Journals

ACP Journal Club

(更新日 2005年11月1日)
 ACP Journal Clubの紹介(タイトル和訳)
  March/April 2004 Vol 140 Number 2 (内科専門医会誌 Vol.16 2004 August)
  (福岡大学医学部 第二内科 有島宏明/今泉 聡/木谷嘉博/ 光武ちはる/
光武良晃/村岡聡一/古山正大/柳大三郎/野田慶太/朔啓二郎 )
Therapeutics
Angioplasty at an invasive-treatment center reduced mortality compared with first-contact thrombolysis.
Andersen HR, Nielsen TT, Rasmussen K, et al. N Engl J Med. 2003; 349: 733-42.
ST上昇を伴う心筋梗塞患者を急性期経皮的冠動脈形成術のために侵襲治療の出来る施設へ搬送することは,現場での血栓溶解療法に比べて総死亡率や再梗塞,脳卒中を減少させるのに有効である.

Prolonged antithrombotic pretreatment increased risk for MI or death in unstable coronary syndromes.
Neumann FJ, Kastrati A, Pogatsa-Murray G, et al. JAMA. 2003; 290: 1593-9.

不安定狭心症の患者において心臓カテーテル検査前に長期の抗血栓療法を施行することは重度心筋疾患や30日以内の死亡のリスクを増加させる.

Perindopril reduced cardiac events in stable coronary artery disease.
Fox KM. Lancet. 2003; 362: 782―8.

安定冠動脈疾患をもつ患者にとって,ペリンドプリルは心血管による死亡率や非致死的心筋梗塞,救命可能な心停止を減少させた.

Candesatan reduced mortality and hospital admissions in chronic heart failure.
Pfeffer MA, Swedberg K, Granger CB, et al. Lancet. 2003; 362: 759-66.

慢性心不全の患者においてアンギオテンシン受容体拮抗薬candesartanは,死亡率(特に心血管性),および心不全悪化による入院を減少させる.基礎治療のアンギオテンシン変換酵素阻害薬による治療があろうとなかろうと左室の駆出率の低下した患者には最も有効であった.

Review: Adjuvant corticosteroid therapy reduces death, hearing loss, and nourologic sequelae in bacterial meningitis.
van de Beek D, de Gans J, Mcintyre P, Prasad K. Cochrane Daabase Syst Rev. 2003; (3): CD004305.

急性細菌性髄膜炎になった子供と大人において補助のコルチコステロイド治療は死亡率,聴力障害,そして長期の神経後遺症を減少させる.

Noninvasive ventilation reduced duration of mechanical ventilation and ICU stay more than conventional weaning.
Ferrer M, Esquinas A, Arancibia F, et al. Am J Respir Crit Care Med. 2003; 168: 70-6.

長期に離脱できない機械換気の患者において早期の抜管と非侵襲的な換気は従来の離脱アプローチに比べ機械換気の期間と合併症を減らし,生存率を上げる.

Ethics consultation reduced hospital, ICU, and ventilation days for ICU patient who died before hospital discharge.
Schneiderman LJ, Gilmer T, Teetzel HD, et al. JAMA. 2003; 290: 1166-72.

病院で死亡したICU患者において倫理的コンサルトは在院期間,ICU収容期間,延命のための呼吸管理期間を減少させた.

Conventional-intensity was more effective than low-intensity warfarin therapy for preventing recurrent venous thromboembolism.
Kearon C, Ginsberg JS, Kovacs MJ, et al. N Engl J Med. 2003; 349: 631-9.

原因不明の静脈血栓塞栓症の患者において通常量のワーファリン療法は低用量よりも長期の静脈血栓塞栓症の再発防止に効果的であった.低用量のワーファリン療法は出血の危険性を減少させなかった.

High-and moderate-intensity warfarin regimens did not differ for preventing thrombosis in the antiphospholipid antibody syndrome.
Crowther MA, Ginsberg JS, Julian J, et al. N Engl J Med. 2003; 349: 1133-8.

動脈あるいは静脈血栓の既往のある,または抗リン脂質抗体症候群の患者において高容量のワーファリンは中等量ワーファリンよりも血栓再発予防に対して優れていなかった.

Ximelagatran was noninferior to warfarin in preventing stroke and systemic embolism in atrial fibrillation.
Olsson SB. Lancet. 2003; 362: 1691-8.

虚血性脳卒中のリスクのある心房細動の患者においてximelagatranはワーファリンに比し脳卒中や全身性塞栓症を予防するのに劣っていなかった.

Clarithromycin, lansoprazole, and metronidazole eradicated H. pylori infection in chronic renal insufficiency.
Sheu BS, Huang JJ, Yang HB, et al. Aliment Pharmacol Ther. 2003; 17: 1283-90.

消化不良と慢性の腎機能障害を有する患者においてピロリー菌の駆除を行う場合clarithromycin,lansoprazole,metronidazoleの三者併用療法はclarithromycinまたはlansoprazoleの単独療法に比しより有効で腎毒性が少なく,amoxicillinの量を減少させた.

