Journals

(更新日 2010年2月8日)
ACP INTERNIST
In the News for the Week of 2-2-10(監修:湯地晃一郎)
文末のMore....をクリックすると英文アブストラクトへアクセスできます.
ハイライト(Highlights)
1.たいていの患者はいくらかのインスリン注射を忘れる
 最近の調査によると,インスリン自己注射をしている患者の大多数が故意に注射を忘れるし,約20%の患者は定期的にそうしている.More....
(翻訳:石塚尋朗)

2.ニコチンパッチ使用期間延長は24週間時点で禁煙オッズを倍増させる
 24週間にわたる経皮的ニコチンパッチ治療は8週間治療に比べ,禁煙率を倍増させ,喫煙習慣再発の危険性を減少させ,一時的脱落後の再禁煙の可能性を増加させた.More....
(翻訳:湯地晃一郎)

自己評価テスト(Test yourself)
3.MKSAPクイズ:間欠性跛行
 57歳の女性が5年間続く左足の間欠性跛行の評価を受けた.この患者の目標血圧はどの程度でしょうか?More....
(翻訳:加藤哲朗)

腫瘍学(Oncology)
4.早期の卵巣がんを診断するうえで症状は必ずしも有効とは言えない
 最近の研究によると,鼓腸や骨盤痛のような症状は卵巣がんの早期診断には有効でない.More....
(翻訳:石塚尋朗)

心臓病学(Cardiology)
5.非ステロイド抗炎症薬は外科手術後の心のう液貯留を軽減しない
 フランスで行われた小規模な研究によると,ジクロフェナクは心臓手術後の患者の心のう液貯留量も減少させないし,術後後期の心タンポナーデの発症も減少させないことが明らかになった.More....
(翻訳:柳内秀勝)

医療保険(Healthcare coverage)
6.より高い自己負担はより多くの入院につながる
 外来患者のケアに関わる自己負担の増加は,高齢者の病院利用と全ヘルスケア支出を増加させるという新たな知見が得られた.More....
(翻訳:加藤哲朗)

7.UnitedとAetnaは協議コードへの支払いを続ける
 UnitedHealthcareとAetnaは,両社ともにメディケア政策に反し,両社の営利計画のもとでCPT(Current Procedural Terminology:医師診療行為用語)の診療コードに支払い続けると宣言した.More....
(翻訳:石塚尋朗)

FDA最新情報(FDA update)
8.Niproのシリンジと針のセットが回収された
 FDA(訳注:米国食品医薬品局)は先週,多くのインスリン注射用シリンジや針のセットが,製造元であるNipro Medical Corporationによって回収されていると発表した.More....
(翻訳:柳内秀勝)

9.Sibutramineは心血管疾患患者には禁忌
 心血管疾患の既往があり塩酸シブトラミン(Meridia®)を服用している患者は心臓発作と心筋虚血のリスクが増大すると,最近のFDA(訳注:米国食品医薬品局)のレビューで結論付けられた.More....
(訳者注:Sibutramineはいわゆる「やせ薬」として処方されている)
(翻訳:加藤哲朗)

ACP Internistより(From ACP Internist)
10.ACP Internistの2月号はオンラインであなたのメールボックスに届きます
 ACP Internist 2月号はオンラインで,マンモグラフィーガイドラインの議論や,革新的な医学部プログラム,そして感染症研究を掲載しています.More....
(翻訳:石塚尋朗)

Annals of Internal Medicineより(From Annals of Internal Medicine)
11.エディターがハイチ救済に関する論文を求めている
 Annals of Internal Medicineは,エディターが最近発生した地震からのハイチの復興に関する論文を求めていると先週発表した.More....
(翻訳:柳内秀勝)

学会だより(From the College)
12.Internal Medicineの将来の講演会のためのワークショップを提案して下さい
 Clinical Skills Subcommittee(CSSC;訳注:クリニカルスキルズ小委員会)は現在,Internal Medicine 2011に関する提案を受け付けている.CSSCは全ての提案を歓迎するが,身体診察技術,コミュニケーション技術,手技の習得や向上に焦点をあてた対話方式のワークショップを優先的に採用する.More....
(翻訳:柳内秀勝)

13.腰痛に関する新しいACPNetプロジェクト
 ACPはACPの中でも最も長く続いているポピュラーなオンライン診療と質の向上プログラムのひとつであるACPNetシリーズの中に新しいプログラムを紹介している.ACPNet腰痛教育プロジェクトは腰痛を持つ患者の評価と管理の面で医師を手助けすることを目的としている.More....
(翻訳:石塚尋朗)

14.Medical Homeビルダーのための診療改善ウェビナー
 ACPは質の向上に関する新シリーズのウェビナー(オンラインセミナー;訳注:WebとSeminarを組み合わせた造語.ネット上で行われる登録会員制のWebセミナーのこと),「あなたの診療向上への道を計画する―21世紀の患者中心の診療のためのウェビナー」を発表した.More....
(翻訳:柳内秀勝)

風刺画キャプションコンテスト(Cartoon caption contest)
15.そして勝者は…
 ACP InternistWeeklyでは最新の風刺画キャプションコンテストの結果を編集した.そこでは最も独創的で愉快なキャプションを提供できるように審査員と知恵比べをしてくれる読者を探している.More....
(翻訳:加藤哲朗)

 

▲このページのTOPへ