Journals

(更新日 2008年6月16日)
ACP INTERNIST
In the News for the Week of 6-10-08(監修:加藤秀章)
文末のMore....をクリックすると英文アブストラクトへアクセスできます.
ハイライト(Highlights)
1.厳格な血糖コントロールと糖尿病の死亡率に相関のないことがADVANCE研究で明らかに
 厳格な血糖コントロールは,2型糖尿病患者の腎症発症率を低下させるものの,その他の血管系アウトカムには有意な影響を与えないことが,ADVANCE研究からの新しい報告で明らかになった.More....
(翻訳:泉谷昌志)
訳者註:ADVANCE:Action in Diabetes and Vascular Disease: Preterax and Diamicron MR Controlled Evaluationの略称.ACE阻害薬とサイアザイド系利尿薬の合剤であるPreteraxと,経口SU剤であるDiamicron MRの効果を検討している無作為化比較試験.詳細は,www.advance-trial.com

2.PCI(経皮的冠動脈インターベンション)の成績の男女差はみられなくなってきている
 経皮的冠動脈インターベンションの成績の男女差は近年みられなくなってきているが,それは女性患者への成功率が男性患者と同様に短期,長期ともに向上していることによる,という新しい調査結果が報告された.More....
(翻訳:井上直紀)

3.マサチューセッツ州が健康保険を義務化一年後に無保険者数が半減
 Health Affairs誌に発表された新たなアーバン・インスティテュート研究によると,マサチューセッツ州が義務健康保険を実施した一年後,同州の成人における無保険者の比率は,13%から7.1%と約半分に低下した.More....
(翻訳:石田真実子)

健康格差(Health Care Disparities)
4.人種や地域により医療の質が影響を受けるという報告結果
 マンモグラムなどの,基本的で推奨されている医療の受給状況は,人種や地域によって著しく異なっていることが,ロバート・ウッド・ジョンソン財団が先週発表した,メディケア受給者に関する新しい報告で明らかとなった.More....
(翻訳:泉谷昌志)

5.腎臓病患者の治療成績の人種・民族間格差に関する調査
 米国腎臓学会(American Society of Nephrology)雑誌の6月号において,腎臓病患者の治療成績の人種・民族間格差の理由とその解決策に関する,2つの研究が報告されている.More....
(翻訳:井上直紀)

6.格差に狙いを定めた医療の公平化に対する学会
 「医療格差をなくす能力を築く」を目指した医療の公平化に対する学会の創設会議が6月26日から27日,デンバーで行われる.More....
(翻訳:石田真実子)

腫瘍学(Oncology)
7.脱感作プロトコールによりアレルギーのある患者の化学療法への忍容性が改善
 新しい研究によると,化学療法薬に対してアレルギーのある患者は,12段階の迅速脱感作プロトコールを行うことで,薬剤を忍容できるようになる可能性のあることが明らかになった.More....
(翻訳:泉谷昌志)

倫理(Ethics)
8.学生協会は医学校の製薬会社との関わりについて評定した
 米国医学生協会(American Medical Student Association)によると,米国の多くの医学校は,製薬市場の競争原理の結果もたらされる利害の対立を抑制するために,やるべきことがまだまだ多くあるという.More....
(翻訳:井上直紀)

FDAによる措置(FDA actions)
9.医師はhydrofluoroalkane(HFA)を噴射ガスに使用したアルブテロール吸入器に変えることを患者に説明すべきである
 医師は,喘息やCOPD患者にhydrofluoroalkane(HFA)を噴射ガスとして用いたアルブテロール吸入器に変えることを,患者に説明すべきである.なぜなら,米国食品医薬品局によると,Chlorofluorocarbon(通称フロン)を噴射ガスとして用いた吸入器は今年度以降,米国では手に入らないからである.More....
(翻訳:石田真実子)

CMS最新情報(CMS update)
10.上院議員がメディケアの医師支払い削減を回避するために行動する
 上院財政委員会議長であるマックス・バウカス上院議員(民主党・モンタナ州)は,6月末に予定されている医師への支払い削減を回避するための法案を先週金曜日に提出した.More....
(翻訳:泉谷昌志)

11.法の改定により,PQRI(先進的医療の質報告プログラム)に参加できる医師が今後さらに増える見込みとなった
 先進的医療の質報告プログラム(Physician Quality Reporting Initiative)からのボーナス報酬は,その申請をまだはじめていなかった医師でも,今後は受け取れる可能性がでてきた.このプログラムは,メディケア患者の診療費のうち,許容されている額の1.5%をボーナス報酬として,その病名コード(quality measure codes)(訳注:病名のみならず「血糖コントロール不良な患者の割合」などの医療の質に関わる数字を表したもの)を報告した医師に支払われる.More....
(翻訳:井上直紀)

12.耐久性のある医療機器の新しい競争入札計画が7月1日から始まる
 新しいCMSプログラムは,出来高払い制のメディケアが,パートB以下の耐久性のある医療機器に対して支払う方法を変更する予定である.耐久性のある医療機器,人工装具,矯正器具,供給品の競争入札は7月から段階的に導入が開始される.More....
(翻訳:石田真実子)

ACP Hospitalistより(From ACP Hospitalist)
13.同僚をホスピタリスト・オブ・ザ・イヤーに推薦しよう
 ACPホスピタリストでは,第一回ホスピタリスト・オブ・ザ・イヤーの候補者を募集中である.More....
(翻訳:泉谷昌志)

ACPオンラインから(From ACP online)
14.ブログとニュースグループで語り合いましょう
 ACPのブログとオンラインのニュースグループに参加して,内科医の会員たちと思っていることを互いに直接語り合ってみてください.臨床におけること,政治,医療の実践に関する問題などを,時にはユーモアを交えて.More....
(翻訳:井上直紀)

風刺画キャプションコンテスト(Cartoon caption contest)
15.ぴったりの見出しはありますか
 ACP InternistWeekly は読者に新しい風刺画のキャプションの募集と,優勝者を選ぶお手伝いをお願いしています.More....
(翻訳:石田真実子)

▲このページのTOPへ