Journals

(更新日 2008年7月22日)
ACP INTERNIST
In the News for the Week of 7-15-08(監修:澤木秀明)
文末のMore....をクリックすると英文アブストラクトへアクセスできます.
ハイライト(Highlights)
1.米上院,メディケア医師への診療報酬減額の阻止法案を可決:大統領拒否権の行使の見込み
 7月1日より施行された診療報酬を10.6%減額する法案を,逆に2009年度には予測されていた減額ではなく,1.1%の増額とする法案を上院が可決した.大統領による拒否権の発動が予想されている.More....
(翻訳:土屋直隆)

2.局所前立腺癌の高齢男性への1次アンドロゲン除去療法は生存率を改善させない
 7月9日発行の米国医師会雑誌(JAMA)に掲載された研究によると,高齢者の局所前立腺癌に対する1次アンドロゲン除去療法は,保存的治療と比較して生存率を改善させることはなかった.More....
(翻訳:川名正敏)

疾患管理(Disease management)
3.片頭痛の薬の併用は頭痛の早期に投与すると効果がある
 2つの研究から片頭痛の発症1時間以内に片頭痛薬を併用すると痛みを効果的に軽減することがわかった.More....
(翻訳:秋山真一郎)

4.高齢者の高血圧治療が認知症リスクを軽減か
 高齢者における高血圧治療が認知症のリスクをやや軽減する可能性が新たな研究によりわかった.More....
(翻訳:土屋直隆)

Annals of Internal Medicineより(Annals of Internal Medicine)
5.青年期によくみられる高血圧前段階は,放置すると疾病につながる
 高血圧前段階は青年期によくみられるが,これは後の冠動脈アテローム硬化発症につながることがメタアナリシスにより明らかになった.More....
(翻訳:川名正敏)

6.低分子ヘパリンは膝の関節鏡検査の後の凝血塊を予防するかもしれない
 抗凝固剤の投与は半月板切除を受けた人で最大の効果があった. More....
(翻訳:秋山真一郎)

7.病院での医療過誤,患者報告と医療記録の検証結果との間に「かい離」
 重大で,未然に防止し得たはずだった事例で,医療記録に記載されていなかった例について患者らが報告.退院後の面接に有害事象についての質問を加えることで,患者の安全性をモニターすることを病院は検討すべきである.More....
(翻訳:土屋直隆)

FDA最新情報(FDA updates)
8.フルオロキノロンによる腱断裂,腱炎発症への警鐘
 先週FDAは製造企業に対して,抗菌薬:フルオロキノロンによる腱炎や腱断裂を起こすリスクの高い患者には,この副作用に対する警告と患者指導ガイドが必要であると通達した.More....
(翻訳:川名正敏)

9.汚染された滅菌布がリコールされた
 FDAの報告によるといくつかの製品にBurkholderia cepaciaB.cepacia)が見つかったために限定されたロットにおいて2%chlorhexidine gluconateで消毒された術前皮膚用準備製品がリコールされている. More....
(訳注:Burkholderia cepaciaはグラム陰性桿菌で土壌,水に生息し抗菌薬の多剤に対して耐性である一方,農業生産者の間では植物成長促進菌として評価されている)
(翻訳:秋山真一郎)

10.ミコフェノール酸モフェチルに進行性多巣性白質脳症のリスク
 ミコフェノール酸モフェチル(商品名:セルセプト)は,臓器移植レシピエントへの進行性多巣性白質脳症(PML)の発症リスクを高めるかもしれないとFDAが先週発表.More....
(翻訳:土屋直隆)

11.無線連動型インスリンポンプと癌治療に対する遺伝子検査が承認された
 先週FDAは,持続的血糖モニター装置と無線で連動できる初めてのインスリンポンプと,患者が乳癌治療薬トラスツズマブの良い適応かどうかを判定する遺伝子検査を承認した.More....
(翻訳:川名正敏)

手段と供給源(Tools and resources)
12.ACPの無料のオンラインQIプログラムでリクルートへの道がひらける
 ACP Netは慢性閉塞性肺疾患と疼痛の管理に対する2つの新しいweb上での質改善プログラムを始めた. More....
(翻訳:秋山真一郎)

13.ABIが心血管系リスクの予測精度を改善か
 7月9日付け米国医師会雑誌に発表されたメタ解析によると,足関節上腕血圧比(ABI)は心血管系リスクの予測精度を改善するかもしれない.More....
(翻訳:土屋直隆)

自己評価テスト(Test yourself)
14.最新のMKSAPクイズ
 ACP Internist WeeklyはMKSAPクイズを復活させた.この人気記事は,本紙の読者によって復活を熱望されていたので,メールアップデートの中に,毎週それを回復させることとなった.More....
(翻訳:川名正敏)

From ACP Internist(ACP Internistより)
15.ACP Internistの最新版がオンラインで閲覧可能である
 ACP Internistの最新版がオンラインとあなたの郵便受けへ供給される.本号ではInternal Medicine 2008の完全要約と質の報告に対するメディケア報告配当金を埋め合わせる方法,Jerome Groopman,FACPとPamela Hartzband,FACPによる最新の心に残る医療コラムを閲覧出来る.More....
(翻訳:秋山真一郎)

16.「心に残る医療」症例研究を募集
 ACP Internist のコラム担当者 Jerome Groopman医師(FACP)とPamela Hartzband医師(FACP)が,あなたの経験した診断困難例や誤診症例のストーリーを伺いたいとの事である.次回のコラム「心に残る医療」に掲載の可能性も.More....
(翻訳:土屋直隆)

17.ブログでどんなことを話しているか?
 Medical News of the Obviousを見れば,エキスパートのコメントや日々更新されるニュース,そしてユーモアあふれる記事が見つかるだろう.More....
(翻訳:川名正敏)

ACP Hospitalistより(From ACP Hospitalist)
18.ホスピタリスト オブ ザ イヤーに同僚を推薦出来るラストチャンス
  ACPホスピタリストは第一回ホスピタリスト オブ ザ イヤーの候補者を求めている.More....
(翻訳:秋山真一郎)

学会だより(From the College)
19.良質の情報を報告し2008年のメディケアの配当金を稼ごう
 ACPは電話会議を利用したフォーラムをCMSと共催し,メディケア2008の先進的医療の質報告プログラム(PQRI)への内科医の参加について議論する.このプログラムではCMSのクレームフォームで良質の情報を報告すると医師に配当金が支払われる.More....
(翻訳:土屋直隆)

風刺画キャプションコンテスト(Cartoon Caption Contest)
20.ぴったりの見出しはありますか
 魅力的なキャプションを入れてください.採択された方にはACPから$50相当のギフト券を差し上げます.More....
(翻訳:川名正敏)

▲このページのTOPへ