Journals

ACP Journal Club

(更新日 2006年8月7日)
 ACP Journal Clubの紹介(タイトル和訳)
  November/December 2005 Vol 143 Number 2
  (福岡大学医学部 第二内科   高宮陽介/今泉 聡/有島宏明/木谷嘉博/福田祐介/三戸隆裕/野田慶太/朔啓二郎 )
 
Therapeutics
Cardiac resynchronization reduced death and hospitalization in heart failure and cardiac dyssynchrony.
Cleland JG, Daubert JC, Erdmann E, et al. N Engl J Med. 2005;352:1539-49.

心不全や心拍調律不全の患者において心拍の再同期は心血管のイベントによる死亡率や入院を減少させた.

Review: Early supported discharge reduces death or dependence after stroke.
Langhome P, Taylor G, Murray G, et al. Lancet. 2005;365:501-6.

脳卒中で入院している患者において自宅でのリハビリを含めた早期の退院指導介助は通常の院内治療よりも死亡率や障害を減少させる.

Folate plus vitamin B12 reduced hip fractures in patients with poststroke hemiplegia.
Sato Y, Honda Y, Iwamoto J, Kanoko T, Satoh K. JAMA. 2005;293:1082-8.

葉酸とビタミンB12の併用療法は,脳卒中後の片麻痺のある患者において2年後の大腿骨骨折のリスクを減少させた.

Warfarin was not more effective than aspirin and increased adverse events in symptomatic intracranial arterial stenosis.
Chimowitz MI, Lynn MJ, Howlett-Smith H, et al. N Engl J Med. 2005;352:1305-16.

症候性の頭蓋内動脈狭窄の患者においてワーファリンはアスピリンよりもより効果的ではなく,全死亡率や重大な出血,心筋梗塞または突然死の率を増加させた.

Low-dose aspirin lowered stroke risk but not risk for MI or cardiovascular death in women.
Ridker PM, Cook NR, Lec IM, et al. N Engl J Med. 2005;352:1293-304.

低容量アスピリンは脳卒中のリスクを低下させるが,心筋障害や心血管障害による死亡は低下させない.

Recombinant activated factor VII given within 4 hours of intracerebral hemorrhage reduced hematoma growth.
Mayer SA, Brun NC, Begtrup K, et al. N Engl J Med. 2005;352:777-85.

脳内出血の患者において発症4時間以内の合成活性型Z因子(rFZa)の投与は,プラセボに比較して24時間後の血腫の増大を減させた.rFZaの投与は90日後の死亡および好ましくない結果を減少させた.

Review: Endovascular treatment and carotid endarterectomy do not differ for carotid stenosis.
Coward LJ, Featherstone RL, Brown MM. Stroke. 2005;36:905-11.

頚動脈狭窄症の患者において血管内膜治療と頚動脈内膜切除術でのリスクと利益とに違いはない.

Protein-energy supplementation of normal hospital diet did not improve outcomes after recent stroke.
The FOOD Trial Collaboration. Lancet. 2005;365:755-63.

通常の病院食からの経口蛋白エネルギー補給は,急性期の脳卒中で入院した患者の予後を改善しなかった.

Timing and route of enteral tube-feeding did not reduce death or poor outcome in stroke and dysphagia.
The FOOD Trial Collaboration. Lancet. 2005;365:764-72.

急性期の脳卒中で嚥下障害のある患者において,経管栄養の早期開始は7日以上の非経管栄養と比較して死亡や予後不良を減らすことはなく,経皮的内視鏡胃瘻造設術による腸管栄養は経鼻胃管栄養と比較して死亡や予後不良を減らすことはなかった.

Atorvastatin at 80mg/d reduced major cardiovascular events more than atorvastatin at 10 mg/d in stable coronary heart desease.
LaRosa JC, Grundy SM, Waters DD, et al. N Engl J Med. 2005;352:1425-35.

安定した冠動脈疾患の患者において強化アトロバスタチン治療(80mg/d)は中等度のアトロバスタチン治療(10mg/d)よりも主要な心血管イベントを減らすのにより有効であった.

Screening for abdominal aortic aneurysm (AAA) reduced AAA mortality in Danish men 64 to 72 years of age.
Lindholt JS, Juul S, Fasting H, Henneberg EW. BMJ. 2005;330:750.

64歳から73歳までのデンマーク男性において腹部大動脈瘤のスクリーニングは腹部大動脈瘤による特異的死亡率を減少させたが,総死亡率は減少させなかった.

Streptokinase did not reduce mortality or need for surgical drainage in pleural infection.
Maskell NA, Davies CW, Nunn AJ, et al. N Engl J Med. 2005;352:865-74.

胸膜感染の患者においてストレプトキナーゼはプラセボと比較して死亡率,外科的ドレナージの必要性,入院期間を減少させなかった.

A smoking cessation program plus inhaled iprotropium improved survival in smokers with asymptomatic airway obstruction.
Anthonisen NR, Skeans MA, Wise RA, et al. Ann Intern Med. 2005;142:233-9.

無症候性気道閉塞を伴う喫煙者において禁煙プログラムとiprotropiumの吸入は全死亡率に対して通常治療よりも効果的であった.

