Journals

(更新日 2009年1月6日)
ACP INTERNIST
In the News for the Week of 12-23-08(監修:こう康博)
文末のMore....をクリックすると英文アブストラクトへアクセスできます.
ハイライト(Highlights)
1.心疾患による死亡は減少するも,肥満,運動不足はなお大きなリスクである.
 米国心臓協会2009年統計改定版で発表されたデータによると,心疾患と脳卒中による死亡は1999年から2006年の間に約30%減少したと伝えられた.More....
(翻訳:白山武司)

2.ストレスが導く不健康な行動は,心血管疾患への道
 新しい研究によると,ストレスと心血管疾患の関連は大部分が行動要因によって説明できるという.More....
(翻訳:白山武司)

3.過敏性腸症候群のガイドラインは,セリアック病に関する検査,抗うつ薬の使用を推奨する.
 最新の過敏性腸症候群のガイドラインは,いくつかの症例において,セリアック病の検査と抗うつ薬の使用を推奨する.More....
(翻訳:鈴木克典)

自己評価テスト(Test yourself)
4.MKSAPクイズ:退院後の精巣癌
 40歳の男性が退院後の経過観察のために腫瘍科医の診察を受ける.彼の病歴は転移性精巣胚細胞癌を示唆している.この時点で,この患者に対するもっとも適切な治療戦略はなにか?More....
(翻訳:鈴木克典)

FDA最新情報(FDA update)
5.抗てんかん薬による自殺リスク,糖尿病治療薬に対する更に厳密なスクリーニング
 先週の米国食品医薬品局(FDA)の発表によると,抗てんかん薬の処方情報に,自殺企図および自殺実行のリスクが高まるという警告を記述することが義務づけられた.また別に,糖尿病治療薬開発企業に対しては心血管系疾患のリスクを高めない証拠を示すことがFDAによって指導された.More....
(翻訳:新谷英滋)

男性の健康(Men's health)
6.α遮断薬はプラセボと比較して,前立腺炎に対して無効であった.
 慢性前立腺炎ー慢性骨盤痛症候群に対するαアドレナリン受容体遮断薬投与は,プラセボと比較して,痛みの有意な減少を来たさなかった.More....
(翻訳:白山武司)

教育の機会(Educational opportunities)
7.HIV医学協会はマイノリティーフェローシップアワードの出願を急募している.
 HIV医学協会は現在,2009年のマイノリティークリニカルフェローシッププログラムに対する出願を募集している.More....
(翻訳:鈴木克典)

学会だより(From the College)
8.ACPの最新提言は2009年における,より一層の収入の確保について言及する.
 ACPの最新提言は,2009年において,内科医がメディケアからの支払い額を増やす手助けとなる,2つのプログラムについて説明している.More....
(翻訳:新谷英滋)

風刺画キャプションコンテスト(Cartoon caption contest)
9.今年のベストキャプションは?
 ACP Internist Weekly読者により,今年のベスト風刺画キャプションが選ばれた.無作為に選ばれた投票者の一人に100ドルのACPギフト券が贈られた.More....
(翻訳:新谷英滋)

 

▲このページのTOPへ