Journals

(更新日 2010年5月21日)
ACP INTERNIST
In the News for the Week of 5-18-10(監修:佐藤 顕)
文末のMore....をクリックすると英文アブストラクトへアクセスできます.
ハイライト(Highlights)
1.プロトンポンプ阻害薬の濫用はクロストリジウム・ディフィシル感染症や骨折のリスクを増やすであろう
 広く普及したプロトンポンプ阻害薬の濫用は,クロストリジウム・ディフィシル感染症や骨折のリスクを増やすようにみられると,最近のいくつかの研究では結論づけている.More....
(翻訳:山前正臣)

2.エビデンス,定義や試験がないにもかかわらず食物性アレルギーは増えているようだ
 新しい研究によれば,過剰な報告や優れた定義,診断方法がないことが,実際に起きている以上に食物性アレルギーが発症していることの一因となっている.3分の1近くのひとが食物性アレルギーを持っていると考えているが,実際には10分の1未満しか食物性アレルギーはない.More....
(翻訳:山前正臣)

自己評価テスト(Test yourself with MKSAP 15)
3.MKSAPクイズ:3週間の経過の右膝の痛みと腫脹
 28歳の女性が3週間の経過の右膝と踵の痛みおよび腫れのために調べられている.過去6週間に,広い範囲の差し込むような腹痛を自覚している.彼女の関節症状の原因で最も可能性が高いものは何か?More....
(翻訳:渡邊清高)

骨折のリスク(Fracture risk)
4.高用量ビタミンDは転倒や骨折を増やすかもしれない
 新しい研究によると,高用量ビタミンDの年一回の投与は,高齢女性の転倒や骨折のリスクを増加させるかもしれない.More....
(翻訳:吉井康裕)

医師の医療費特性(Physician cost profiling)
5.医師の医療費特性システムは,頻繁に異なる結果を示す
 医療保険プランは,それらの規定が異なるために,同じ医師を17%から61%の異なる医療費特性に割り当てているかもしれない.More....
(翻訳:山前正臣)

許認可関連ニュース(Regulatory news)
6.CMSはメディケア請求の提出期間を変更すると発表
 先週CMS(Centers for Medicare & Medicaid Services)は,医師に対して2010年1月1日以降のサービスに対する請求は,サービス提供1年後の同じ日までに償還請求が提出されなければならないと発表した.これまで認められていた期間が短縮される.More....
(翻訳:渡邊清高)

7.CDCはイラクとオランダにおけるQ熱を警告
 CDC(訳注:米国疾病予防管理センター)はイラクとオランダにおいてQ熱の報告が増えていることに関する健康情報を発表した.医師はこれらの地域に渡航した患者の鑑別診断にQ熱を考慮するべきであると,当局が警告している.More....
(翻訳:渡邊清高)

8.FDAは薬の「悪い広告」について知りたがっている
 FDA(訳注:米国食品医薬品局)の新しいプログラムは,医師に彼らが遭遇するあらゆる誤解を招く処方薬の広告について報告するよう求めている.More....
(翻訳:渡邊清高)

学会だより(From the College)
9.iPhone用の新しいアプリ,Doctor's DilemmaTM
 ACPよりiPhone用の新しいアプリDoctor's DilemmaTMが現在利用可能である.More....
(翻訳:吉井康裕)

風刺画キャプションコンテスト(Cartoon caption contest)
10.ぴったりの見出しはありますか?
 ACP InternistWeeklyでは,最新の風刺画に見出しをつけたり,コンテストの勝者を選んでくれる読者を募集しています.More....
(翻訳:吉井康裕)

 

▲このページのTOPへ