Review: Low-dose dopamine does not reduce mortality or need for renal replacement therapy.
Friedrich JO, Adhikari N, Herridge MS, Beyene J. Ann Intern Med. 2005;142:510-24.

腎障害を伴うもしくはその危険性のある患者において低用量ドパミン投与は死亡率,腎移植治療に対する必要性を減少させない.検査所見の改善は,短期的であり,臨床的な重要性は疑わしい.

Intensive insulin-glucose infusion regimens with long-term or standard glucose control did not differ for reducing mortality in type 2 diabetes mellitus and MI.
Malmberg K, Ryden L, Wedel H, et al Eur Heart J. 2005;26:650-61.

2型糖尿病で急性心筋梗塞の患者において,長期間のインスリンコントロールをするインスリン・グルコース療法は,標準的血糖コントロールをするインスリン療法よりも生存率の改善に対し優れていなかった.

Review: Mixed signals from trials concerning pharmacologic prevention of type2 diabetes mellitus.
PadwalR,MajumdarJA,Varney J,McalisterFA. Diabetes Care 2005;28:736-44.

2型糖尿病患者においてある経口血糖降下薬や抗肥満薬は,糖尿病の頻度を低下させるかもしれないが,その所見は一定のものでなく,多くの研究では経過観察を行なった患者数も少なく,薬剤に関連した胃腸障害の副作用が多く見られる.

Amlodipine or lisinopril was not better than chlorthalidone in reducing renal outcomes in hypertension and impaired renal function.
Rahman M, Pressel S, Davis BR, et al. Arch intern Med. 2005;165:936-46.

高血圧患者においてamlodopineもしくはlisinoprilはchlorthalidoneに比して末期腎不全を減少させるのに,たとえ腎機能の低下を認めた患者に投与したとしても,勝ってはなかった.

Alendronate reduced clinical and radiographic vertebral fractures in postmenopausal women with osteopenia.
Quandt SA, Thompson DE, Schneider DL, Nevitt MC, Black DM. Mayo Clin Proc. 2005;80:343-9.

骨粗鬆症を有している更年期女性においてアンドロネートはプラセボに比して臨床的,放射線学的椎骨骨折のリスクを減少させた.骨折を有さない女性ではリスクの軽減は少ないが,統計的に有意でなかった.

Review:  Good evidence supports polyethylene glycol and tegaserod for constipation.
Ramkumar D, Rao SS. Am J Gastroenterol. 2005;100:936-71.

便秘の患者においてポリエチレングルコースやtegaserodは有効性を示す優れた根拠があり,ラクツロースやオオバコも有効性を示すいくらかの根拠がある.

Review:  Bright-light therapy and down simulation reduce symptom severity in seasonal
Affective disorder.
Golden RN,Gaynes BN,Ekstrom RD,et al. Am J Psychiatry. 2005;162:656-62.

光線療法はプラセボに比較して季節的な感情障害や季節に関係ないうつに対するうつ症状の重症度を軽減させる.夜明け様効果は季節性感情障害の症状の重症度を軽減させる.標準的な薬物治療への光線療法の追加はプラセボに比較して非季節性のうつに対し差はない.

Review: 7-day proton-pump inhibitor-based triple therapy is as effective as > 7 days of the same regimen for healing H. pylori-associated peptic ulcer.
Gisbert JP,Pajares JM. Aliment Pharmacol Ther. 2005;21:795-804.

ヘリコバクターピロリに感染しており,消化性潰瘍の有している患者においてプロトンポンプ阻害薬を基礎薬とした7日間の三剤併用療法は同処方の7日以上の投与に比し消化性潰瘍の治癒に関して同様の効果である.

Review: Several pharmacologic therapies promote modest weight loss.
Li Z,Maglione M,Tu W,et al.Ann Intern Med. 2005;142:532-46.

Body mass indexが27kg/m2以上の肥満成人においてsibutramine,phentermine,orlistat,diethylpropion,bupropoin,topiramate,fluoxetineは平均的に6ヶ月で1から7kgの体重減少を引き起こした.

Review: Sparse high-quality evidence supports surgery for obesity.
Maggard MA,Shugarman LR,Suttorp M,et al. Ann Intern Med.2005;142:547-59.

主に観察研究より得られた成果によればBMIが40kg/u以上の患者において肥満に対する外科的治療は非外科的治療より減量やいくつかの肥満関連因子のコントロールに有効である.

 

Diagnosis
Review:Helical CT has better discriminatory power than ventilation-perfusion scan to exclude pulmonary embolism.
Hayashino Y,Goto M,Noguchi Y,Fukui T. Radiology. 2005;234:740-8.

肺塞栓の除外においてヘリカルCTは換気血流シンチグラムよりその鑑別能に優れているが,換気血流シンチグラムの結果が肺梗塞の可能性がかなり高いと報告している場合,この2つの検査の診断能力は等しい.

Prognosis
Review:  B-type natriuretic peptide consistently predicts death and cardiovascular events in heart failure.
Doust JA,Pietzak E,Dobson A,Glasziou PP. BMJ.2005;330:625.

心不全患者においてB型ナトリウム利尿ペプチドやその前駆物質であるN終端の前脳性ナトリウム利尿ペプチドの高値は死や心血管イベントのリスクの増加と常に関連している.