Journals

(更新日 2010年3月1日)
ACP INTERNIST
In the News for the Week of 2-23-10(監修:澤木秀明)
文末のMore....をクリックすると英文アブストラクトへアクセスできます.
ハイライト(Highlights)
1.アスピリンと乳癌再発・死亡のリスク減少の関連性
 乳癌の診断後にアスピリンを服用している女性は,再発もしくは原病死が少ない可能性があるとする新しい研究報告.More....
(翻訳:沖 将行)

2.糖尿病性腎症の分類により臨床マネージメントは改善する
 研究委員会は糖尿病性腎症の病理学的分類を作成した.この分類を用いることで患者ケアの指針となる統一システムを提供し,臨床家と腎臓病理医との意思疎通を改善し,研究者達が更に良質な臨床研究を設計することに役立つ.More....
(翻訳:新谷英滋)

自己評価テスト(Test yourself)
3.MKSAPクイズ:うつ病の薬物療法
 37才男性が,定期受診にて,うつ症状を訴えた.彼は,大うつ病と全般性不安障害の診断基準を満たしていた.この患者に対する,最も適切な治療法の選択肢は何か?More....
(翻訳:金原秀雄)

心臓病学(Cardiology)
4.スタチン系薬剤はわずかな糖尿病リスクを伴う
 最新のメタ解析によると,スタチン系薬剤を服用することは患者の糖尿病発症リスクをわずかに高める.More....
(翻訳:新谷英滋)

5.遺伝子リスクスコアは女性の心血管病を予測しない.
 医学論文より作成された遺伝子リスクスコアは,新たな研究によると,女性における全心血管病と有意に関連しなかった.More....
(翻訳:沖 将行)

保健統計(Health statistics)
6.米国の郡ごとの健康状態を評価した新しい報告
 米国で郡ごとの健康状態の階級付けがされたと,Robert Wood Johnson Foundation(訳注:ロバート ウッド ジョンソン財団)から新しい報告がされた.More....
(翻訳:金原秀雄)

FDA最新情報(FDA update)
7.貧血治療薬はリスク管理を要する.
 赤血球造血刺激因子はエポジン,プロクリット,アラネスプといった商品名で販売されている薬であるが,処方と使用に際してリスク管理プログラムが直ちに必要であると,FDA(訳注:米国食品医薬品局)は先週声明を発表した.More....
(翻訳:沖 将行)

8.誤解を招くMAALOX製品の名称が変更される.
 新しいMaalox製品は消費者の誤解を招く恐れがあり,誤用された場合重篤な副作用をひきおこす原因となるとFDA(訳注:米国食品薬品局)は警告した.More....
(翻訳:新谷英滋)

ACP Hospitalistより(From ACP Hospitalist)
9.ACP Hospitalistの次号がオンラインで掲載された
 退院後の電話,スタッフチーム会議とロックスター・ホスピタリストのプロフィールが最新号で特集される.More....
(翻訳:金原秀雄)

学会だより(From the College)
10.アメリカの医療は悪化していると,ACPは年次報告で述べた
 ACPは先週ワシントンDCで行われた合衆国医療に関する年次報告において,医療制度改革の再建は待ったなしであり早急に行動を開始する必要があると,オバマ大統領と議会に訴えた.More....
(翻訳:新谷英滋)

11.ACPのFACPであるSteven WeinbergerはKEVINMDでブログを書いている.
 Steven Weinberger(FACP,ACP執行副理事長代理,医学教育・出版の上級副会長)はKevinMD.comで毎月のコラムを連載している.More....
(翻訳:沖 将行)

12.秋の2010年支部長会決議案を要請
 2010年秋の支部長会にて,連絡される新しい決議案の提出期限が2010年3月23日である.More....
(翻訳:金原秀雄)

風刺画キャプションコンテスト(Cartoon Caption Contest)
13.あなたの好きなキャプションに投票を
 ACP Internist Weeklyの風刺画キャプションコンテスト(cartoon caption contest)は続いています.好きなキャプションに投票して一位を決定しましょう.More....
(翻訳:新谷英滋)

 

▲このページのTOPへ