Journals

(更新日 2008年2月25日)
ACP INTERNIST
In the News for the Week of 2-19-08(監修:市堰 肇)
文末のMore....をクリックすると英文アブストラクトへアクセスできます.
ニュースハイライト(News highlights)
1.新しい臨床試験では,糖尿病患者に対する目標血糖値をより低い値とすることと死亡率上昇に関連性が無かった
 先週発表された国際的な大規模糖尿病研究の中間報告は,最近中止された米国の大規模試験の結果を追認するものでなかった.More....
(翻訳:平和伸仁)

2.外国人医師や医師以外の専門職によるプライマリ・ケアへの利益
 プライマリ・ケア医となるアメリカ人は減っているが,外国人医師,医療助手やナース・プラクティショナーの増加により,一人あたりのプライマリ・ケア提供者は増加した.More....
(翻訳:吉井康裕)

3.Baxterが多種類のヘパリンバイアルの生産を停止する
 数人の患者で重症のアレルギー反応がみられたことで,Baxterは多種類のヘパリンバイアルの生産を一時的に停止しているが,そのことがヘパリンの流通不足の不安を増長している.More....
(翻訳:石塚尋朗)

医療費(Health care spending)
4.腰痛に対する医療費は増加したが,患者は満足していない
 米国では,腰痛や頸部痛に対する医療費が過去10年間で急速に増加し,2005年には約860億ドルすなわち総医療費の約9%を占めているが,患者の機能改善には結びつかなかったことが,新しい研究にて明らかになった.More....
(翻訳:吉井康裕)

病院医学(Hospital medicine)
5.プロバイオティクス*は,重症急性膵炎が疑われる患者に対して有害である可能性がある
 新しい研究によると,プロバイオティクスを予防的に投与する事は,重症急性膵炎の発症が予測される患者に悪影響を及ぼす可能性がある.More....
訳者注:プロバイオティクス:消化管内の細菌叢を改善し,宿主に有益な作用をもたらしうる有用な微生物と,それらの増殖促進物質(乳酸菌,ビフィズス菌など)
(翻訳:平和伸仁)

6.急性肺損傷や急性呼吸促迫症候群では,open lung ventilation*が有効であるとする報告がある
 急性肺損傷や急性呼吸促迫症候群の患者には,open lung ventilation*が有効であるかもしれないという新しい研究結果が報告されている.More....
*訳注:ここでいう"open lung"とは「吸気・呼気を通じてほとんどすべての肺胞が開いた状態にある」ことで,「開胸」という意味ではありません.この状態を保ち続けるために行う換気法が"open lung ventilation"です.
(翻訳:石塚尋朗)

心臓病ニュース(Cardiology)
7.米国の女性で高血圧患者が増えている
 新しい研究によると,1990年代より米国の女性で,コントロール不良の高血圧患者が増加している.一方,男性のコントロール不良の高血圧患者の比率は継続して低下しているが,以前よりもその低下率は減少してきているMore....
(翻訳:平和伸仁)

8.剖検によると冠動脈疾患が増加している
 最近の剖検データの分析により,冠動脈疾患の発生率は下げ止まっており,むしろ増加しているかもしれないことが明らかになった.More....
(翻訳:吉井康裕)

薬剤最新情報(Drug updates)
9.フェンタニル鎮痛パッチがリコールされた
 フェンタニル含有鎮痛パッチ(商標名 Duragesic)は,包装の欠陥により先週リコールされた.この欠陥により,患者あるいは介護者が,有効成分であるオピオイドゲルに直接接触する危険性がある.More....
(翻訳:平和伸仁)

Annals of Internal Medicine
10.オーディオ サマリー:造影剤腎症の予防
 今週のAnnalsのオーディオサマリーでは,Aine Kelly博士が造影剤腎症の予防薬に関するメタ解析について解説している.そして,Faith Fitzgerald, MACPにより彼女のエッセイ「めんどうくさいな」が朗読されている.More....
(翻訳:平和伸仁)

11.筋肉と膀胱の訓練は尿失禁を改善する
 女性における尿失禁の非観血的治療について検討した最近の系統的レビューは,骨盤底筋群の訓練に膀胱訓練を加えることで尿失禁が改善することを示している.More....
(翻訳:吉井康裕)

12.偽薬と比較して,グルコサミンは股関節痛の減弱に有効ではなかった
 股関節痛に対するグルコサミンの有効性と台湾での国民皆保険制度に関する検討について,今週のANNALSは報告している.More....
(翻訳:石塚尋朗)

風刺画キャプションコンテスト(Cartoon caption contest)
13.吹き出しに言葉を入れよう
 ACP internist Weeklyの風刺画キャプションコンテストが続いている.最近のコンクールでは3編の優秀作品が選ばれており,現在最優秀作品を決めるために読者に好きな説明文への投票を求めている.More....
(翻訳:石塚尋朗)

学会より(From the College)
14.理事らは医療用マリファナおよび倫理的な苦情に関する手続き更新文書を承認
 1月の会議において理事会は,医療用マリファナ治療の有用性に関して,厳密な科学的評価を行い公表するとした政策文書を承認した.また同理事会において,学会会員に対する倫理的な苦情の扱いに関する手続きの更新が承認された.More....
(翻訳:平和伸仁)

15.新リーダーシッププログラムは,オンラインでの指導教育,医学生涯教育を提供している
 指導者としてのスキルを高めることを目指しているメンバーに,非常に便利で多面的な指導力の強化と開発プログラム(LEAD)が,現在オンラインで利用可能である.More....
(翻訳:石塚尋朗)

16.雇用者グループが,医療制度改革の基本方針を支持
 米国健康ビジネスグループ(The National Business Group on Health)は,プライマリ・ケアを質の高いヘルスケアシステムの基礎として推進し,プライマリ・ケアの価値を認める政策を必要とするヘルスケアの改革のための指針を最近発表した.More....
監修者注:The National Business Group on Health:300近くの米国雇用者団体からなる非営利組織
(翻訳:吉井康裕)

 

▲このページのTOPへ