Journals

(更新日 2010年2月22日)
ACP INTERNIST
In the News for the Week of 2-16-10(監修:山前正臣)
文末のMore....をクリックすると英文アブストラクトへアクセスできます.
ハイライト(Highlights)
1.閉経に対するホルモン併用は冠動脈疾患のリスクを低下させない
 エストロゲンとプロゲステロン併用療法は,閉経まもなく治療を開始した女性において最初の3から6年の間は冠動脈疾患のリスクを低下させないと,研究者らは述べた.More....
(翻訳:吉田 博)

2.心血管疾患リスクは片頭痛患者で高い,との研究報告
 新しい研究によると,片頭痛,とくに前兆を伴う片頭痛を有する患者では,心血管疾患のリスクが高い可能性がある,という.More....
(翻訳:白山武司)

自己評価テスト(Test yourself)
3.MKSAPクイズ:肺扁平上皮癌切除後の腎臓の兆候
 65歳男性が1年以上持続する低アルブミン血症,高脂血症,そして緩徐に進行する蛋白尿のため精査される.1年前,彼は肺扁平上皮癌切除術を施行された.この患者の腎臓の兆候を起こしえる最も考えられる原因は何か.More....
(翻訳:山本 卓)

乳癌(Breast cancer)
4.抗うつ薬は,乳癌患者におけるタモキシフェンの効果を弱めるかもしれない
 ある新しい研究によると,選択的セロトニン再取り込み阻害薬であるパロキセチンは,乳癌患者において併せて処方される場合,タモキシフェンの効果を抑制するかもしれない.More....
(翻訳:吉田 博)

血栓塞栓症(Thromboembolism)
5.表在性血栓塞栓患者は,深部静脈血栓も有する可能性
 新しい研究によると,表在性静脈血栓を訴えて受診した患者の多くは深部静脈血栓をすでに併発しているか,または時期をおかずに発症してくる,という.More....
(翻訳:白山武司)

メンタルヘルス(Mental health)
6.DSM-5のために提案された最新情報が公開された
 The American Psychiatric Association(訳注:米国精神医学会)は先週,精神障害の診断と統計マニュアル第5版(DSM-5)において提案されている診断基準を公開した.More....
(翻訳:山本 卓)

FDA最新情報(FDA update)
7.心疾患のない患者に適応となったロスバスタチン
 先週,FDA(訳注:米国食品医薬品局)は,心疾患とは診断されていないが,心疾患リスクが高い患者に対するコレステロール低下薬ロスバスタチン(クレストール®)の適応を認めた.More....
(翻訳:吉田 博)

8.AED,経静脈輸液用具のリコール
 FDA(訳注:米国食品医薬品局)の発表によると,自動体外式除細動器と静脈内輸液用具が先週リコールされた.More....
(翻訳:白山武司)

教育(Education)
9.ICD-10サミットが4月に行われる
 The American Health Information Management Association(訳注:米国医療情報マネジメント協会)の第2回年次ICD-10サミットが2010年4月12,13日,ワシントンD.C.で行われる.More....
(翻訳:山本 卓)

2010年ACP年次総会(Internal Medicine 2010)
10.ACP Job Placement Centerは医師のプロフィルを求めている
 新しい仕事を探している医師は,カナダのトロントでの2010年ACP年次総会で利用できるサービスであるACP Job Placement Centerにプロフィルを提出できる.More....
(翻訳:吉田 博)

学会だより(From the College)
11.ACPは小児肥満対策におけるファーストレディ(大統領夫人)とHHS(訳注:米国保健社会福祉省)を支持する
 ACPは,オバマ大統領,大統領夫人,米国保健社会福祉省,教育省,農務省に対して,小児から思春期の過体重と肥満を減らすための新しい対策を開始した努力を支持する書簡を公表した.More....
(翻訳:白山武司)

風刺画キャプションコンテスト(Cartoon caption contest)
12.ぴったりの見出しはありますか?
 ACP Internist Weeklyでは,最新の風刺画につける見出しと,応募された見出しの選定を手伝ってくれる読者を募集しています.More....
(翻訳:山本 卓)

 

▲このページのTOPへ