Journals

(更新日 2010年6月14日)
ACP INTERNIST
In the News for the Week of 6-8-10(監修:山本智清)
文末のMore....をクリックすると英文アブストラクトへアクセスできます.
ハイライト(Highlights)
1.予防的アスピリン投与は高リスク糖尿病患者で有益だが低リスクでは無益
 糖尿病患者における心血管事故の一次予防のため,アスピリン投与法についての勧告がAmerican Diabetes Association(訳注:米国糖尿病協会),American Heart Association(訳注:米国心臓協会),American College of Cardiology Foundation(訳注:米国心臓病学会財団)からの最近の声明のなかで提唱された.More....
(翻訳:新沼廣幸)

2.教育努力がサイアザイド使用量を増加させた
 サイアザイド系利尿薬についてエビデンスに基づく情報を普及させる努力が薬物使用量を少し増加させたと新しい研究で報告された.More....
(翻訳:新沼廣幸)

自己評価テスト(Test yourself)
3.MKSAPクイズ:下肢痛と赤いコブ
 25歳女性が2週間持続する両下肢痛と彼女が“赤いコブ”と表現した皮膚病変のために受診した.この患者さんに最も適した治療法は何か?More....
(翻訳:新沼廣幸)

慢性閉塞性肺疾患(COPD)
4.β遮断薬は慢性閉塞性肺疾患患者に有益かもしれない
 新しい研究によれば,β遮断薬は慢性閉塞性肺疾患患者で再燃リスクの減少と生存率の向上を助けるかもしれない.More....
(翻訳:新沼廣幸)

抗うつ薬(Antidepressants)
5.選択的セロトニン再取り込み阻害薬は白内障発症に関与
 研究者達は選択的セロトニン再取り込み阻害薬,特にfluvoxamine(訳注:フルボキサミン)とvenlafaxine(訳注:ベンラファクシン)について現在の使用が,将来白内障と診断されることと関連する可能性があると発見した.More....
(翻訳:新沼廣幸)

ホルモン補充療法(Hormone replacement therapy)
6.ホルモンの投与経路が脳卒中リスクに影響するかもしれない
 新たな研究によると,閉経後女性に対する経皮的なホルモン補充は経口的補充よりも脳卒中リスクが低いかもしれない.More....
(翻訳:古賀丈晴)

FDA最新情報(FDA update)
7.PPIに骨折リスクの警告
 FDA(訳注:米国食品医薬品局)は最近医療従事者と患者に対して,高容量あるいは長期のプロトンポンプ阻害薬使用がある種の骨折リスクを増加させるかもしれない,と警告した.More....
(翻訳:古賀丈晴)

8.orlistat服用中の患者に肝障害あり
 FDAは最近,減量薬のorlistat服用中の患者に肝細胞壊死や急性肝不全を伴う重篤な肝障害を認めた症例が報告された,と発表した.More....
(翻訳:古賀丈晴)

ACP Internistより(From ACP Internist)
9.ACP Internistの次号はオンラインで閲覧可
 ACP Internistの6月号は2010年ACP年次総会や Hospital Medicine 2010の学会関連記事や規制薬物のオンライン処方に関する情報を特集している.More....
(翻訳:古賀丈晴)

ACP Hospitalistより(From ACP Hospitalist)
10.仲間をTop Hospitalistに
 ACP Hospitalistは第3回年次Top Hospitalist号の候補者を募集中.More....
(翻訳:古賀丈晴)

学会だより(From the College)
11.Annalsの編集者は科学編集者評議会を先導している
 Annals of Internal Medicineの編集者でFACPのChristine Laineは最近科学編集者評議会の議長に就任した.More....
(翻訳:植田秀樹)

12.ACP賞とマスターの推薦期限は7月1日に予定
 科学,医療,学生教育を含むカテゴリーによる2010年〜2011年にかけてのACP賞とマスターの推薦期限は7月1日に予定されている.More....
(翻訳:植田秀樹)

13.同僚リクルートで当選者となる
 日本支部のFACPの柳 秀高氏は2009年から2010年の同僚リクルートプログラムにおいて当選者として選出された.More....
(翻訳:植田秀樹)

風刺画キャプションコンテスト(Cartoon caption contest)
14.勝者は・・・
 ACP Internist Weeklyでは最近の風刺画コンテストからの投票結果を示している.そこでは最も個性的で面白い吹き出しを作成した仲間に対して読者が機知を感じるように勧められている.More....
(翻訳:植田秀樹)

 

▲このページのTOPへ