Journals

(更新日 2008年9月29日)
ACP INTERNIST
In the News for the Week of 9-23-08(監修:鈴木 昌)
文末のMore....をクリックすると英文アブストラクトへアクセスできます.
ハイライト(Highlights)
1.臨床研究は,大腸直腸癌スクリーニングの間隔の延長を支持
 先週発表された2つの臨床研究は,大腸内視鏡検査の正常者に対して,大腸内視鏡によるスクリーニングを5〜10年毎に行うことを推奨しているエビデンスと,CT コロノグラフィー(大腸3次元画像表示)が大腸内視鏡検査に代わる非侵襲的検査として推奨するエビデンスを支持している.More....
(翻訳:永松聡一郎)

2.衛生局は深部静脈血栓症の啓蒙を開始
 米国ヘルスケア研究・品質局(AHRQ)と公衆衛生局が先週発表した新たな啓蒙キャンペーンのターゲットは,深部静脈血栓症(DVT)である.More....
(翻訳:永松聡一郎)

自己評価問題(Test yourself)
3.MKSAPクイズ:患者管理
 43歳女性が症状のリストを持参して受診した.リストには頭痛,筋痛,脱力感,腹痛,下痢,副鼻腔炎,反復性の尿路感染症,性交上の問題が記されていた.この患者最適な管理はどれか.More....
(翻訳:大島康雄)

疾病予防(Disease prevention)
4.骨盤底障害は特に高齢者で非常に多い
 初めて実施された全国民を対象にした疫学研究によると,特に高齢の米国成人女性のほぼ4人に1人は1つ以上の骨盤底障害を抱えている.More....
(翻訳:大島康雄)

5.全国成人予防接種週間の期間中は患者へ予防接種について話す機会
 メディケア・メディケイド・サービスセンターはインフルエンザウィルス,肺炎球菌,およびB型肝炎ウイルスに対するワクチンとその接種に関わる費用がメディケアパートBから払い戻されることを,医師へ注意喚起している.More....
(翻訳:大島康雄)

心臓病学(Cardiology)
6.心不全予防のためのβ遮断薬使用は高齢者の脳卒中のリスクを増大
 新しい研究によると,β遮断薬は他の薬物と同様に心不全を予防する効果があるが,高齢者においては脳卒中のリスクを高めるため,第一選択薬として使用されるべきではない,としている.More....
(翻訳:大島康雄)

薬剤ニュース(Drug news)
7.米国食品医薬品局(FDA)は品質に関する不安のため多くのジェネリック医薬品の輸入を差し止め
 FDAの報道発表(プレスリリース)によると,先週,FDAは製造過程のいくつかの欠陥を理由に,30種以上のインド製ジェネリック医薬品の米国内への輸入を差し止めた.More....
(翻訳:塩田哲也)

学会だより(From the College)
8.ACPはIMG支援を求めた意見書を発表
 先週ACPは,内科領域での労働力において海外医学部卒業者(IMGs: international medical graduates)が現在果たしている,そしてこれからも果たしていく重要な役割を支援する法案制定を政府に求める新たな意見書を発表した.More....
(翻訳:塩田哲也)

9.ACPの選挙ニュース用ウェブツールを利用しよう
 大統領選挙運動が最高潮に達し,各候補者は,それぞれに提案した医療制度改革の詳細について発表し続けている.More....
(翻訳:塩田哲也)

ACP Internistより(From ACP Internist)
10.ブログにて:未来の糖尿病治療法
 今週のACP Internistのブログでは,2型糖尿病に対する消化管内フィルター(gastrointestinal liner)に関する臨床試験と,健康に関する情報をテレビで伝える効果に関する報告があった.More....
(翻訳:永松聡一郎)

11.風刺画キャプションコンテスト(Cartoon caption contest):あなたの好きな風刺画に投票してください
 風刺画キャプションコンテストはまだ終わっていません.ACPスタッフは3人の最終候補者を選びました.優勝者を決めるために,読者の皆さんに投票をお願いしています.More....
(翻訳:永松聡一郎)

 

▲このページのTOPへ