Journals

(更新日 2011年2月14日)
ACP INTERNIST
In the News for the Week of 2-8-11(監修:新谷英滋)
文末のMore....をクリックすると英文アブストラクトへアクセスできます.
ハイライト(Highlights)
1.明確なガイドラインにもかかわらず,関節リウマチの処方はメディケア管理下での診療計画毎に大きく異なる
 メディケア管理下で関節リウマチの治療をうけている患者の3分の1以上がガイドラインで推奨されている疾患修飾抗リウマチ薬を用いた治療を受けていなかったことが判明した.More....
(翻訳:山内高弘)

2.前立腺肥大症(BPH)の新しいガイドラインは新薬,経過観察,そして手術を試みる時期について言及している
 American Urological Asslication(訳注:米国泌尿器科学会)からの最新臨床ガイドラインには,前立腺肥大症に付随する下部尿路症状を臨床医が診断し治療できるよう導くための詳細な診断アルゴリズムが包括されている.More....
(翻訳:山内高弘)

自己評価テスト(Test yourself)
3.MKSAPクイズ:疲労と努力性呼吸困難
 31歳の女性が疲労と努力性呼吸困難で受診した.患者は胸痛,動悸,あるいは失神はないと言う.診断のための適切な検査はなにか?More....
(翻訳:山内高弘)

癌(Cancer)
4.閉経間近のホルモン療法開始は乳癌リスクを上昇させると研究が示唆
 閉経間近にホルモン療法を開始した女性は,その後に開始した場合より乳癌になりやすいとする新しい研究報告.More....
(翻訳:沖 将行)

5.ベバシズマブがより高頻度の致死的有害事象と関連
 抗癌化学療法単独と比較し,抗癌化学療法もしくは生物学的療法とベバシズマブ(アバスチン)を併用した患者において致死的有害事象がより多く発生したことが新しいメタ解析により判明した.More....
(翻訳:沖 将行)

6.ASCOの声明:進行癌のケアは患者の希望に合わせるべきである
 American Society of Clinical Oncology(訳注:米国臨床腫瘍学会-ASCO)のガイドラインによると,不治の癌と判明した場合,医師はできるだけ速やかに患者と対症療法や治療について包み隠さずに話し合いを始めるべきである.More....
(翻訳:沖 将行)

脳卒中(Stroke)
7.予後スコアは軽症脳卒中発症後の早期再発の予測に寄与しない
 新たな研究によると,軽症脳卒中発症後の早期再発のリスクの予測に予後スコアは信頼性がないとしている.More....
(翻訳:池田賢一)

学会だより(From the College)
8.ACPが米国のヘルスケア報告を行う
 ACPは,1月27日にワシントンのNational Press Club(訳注:合衆国記者クラブ)において米国のヘルスケアに関する年次報告を行った.More....
(翻訳:池田賢一)

風刺画キャプションコンテスト(Cartoon caption contest)
9.ぴったりの見出しはありますか
 ACP Internist Weeklyは,新しい風刺画にあうキャプションをつけたり,コンテストの勝者を選ぶことを手伝ってくれる読者を募集している.More....
(翻訳:池田賢一)

 

▲このページのTOPへ