Journals

(更新日 2008年9月16日)
ACP INTERNIST
In the News for the Week of 9-9-08(監修:加藤哲朗)
文末のMore....をクリックすると英文アブストラクトへアクセスできます.
ハイライト(Highlights)
1.植込み型除細動器による電気ショックは生存期間を延ばし,死亡率を予測する
 植込み型除細動器は,左室機能低下による突然死リスクの高い患者において,生存期間を有意に改善し,それによる電気ショックは死亡率の予想にも役立つと,ニューイングランド医学誌の2つの論文は報告した.More....
(翻訳:新谷英滋)

2.オメガ3不飽和脂肪酸は慢性心不全に対するロバスタチンより有効かもしれない
 各合成物の効果をプラセボと比較に基づく並行試験では,慢性心不全に対するロバスタチンより魚油の方が,若干成績がよいと結論づけた.More....
(翻訳:桑江紀子)

自己評価テスト(Test yourself)
3.MKSAPクイズ:診断
 72歳の女性が介護認定のために定期健診に訪れた.既往歴は,高血圧症,高脂血症と冠疾患の家族歴のみであったが,身体診察にて放散しない右第2肋間に最強点を有する2/6度の収縮中期雑音を聴取した.この時点でもっとも適当な診断のための検査はどれか?More....
(翻訳:加藤秀章)

心臓病学(Cardiology)
4.バイトリンによって心血管イベントは減少せず,発ガンリスクが高くなる可能性
 シンバスタチンとエゼチミブ(バイトリン)を併用する脂質低下療法は,大動脈弁狭窄患者における心血管イベント予防には寄与せず,発ガンリスクを高める可能性があることが,最近の臨床試験の報告により明らかになった.More....
(翻訳:新谷英滋)

メンタルヘルス(Mental health)
5.十代における高率な自殺率は,銃入手に関連している
 今週発表された2つの研究成果は,米国における自殺,とりわけ十代の自殺の今日の傾向と可能性となるような原因について洞察を述べている.More....
(翻訳:桑江紀子)

Annals of Internal Medicineより(From the Annals of Internal Medicine)
6.間欠的なHIV治療は関連する感染と死亡の危険を増加させる
 継続的なHIV感染の治療は,患者の免疫状態が良くなった時に治療を中止し,免疫状態が悪化した時に再び治療を開始する方法よりも良い結果をもたらす.More....
(翻訳:加藤秀章)

7.医学生の“燃え尽き”は自殺念慮と関連
 自殺死は医師にとって,主要な職業病のひとつといえる.自殺率で比べると,一般平均と比べ男性医師は40%,女性医師は130%それぞれ高くなっている.More....
(翻訳:新谷英滋)

8.メディケア不正行為に対する内部告発者の10年の調査.
 1990年代,米国司法省は,医療給付機構と請求業務間の取締りを特に強化した後の内部告発訴訟で,93億ドルを回収した.More....
(翻訳:桑江紀子)

手段と供給源(Tools and resources)
9.新しいツールは,見た目が似ていたり/名前が似ていたりすることによる薬剤ミスを際立たせる
 新しいオンラインで入手可能なツールによって,臨床医や消費者は投薬ミスと関連する似たような薬剤名を調べることができる.More....
(翻訳:加藤秀章)

薬剤ニュース(Drug news)
10.FDA:TNF阻害薬の感染症発症リスクに関する警告を強化
 米国食品医薬品局(FDA)は4つのTNF-α阻害剤を製造する製薬会社に対し,その処方情報における日和見感染発症リスクに関する警告を強化するよう命令した.More....
(翻訳:新谷英滋)

11.携帯型酸素ボンベのクラス1のリコール*
 米国食品管理局(FDA)は,圧計が破裂し発火する恐れがあるために,2007年1月から3月までの間に製造され普及したPacific Consolidated Industries社製の携帯型酸素ボンベのクラス1のリコールを発表した.More....
*訳者注:FDAは,消費者製品に対して製品リコール指針を公表し全てのリコールを危険性に応じて次の3つのうちのどれかに分類している.
クラス(Class)1:クラス1リコールは,危険もしくは欠陥製品に対するもので重篤な健康被害もしくは死亡を生じうると考えられるもの.このカテゴリーに属するものはボツリヌス毒素を含有する食品,欠陥のある人工弁など.
クラス(Class)2:クラス2リコールは,一時的な健康被害を生じうるもしくは重篤な被害のわずかな可能性しかないもの.
クラス(Class)3:クラス3リコールは,副作用による健康被害を起こすとは考えにくいがFDAの標識化や製造規定に違反するもの.
としている.
(翻訳:加藤秀章)

12.ナタリズマブ単独療法を受けた患者に発症したPMLの新症例
 進行性多巣性白質脳症(PML)の2つの新症例は,多発性硬化症に対してナタリズマブを使用したヨーロッパの患者で1年以上にわたって報告されており,FDAは最近警告を発している.More....
(翻訳:桑江紀子)

ACP Internistより(From ACP Internist)
13.ACP Internistの最新号が,インターネット上,そしてあなたのメールボックスにあります.
 今月号で以下の話題をチェックしてください:心的外傷後ストレス障害(PTSD),電子処方,そして“注意深い診療”から症例研究.More....
(翻訳:新谷英滋)

学会便り(From the College)
14.米国内科学会がCMS(メディケア・メディケイド・サービスセンター)と電子処方に関する講習会を共同開催
 CMSは健康管理実務者(ヘルスケアプロバイダー,医療従事者),健康管理専門職者に電子処方に関する無料の講習会を行う予定である.More....
(翻訳:新谷英滋)

15.ACPは2009年メディケア臨床医料金スケジュールについてコメントする
 米国内科学会は6月末に発表された2009年臨床医料金スケジュールについてメディケアとメディケアサービスセンターにコメントを送付した.More....
(翻訳:加藤秀章)

16.選挙ニュースのためにACPウェブツールをお使いください
 会長選挙キャンペーンが佳境をむかえている.候補者は彼らの提案する医療制度改革について詳細を発表し続ける.More....
(翻訳:加藤秀章)

17.医学における女性たちのための新たな情報源
 今年の9月号の<医学における女性たち>を記念して,米国内科学会はインターネット上ウェブページを立ち上げた.そこにはさまざまな仕事上の段階における女性医師たちの特別な面接インタビューや,米国内科学会の女性リーダーたちの情報が掲載されている.More....
(翻訳:桑江紀子)

 

▲このページのTOPへ