Journals

(更新日 2010年5月14日)
ACP INTERNIST
In the News for the Week of 5-11-10(監修:菅野義彦)
文末のMore....をクリックすると英文アブストラクトへアクセスできます.
ハイライト(Highlights)
1.内科が他の職業への足がかりに
 1990年から1995年の間認定された内科専門医の9%が,もはや一般内科や専門分野において働いていないことが明らかになった.More....
(翻訳:柳内秀勝)

2.抗うつ薬のタイプが成人における自殺や自殺企図に影響を及ぼさないようである
 新たな研究によると,自殺や自殺企図のリスクが,使用する抗うつ薬のタイプによって違わないようである.More....
(翻訳:柳内秀勝)

自己評価テスト(Test yourself with MKSAP 15)
3.MKSAPクイズ:上気道感染後の耳痛
 ACP InternistWeeklyが今MKSAP 15からの問題を特集している.45歳男性が急性発症の右耳の痛みのために調べられている.この患者に対して最初に投与すべき抗菌薬は何か?More....
(翻訳:柳内秀勝)

腫瘍学(Oncology)
4.若年の白人グループにおいてのみ非噴門部胃癌が増加している
 癌登録データによると過去30年,非噴門部胃癌が25歳から39歳の白人を除く全ての人種および年齢層で減少していることが明らかになった.More....
(翻訳:柳内秀勝)

心臓病学(Cardiology)
5.糖尿病患者において,新型の薬剤溶出ステントが従来のものよりも良い成績を示す.
 エベロリムスを放出する第二世代の薬剤溶出ステントは,パクリタキセルを放出する薬剤溶出ステントに比べてステントの血栓や再狭窄の頻度が低いことを新しい試験が明らかにした.More....
(翻訳:岩本和也)

6.早期のフォローアップが心不全の再入院を減らす.
 病院間の比較によると,心不全の診断での入院加療において,退院後1週間以内に次回来院の予約がされていると,再入院のリスクが低くなっていることが分かった.More....
(翻訳:岩本和也)

FDA最新情報(FDA update)
7.持続注入{じぞく ちゅうにゅう}ポンプが回収され破壊される.
 FDA(訳注:米国食品医薬品局)は,先週,Baxter Healthcare Corp社に同社の全てのColleague Volumetric Infusion Pumpsを回収し,破壊するよう通達した.More....
(翻訳:岩本和也)

8.小児の医薬品がMcNeil社により回収される.
 たくさんの幼児と小児向け液体医薬品がMcNeil Consumer Healthcare社により自主回収された.More....
(翻訳:岩本和也)

ACP Internistより(From ACP Internist)
9.ACP Internist,ACP HospitalistでのKevin医師を追え.
 Kevin Pho, MD,別名KevinMDが今,ACP Internist,ACP Hospitalistのブログに投稿している.More....
(翻訳:こう康博)

教育の機会(Educational opportunities)
10.National Health Services Corpsはプライマリ・ケアへの奨学金を提供している.
 The National Health Services Corps(訳注:国立医療サービス機構)は2010の奨学金プログラムへの応募を受け付けている.More....
(翻訳:こう康博)

11.HRSAはプライマリ・ケア研修グラントを提供する.
 The Health Resources and Services Administration(訳注:米国保健資源事務局)はプライマリ・ケアの医療従事者教育プログラムへの資金調達の機会を最近発表した.More....
(翻訳:こう康博)

風刺画キャプションコンテスト(Cartoon caption contest)
12.ぴったりの見出しはありますか?
 ACP InternistWeeklyは,最新の風刺画にキャプションをつけたり,コンテストの勝者を選んでくれる読者を募集しています.More....
(翻訳:こう康博)

 

▲このページのTOPへ