Journals

(更新日 2009年3月2日)
ACP INTERNIST
In the News for the Week of 2-24-09(監修:菅野義彦)
文末のMore....をクリックすると英文アブストラクトへアクセスできます.
ハイライト(Highlights)
1.国際脳卒中カンファランス2009:tPA治療とその男女差についての最新の報告から
 サンデイエゴ発―先週開催された国際脳卒中カンファランス2009において発表された多くの新しい研究成果の中でtPA投与がおこなわれるタイミングとtPA治療における男女差についての研究結果が注目された.More....
(翻訳:田村功一)

2.降圧療法は正常血圧の糖尿病患者にとっても有益である
 最近報告されたADVANCE研究での解析結果によると,アンジオテンシン変換酵素阻害薬と利尿薬による併用療法は正常血圧の場合でも2型糖尿病患者における腎機能保護効果が期待できる.More....
(翻訳:田村功一)

自己評価テスト(Test yourself)
3.MKSAPクイズ:帯状疱疹
 帯状疱疹に罹患した70歳男性が今回の対象である.2か月前に右半身の体幹全体におよび有痛性の発疹が出現し症状が1週間持続したために受診した.この病態の患者において最も適当な治療はどれか?More....
(翻訳:田村功一)

治療学(Therapeutics)
4.抗TNF薬はherpes zosterのリスクを上昇させる
 関節リウマチ患者に対する最近の研究によると,抗TNF薬の使用はherpes zoster感染のリスクを上昇させる.More....
(翻訳:板東 浩)

5.ワーファリンの初期量は,固定量より遺伝子的アルゴリズムによる方がより正確である
 ワーファリンの適正初期用量を評価する薬剤遺伝的アルゴリズムの活用によって,固定量から調節する従来の方法と比べてより正確に凝固能をコントロールできる患者がみられたことが,研究で明らかとなった.More....
(翻訳:板東 浩)

参考:遺伝的アルゴリズムとは,データ(解の候補)を遺伝子で表現した「個体」を複数用意し,適応度の高い個体を優先的に選択して交叉(組み換え)・突然変異などの操作を繰り返しながら解を探索するものである.

FDA最新情報(FDA update)
6.乾癬用薬に関する勧告
 先週,FDAから乾癬用薬であるefalizumab(Raptiva)に関する重篤な副作用の可能性についての勧告が出された.More....
(翻訳:板東 浩)

保険の最新情報(Insurance update)
7.保険の償還不足に対する申し立てで和解した保険会社がある
 先週のUnited Health社に続き,CIGNA社は,米国医師会からの訴訟および,ニューヨークの司法長官による法的処置を受け,ネットワーク外サービスでの保険償還を決定するために使われていたデータベースの使用を停止することに同意した.More....
(翻訳:林 正樹)

ACP Internistのブログより(From ACP Internist's blog)
8.国際脳卒中カンファランス2009や手術時のおしゃべり
 ACP Internistのブログを訪れて,国際脳卒中カンファランス2009関連の記事を読もう.そのほか,医学的なおしゃべりの新しいトレンドについて読み,Medical News of the Obviousの最新記事をみて含み笑いしよう.More....
(翻訳:林 正樹)

学会だより(From the College)
9.学会が臨床現場に関連したウエブセミナーをシリーズで開催予定
 これから3週間の間,ACPは,診療現場の革新的なことや,ヘルスケアの改革に関する最近の動向を会員に知らせるため何回かのウエブセミナーを行う.1回目の発表は2月25日水曜日東部時間で午後7時から行われる.More....
(翻訳:林 正樹)

10.ACP役員の表彰のお知らせ
 何名かのACP元役員および現役員の方が非常に重要な立場の職に就かれるという栄誉に浴されました.More....
(翻訳:田村功一)

風刺画キャプションコンテスト(Cartoon caption contest)
11.最も好ましい作品に投票してください.
 風刺画キャプションコンテストはまだ継続中です.ACPスタッフは3人の最終候補者を選び,優勝者を決めるために,読者の皆さんに投票をお願いしています.More....
(翻訳:板東 浩)

 

▲このページのTOPへ