Review: Prophylactic acetylcysteine reduces contrast nephropathy in chronic renal insufficiency.
Brick R, Kizossok S, Markowetz F, et al. Lancet. 2003; 365: 598-603.

慢性腎不全の患者においてprophylactic acetylcysteineを加えた水分補給は単独よりも造影剤による腎症の発生頻度を減少させる.

Review: Catechol O-metyl transferase inhibitors plus L-dopa and some surgical interventions improve Parkinson disease symptoms.
Levine CB, Fahrbach KR, Siderwf AD, et al. Evid Rep Technol Assess(Summ). 2003 May; (57): 1-4.

進行したパーキンソン病患者においては,COMT(catechol O-methyl transferase)阻害薬は症状を改善し,深部の脳刺激や胎児の細胞移植はonの状態を減少する.

Oral iron therapy reduced unexplained fatigue in nonanemic women with serum ferritin level > 50μg/L.
Verdon F, Burnard B, Fallab Stubi CI, et al. BMJ. 2003; 326: 1124-7.

原因不明の倦怠感のある貧血でない女性において経口鉄剤の治療は倦怠感の程度を改善する.血清フェリチン>50μg/Lの女性においても改善が認めあられるかどうかは不明である.

Review: Communication of individualized risk estimates improves uptake of screening procedures.
Edwards A, Unigwe S, Elwyn G, et al. BMJ. 2003; 327: 703-9.

スクリーニングプログラムに参加するかどうか考慮中の人たちにおいてスクリーニングの手順をより理解してもらうためには個人的リスク評価のコミュニケーションのほうがリスクの一般的な情報よりも効果的である.

Review: Prophylactic use of β-carotene may increase the risk for all-cause mortality and cardiovascular death.
Vivekananthan DP, Penn MS, Sapp SK, et al. Lancet. 2003; 361: 2017-23.

心血管イベントのリスクをもつ者においてβ-caroteneは全死亡率や心血管イベントによる死亡率を増加させるかもしれない.一方,ビタミンEに関しては死亡率に一切影響を及ぼさなかった.

Estrogen plus progestin did not reduce the risk for coronary heart disease in postmenopausal women.
Manson JE, Hsia J, Johnson KC, et al. N Engl J Med. 2003; 349: 523-34.

閉経の女性においてエストロゲンと黄体ホルモンの補充療法を開始した最初の年は虚血性心疾患のリスクは上昇する.長期の観察においても虚血性心疾患のリスクは低下しなかった.

Dietary supplements containing red clover extracts were no better than placebo for hot flashes in menopause.
Tice JA, Ettinger B, Ensrud k, et al. JAMA. 2003; 290: 207-14.

更年期障害の女性においてムラサキツメクサの抽出成分(PromensilとRimostil)を配合した補助食品はプラセボに比し顔面紅潮の減少や閉経後の生活の質において差はなかった.副作用においても両群に差はみられなかった.

Review: More frequent compared with less frequent chest radiographic screening may increase lung cancer mortality.
Manser RL, Irving LB, Byrnes G, et al. Thorax. 2003; 58: 784-9.

頻回な胸写でのスクリーニングはより少ない胸写のスクリーニングと比べ肺癌の死亡率を増加させるかもしれない.喀痰細胞診を加えた胸写での肺癌スクリーニングは胸写だけのスクリーニングと比べ肺癌の死亡率は減少しない.

Prognosis
Review: High initial pain intensity is associated with persisting symptoms after whiplash.
Scholten-Peeters GG, Verhagen AP, Bekkering GE, et al. Pain. 2003; 104: 303-22.

むち打ちの患者においていくつかの予後決定因子の中で初期の痛みの程度のみが持続する症状と関係しており,その他の6個の因子は遅延する機能回復とは関係しない.

D-dimer levels<250ng/mL after oral anticoagulation predicted a low risk for recurrent venous thromboembolism.
Eichinger S, Minar E, Bialonczyk C, et al. JAMA. 2003; 290: 1071-4.

原因不明の初発の静脈血栓塞栓症患者において経口の抗凝固療法を中止した後のD-dimerレベルが250ng/ml以下であれば再発の危険性が少ない.

Quality Improvement
Review: Interventions focusing on patient behaviors in provider-patient interactions improve diabetes outcomes.
Van Dam HA, van der HORST F, van den Borne B, et al. Patient Educ Couns. 2003; 51: 17-28.

糖尿病を有する患者において患者の生活改善に関するプロバイダーの介入はに比べて医師への介入に比し良い結果が出ているようである.

Review: Ordering medications by computer can reduce medication errors.
Kaushal R, Shojania KG , Bates DW. Arch Intern Med. 2003; 163: 1409-16.

コンピュータオーダリングシステムと臨床診断サポートシステムのような薬剤オーダリング時の防止機構は投薬ミスの軽減に有効である.

Clinical Prediction Guide
Platelet count/spleen diameter ratio predicted the presence of esophageal varices in liver cirrhosis.
Giannini E, Botta F, Borro P, et al. Gut. 2003; 52: 1200-5.

肝硬変の患者において血小板数/脾直径比は食道静脈瘤の存在を予測するのに100%の感度を有するが特異性はばらつきを見せた.