Journals

(更新日 2008年3月10日)
ACP INTERNIST
In the News for the Week of 3-4-08(監修:菅野義彦)
文末のMore....をクリックすると英文アブストラクトへアクセスできます.
ニュースハイライト(News highlights)
1.ACP(米国内科学会)とAAFP(米国家庭医学会)が痴呆の治療薬のガイドラインを発行
 米国内科学会と米国家庭医学会によって策定された痴呆の現在の薬物治療法の新しいガイドラインが3月4日発行のAnnals of Internal Medicineに掲載される.More....
(翻訳:廣井直樹)

2.インスリンを制限する女性は高い罹病率,死亡率に直面する
 新しい研究によれば,体重を減らすためにインスリンを制限するI型糖尿病の女性は有意に罹病率,および死亡率の上昇するリスクを増加させる.More....
(翻訳:佐々木徹)

3.抗うつ薬は大部分の患者においてプラセボより格段によいわけではないとの研究発表
 PLoS(peer-reviewed open-access journal) Medicine誌の2月25日号ではメタ解析の結果から,重篤でないうつ病患者の大部分では数種類の抗うつ薬の効果はプラセボ薬より格段に良いわけではない,と結論づけている.More....
(翻訳:道免和文)

薬剤開発(Drug development)
4.癌による貧血に対する薬物使用には不利な多くの根拠がある
 新たな総説ではがんに関連した貧血の治療に対するエリスロポイエチン(erythropoietin)やダルベポエチン(darbepoetin)の使用に伴うリスクについての見解を確認した.More....
(翻訳:廣井直樹)

5.ベバシツマブは転移性乳がん治療に認可された
 最近,諮問委員会が反対の意見を表明したにもかかわらず,米国食品医薬品局(FDA)はベバシツマブ(アバスチン)が転移性乳がんの治療に使用可能であると発表したと,いくつかの新しいニュースが伝えた.More....
(翻訳:佐々木徹)

6.Tysabriは投与開始6日以内に肝障害を来す可能性がある
 米国食品医薬品局(FDA)と製造会社は,多発性硬化症とクローン病の治療薬として承認されたインテグリン受容体拮抗薬であるnatalizumab(商品名:Tysabri)は,投与開始6日目という早期に潜在的に重篤な肝障害の徴候である著明な肝酵素の上昇と総ビリルビンの上昇が出現する可能性がある,という警告を発した.More....
(翻訳:道免和文)

思春期の医療(Adolescent medicine)
7.新たなインフルエンザワクチンの推奨は対象年齢を拡大する
 6か月から18歳までのすべての子供はインフルエンザに対するワクチン接種をすべきであると,先週アメリカ疾病予防管理センターは発表した.More....
(翻訳:廣井直樹)

8.10代のうつ病患者は薬剤の変更,およびそれに加えた治療に反応する可能性がある
 最初の抗うつ薬に反応しない思春期の男女は,他の薬剤に変更するか,または他の薬剤に変更した上で認識行動科学療法を付け加えれば改善する可能性があることを,新しい研究は見出した.More....
(翻訳:佐々木徹)

疾患の趨勢 (Disease trends)
9.多剤耐性結核が全世界で増加しているとWHOが報告
 全世界で年間約50万人の結核患者が新たに報告されているが,それ以上の勢いで多剤耐性結核が拡がっている.WHOの報告によると1年間に新たに登録される結核患者900万人のうち約5%を多剤耐性結核が占める.More....
(翻訳:道免和文)

CMS 最新情報(CMS update)
10.改ざん予防処方箋導入期限が迫る
 メディケア・メディケイド・サービスセンター(CMS)では4月1日以降,処方が容易に改ざんできないように作られたメディケイド受益者に対する処方箋が必要となる.More....
(翻訳:廣井直樹)

Annals of Internal Medicine
11.Annalsオーデイオサマリー:結核の新しい検査
 今週のAnnalsオーデイオサマリーで,McGill大学のDick Menzies MDは結核の診断のためのインターフェロン-γリリースアッセイの役割について討論している.More....
(翻訳:佐々木徹)

12.結核を評価診断するための新たな血液検査と標準検査
 迅速に結果が得られる新たなT細胞血液検査が潜在性結核の診断に推奨される.More....
(翻訳:道免和文)

13.乳房の密度を含めた乳癌のリスク予見の新しいモデル
 研究者らは,よく知られている他の乳がんのリスクの予見因子に加えて,マンモグラフィーでの乳房の密度を用いた新しいリスク予見モデルを開発した.More....
(翻訳:廣井直樹)

風刺画キャプションコンテスト(Cartoon Caption Contest)
14.ぴったりの見出しはありますか
 次の風刺画に表題をつけてください.賞品はどのようなACPの製品,プログラムまたはサービスにも利用できる50ドル分のクーポン券です.More....
(翻訳:佐々木徹)

症例検討募集(Call for case studies)
15.米国内科学会Internistへの診断困難例の逸話送付のお願い
 米国内科学会のコラムニスト,Jerome Groopman(FACP)および Pamela Hartzband(FACP)は彼らのコラム“心に残る医療 Mindful Medicine”に掲載できるような,診断が困難だったり,誤診に関する逸話を紹介してもらいたいとしている.More....
(翻訳:道免和文)
学会便り(From the College)
16.オンライン上でおこなわれる次回のLEADへの挑戦について
 オンライン上でおこなわれるACPの指導力向上プログラムであるLEADに対する次回の挑戦を現在受付けている.More....
(翻訳:廣井直樹)
17.FACPがHIMSSの情報科学(IT)の指導に関する賞を獲得する
 Washington D.C.の一般内科医のPeter Basch, FACPは,情報科学(IT)を医師の必要に適合させる彼の仕事に対して,保健情報管理制度学会(Healthcare Information and Managemanet Systems Society)から医師ITリーダーシップ賞を受賞した.More....
(翻訳:佐々木徹)
18.米国内科学会は2009年のワークショップのトピックスを募集している
 クリニカルスキル分科委員会(CSSC)や医学情報学の分科委員会(MISC)は2009年の内科学会年次総会ワークショップの演題申し込みを受け付け中である.More....
(翻訳:道免和文)

 

▲このページのTOPへ