうかもしれないとしている.More....
(翻訳:植田秀樹)

2.米国成人においてワクチンに対する認識は低い
 CDCが先週示したデータによると,米国成人においてはワクチンが様々な感染症から自身を守ることができるという認識が低い.またCDCは,2006-07のインフルエンザの季節に,ウイルス抵抗性のため現在は推奨されていない抗ウイルス薬を処方し続けていた内科医がいることを報告している.More....
(翻訳:櫻井政寿)

3.新しいデータが薬剤溶出ステントの使用に光をあてた
 New England Journal of Medicineに先週発表された二つの観察研究により,冠動脈疾患の治療のための薬剤溶出ステントの使用に新しい光が当てられた.More....
(翻訳:山内高弘)

臨床ニュース(Clinical news)
4.ACP Journal Club:非空腹時の中性脂肪高値はリスク増加に関連する
 非空腹時の中性脂肪の上昇は,死亡,心筋梗塞や虚血性心疾患の増加と関連することが研究で報告された.More....
(翻訳:植田秀樹)

5.臨床試験で判明した大差のない心臓作用薬
 米国循環器学会は,動脈硬化の進行予防において,エゼチミブとシンバスタチン(一般名:リポバス)の併用はシンバスタチン単独投与と有意差がない,という最近の臨床試験の結果だけに基づいて,臨床判断することはできないと助言している.More....
(翻訳:櫻井政寿)

6.胃バンディング術は糖尿病を寛解に導くことができることを,研究結果は見出した
 胃バンディング術と伝統的な治療法の2つの治療法を比較するための初の無作為化試験によると,胃バンディング術は伝統的な治療法よりも有意に多くのタイプ2型糖尿病を寛解に導く.More....
(翻訳:山内高弘)

FDAニュース(FDA news)
7.ヘパリン及び生食水の薬剤充填済みフラッシュ用注射器に 汚染の怖れがあり,リコール(製品回収)となった
 FDAは,ヘパリン及び生食水の薬剤充填済みフラッシュ用注射器が,汚染の可能性があることから,リコール(製品回収)を行うという警告を発表した.More....
(翻訳:植田秀樹)

8.静脈血栓塞栓症リスクの研究を反映した避妊パッチのラベル改訂
 FDAは,15〜44歳のオーソ・エブラ避妊パッチ使用者は,経口避妊薬服用者と比較し,静脈血栓塞栓症のリスクが高いとする新たな研究を反映させ,ラベル表示を改訂した.More....
(翻訳:櫻井政寿)

9.呼吸器感染ウイルスの即時的な検査法が販売許可に
 米国食品医薬品局は,4つの代表的な呼吸器感染ウイルスを短時間のうちに同時に検出できる検査法に販売許可を出した.More....
(翻訳:山内高弘)

薬剤ニュース(Pharmaceutical news)
10.チャンティクスのラベルは医師に患者の神経精神症状をモニタリングするように警告する
 チャンティクス(一般名:バレニクリン)の製造元であるファイザー社は,先週,禁煙薬剤のラベルを,患者の神経精神症状のモニタリングを医師に促す警告を含むものに変更した.More....
(翻訳:植田秀樹)

11.徐放性プレドニゾンは朝方の関節腫脹をより軽減する
 新しい溶出調整型プレドニゾン錠は即放性プレドニゾンに比べ,関節リウマチの患者において,朝方の関節腫脹を軽減することがわかった.More....
(翻訳:櫻井政寿)

ACP出版ニュース(ACP publishing news)
12.今週新しいウェブサイトが登場
 米国内科学会は,臨床上のトピックス,臨床のマネージメントツール,そして生涯教育に関する情報を一般内科医と内科系各専門医がたやすくアクセスできるような,また他の有用な情報を提供する,ウェブサイトを再発信させた.More....
(翻訳:山内高弘)

13.ひとコママンガの表題コンテスト:勝者は・・・
 ACP InternistWeekly は最近のひとコママンガのコンテストのエントリーをまとめた.このひとコママンガの見出しの最優秀作品は,テレサ・シェリダンというトウロ大学のネバダ整骨療法学部3年生が作成したものであった.More....
(翻訳:植田秀樹)

学会ニュース(College news)
14.ACPと米国医師会(AMA)の医師情報調査
 ACPとAMA,ならびに70を超える専門医師会は,複数の専門科にわたる米国医師の診療実態を包括的に調査するために,ここ10年間で初めて協力する.More....
(翻訳:櫻井政寿)

15.2008年度のACP求人紹介センターにあなたの臨床医プロフィールの登録を
 あなたの臨床医プロフィールを2008年度のACP 求人紹介センターに登録し,適正なキャリアの選択を.More....
(翻訳:山内高弘)

16.ACPはアルコールの過剰飲酒者における,生活の質の改善プロジェクトへの参加者を募集
 ACPの主催する生活の質の向上実践のためのリサーチネットワーク(ACPNet)は,“目的を高く掲げよ:アルコールの過剰飲酒に対して我々が何をすべきか vs 我々が何を知るべきか” 即ち,アルコール過剰摂取の患者への不十分なスクリーニングや検査やカウンセリングを調査するプロジェクトへの参加者を現在募集している.More....
(翻訳:植田秀樹)

17.若手医師会員に対して無料書籍を配布する
 ACP会員は,2006-2007の若手内科医のための会がまとめた「成人のための予防医学ポケットガイド」と「若手医師の診療マネジメントサバイバルハンドブック」の無料コピーを手に入れることができる.More....
(翻訳:櫻井政寿)

18.学会役員ならびに理事選挙の結果
 ACPの役員と理事の選挙が終了した.任期は2008年5月17日の2008年ACP年次総会での議決を経て有効となる.More....
(翻訳:山内高弘)

 

▲このページのTOPへ