Journals

(更新日 2010年5月31日)
ACP INTERNIST
In the News for the Week of 5-25-10(監修:山本 卓)
文末のMore....をクリックすると英文アブストラクトへアクセスできます.
ハイライト(Highlights)
1.胸部疾患学会における肺疾患と集中治療の研究報告
 ニューオーリンズより:American Thoracic Society (訳注:米国胸部疾患学会)の年次会議において,学会が重点を置く肺疾患,集中治療,そして睡眠に関する新たな研究成果が発表された.More....
(翻訳:井上直紀)

2.メトフォルミン投与患者におけるビタミンB12の低下
 2型糖尿病のインスリンに関する新しい研究によれば,メトフォルミンの投与はビタミンB12欠乏の発生率を上昇させた.More....
(翻訳:加藤秀章)

自己評価テスト(Test yourself with MKSAP15)
3.MKSAPクイズ:体重減少,熱不耐症と振戦
 ACP Internist Weeklyは今MKSAP 15からの問題を特集している.55歳男性が4か月間におよぶ体重減少,熱不耐症,振戦,過剰排便と1週間におよぶ光線過敏と頻繁な充血を呈するドライアイについて調べられた.この患者に対する最適な治療は何か?More....
(翻訳:吉田 博)

プライマリ・ケア(Primary care)
4.不安障害に対する柔軟性のある治療法は,従来の治療法よりも効果的である
 不安障害に対して,プライマリ・ケアの段階で柔軟性のある治療を行うことにより,うつ症状の有無に関わらず,不安症状,うつ症状,機能障害,そして治療の質を大いに改善させる可能性がある.More....
(翻訳:井上直紀)

感染症(Infectious disease)
5.抗菌薬耐性は1年にわたり継続する
 抗菌薬耐性は治療後1か月以内が最大であるが1年もの間継続するかもしれず,おそらくそれにより市中での高いレベルの耐性化を推進している,とあるメタ解析は結論づけた.より長い治療期間と複数回の治療は高い耐性率と関連していた.More....
(翻訳:加藤秀章)

FDA最新情報(FDA update)
6.メトロニダゾール注射液の回収
 Claris Lifesciencesse製造でSagentから販売されているUSP(訳注:米国薬局方)500 mg/100 mLのメトロニダゾールの全ロットに対して,自発的な全国回収が行われたと,FDA(訳注:米国食品医薬品局)が発表した.More....
(翻訳:吉田 博)

7.ロタリックス,再度使用可
 FDA(訳注:米国食品医薬品局)は先週,ロタウイルスワクチンについての勧告を改訂し,ロタリックス®の使用を避けるという以前の勧告を撤回した.More....
(翻訳:井上直紀)

教育(Education)
8.ホスピスと緩和医療試験の後期登録は6月1日に締め切られる
 今年のホスピスと緩和医療試験に関心のある内科医でまだ登録を済ませていない方は6月1日までに済ませてください.More....
(翻訳:加藤秀章)

学会だより(From the College)
9.ACPのSteven Weinberger FACPがKevinMDにてブログを書く
 ACPの副理事長であり,医学教育・出版の上級副理事長であるSteven Weinberger FACPは,KevinMD.comにて毎月コラムを続けて,いかに倫理的に,医学会が企業団体と関わることができるかについて伝えている.More....
(翻訳:吉田 博)

10.理事会は2010年の理事候補者を募集中である
 ACP理事会は2011年5月からの理事を募集する手続きを始めている.More....
(翻訳:井上直紀)

11.医療情報交換フォーラムのスケジュール発表
 ACPは,2010年7月22日にワシントンDCのオムニショアハムホテルで開催予定の,eHealth initiatives(医療情報ネットワーク開発推進協議会(訳注:米国における代表的な医療IT推進NPOで,医療情報交換活動を財務,技術,ガバナンスといった多方面からサポートしている))主催医療情報交換全米フォーラムの戦略的パートナーです.More....
(翻訳:加藤秀章)

風刺画キャプションコンテスト(Cartoon caption contest)
12.あなたの好きなキャプションに投票を
 ACP Internist Weeklyの風刺画キャプションコンテスト(cartoon caption contest)は続いています.好きなキャプションに投票して一位を決定しましょう.More....
(翻訳:吉田 博)

*Internist Weekly 6-1-10号は休刊です.

 

▲このページのTOPへ