Journals

(更新日 2010年9月27日)
ACP INTERNIST
In the News for the Week of 9-21-10(監修:渡邊清高)
文末のMore....をクリックすると英文アブストラクトへアクセスできます.
ハイライト(Highlights)
1.グルコサミンとコンドロイチンは変形性股関節症や膝関節症に有効ではない
 新しい研究によれば,人気があるサプリメントのグルコサミンとコンドロイチンは,変形性股関節症や膝関節症における疼痛または関節裂隙狭小化に対してなんら効果を示さない.More....
(翻訳:松浦喜房)

2.低用量アスピリンは大腸癌を予防するかもしれない
 新しい研究によれば,アスピリンは低用量であっても大腸癌の進展を防止する可能性がある.More....
(翻訳:松浦喜房)

自己評価テスト(Test yourself)
3.MKSAPクイズ:潰瘍性大腸炎
 8年間にわたる潰瘍性大腸炎の病歴がある27歳女性が経過観察で受診している.この患者における大腸癌のリスクに対して最も適切な管理法は何か?More....
(翻訳:松浦喜房)

前立腺癌(Prostate cancer)
4.ルーチンの前立腺癌スクリーニングはエビデンスを欠くが,60歳時の単回検査は役立つかもしれない
 無作為化比較試験の解析では,前立腺癌に対するルーチンの集団検診は支持されなかった.しかし,60歳の時に前立腺特異抗原を1回検査すると,この疾患が進行して死亡する可能性のある人を特定できるかもしれない.More....
(翻訳:小山雄太)

慢性閉塞性肺疾患(COPD)
5.COPDには病状が増悪しやすい亜型が存在するかもしれない
 研究者らによると,頻回に増悪するCOPD患者には中等症から重症となる特別な表現型があるのかもしれない.More....
(翻訳:小山雄太)

心臓病学(Cardiology)
6.メタボリックシンドロームは死亡や心疾患を予測する
 新しい系統的レビューやメタ解析によると,メタボリックシンドロームは心血管系疾患のアウトカムや全死亡率の有意な予測因子である.More....
(翻訳:小山雄太)

教育(Education)
7.矯正医療会議が10月に開催される
 National Conference on Correctional Health Care(訳注:[米]全国矯正医療委員会)が全国会議を2010年10月9日から13日にラスベガスで開催する予定である.More....
(翻訳:小山雄太)

学会だより(From the College)
8.ACPはパキスタンでの洪水による悲劇に支援の手を差し伸べる
 ACPはパキスタンでの深刻な洪水被害に深い悲しみの念を表すとともに,すべての会員に対して,今回の災害の被災者を直接支援する予定の1つ以上の慈善団体への寄付を呼びかけている.More....
(翻訳:田村功一)

9.ACPのJOHN TOOKER,MACPはKEVINMDにてブログを開設した
 ACPのassociate executive vice presidentであるJohn Tooker, MACPは,医療のブログで最も影響力があるウエブサイトの一つであるKevinMD.comにおいて,毎月のコラム記事を始めている.More....
(翻訳:田村功一)

10.支部長会の次期会長候補者が発表された
 Michael C. Sha, FACPおよびThomas G. Tape, FACPは支部長会の次期会長としての当選を目指している.当学会の支部長らはオンラインで投票しており,当選者は2010年10月に発表される.More....
(翻訳:田村功一)

風刺画キャプションコンテスト(Cartoon caption contest)
11.ぴったりの見出しはありますか
 ACP Internist Weeklyは新しい風刺画にあうキャプションをつけたり,コンテストの勝者を選ぶのを手伝ってくれる読者を募集しています.More....
(翻訳:田村功一)

 

▲このページのTOPへ