Journals

ACP Journal Club

(更新日 2006年8月7日)
 ACP Journal Clubの紹介(タイトル和訳)
  March/April 2006 Vol 144 Number 2
  (福岡大学医学部 第二内科   三戸隆裕/今泉 聡/有島宏明/木谷嘉博/福田祐介/高宮陽介/野田慶太/朔啓二郎 )
 
Therapeutics
Clopidogrel before percutaneous coronary intervention reduced cardiovascular outcome in ST-elevation myocardial infarction.
Sabatine MS, Cannon CP, Gibson CM, et al. JAMA.2005;294:122-32

血栓溶解薬にて治療されたST上昇を伴う心筋梗塞患者において経皮的血管形成術前のclopidogrelの前投与は,心血管死,心筋梗塞の再発,脳卒中を減少させた.

An early invasive strategy was not better than a selectively invasive strategy for acute coronary syndromes.
de Winter RJ, Windhausen F, Cornel JH, et al. N Engl J Med. 2005;353:1095-104

急性冠症候群で適切な薬物治療を受けた患者において早期の侵襲的な治療は選択的な侵襲的な治療と比較して有効ではなかった.

First-line treatment with colchicine reduced recurrent pericarditis.
Imazio M, Bobbio M.Cecchi E, et al. Arch Intern Med.2005;165:1987-91

再発性の心膜炎患者において一般的な治療であるaspirinやprednisoneにcolchicineを加えると一般的な治療に比較して心膜炎の再発を減らした.

Amlodopine plus perindopril was better than atenolol plus bendroflumethiazide for reducing complications in hypertension.
Dahlof B, Sever PS, Poulter NR, et al. Lancet.2005;366:895-906

高血圧患者においてamlodipineとperindoprilの併用はatenololとbendroflumethiazideの併用と比較して非致死的な心筋梗塞や致死的な冠イベントの発生率に差は認めなかった.しかし,amlodipineとperindoprilの併用は,全死亡率,脳卒中,全冠動脈イベント,全脳血管イベントとその処置,全脳血管死亡率を有意に減少させた.

Review: Long-term anticoagulation reduces recurrent venous thromboembolism.
Ost D, Tepper J, Mihara H, et al. JAMA.2005;294:706-15

静脈血栓塞栓症の患者において長期間の抗凝固療法は再発を予防し,主要な出血を増加させず,この臨床的な利益は治療中止後も部分的に持続する.

Pioglitazone did not reduce a composite endpoint of macrovascular complications and increased risk for heart failure in type 2 diabetes with macrovascular disease.
Dormandy JA, Charbonnel B, Eckland DJ, et al. Lancet.2005;366:1279-89

2型糖尿病と大血管疾患の患者においてpioglitazoneは一次もしく予測された二次エンドポイントを減少させなかった.pioglitazoneの使用により全死亡率,非致死的な心筋梗塞,脳卒中などの主要二次エンドポイントは減少したが,心不全の発生率は増加した.

Review: Lorazepam provides the best control for status epilepticus.
Prasad K, Al-Roomi K, Krishnan P, Sequeira R. Cochrane Database Syst Rev. 2005;(4):CD003723

てんかん状態の患者においてlorazepamはdiazepam,phenytoin,プラセボよりけいれん発作の停止に有効であり,diazepamはプラセボよりも有効であった.
lorazepamはプラセボやdiazepamと比較して異なる薬剤や全身麻酔を必要とするてんかんの防止に有効であり,diazepamはプラセボより有効であった.

Review: Atypical antipsychotic drugs increase risk for death in dementia.
Schneider LS, Dagerman KS, Insel P. JAMA. 2005;294:1934-43

認知症の高齢者において非定型的抗精神病薬はプラセボよりも死亡の危険を増加させる.

Review: Only women with specific family histories should be referred for counseling or evaluation for BRCA breast and ovarian cancer susceptibility.
Nelson HD, Huffman LH, Fu R, Harris EL. Ann Intern Med. 2005;143:362-79
U.S. Preventive Services Task Force. Ann Intern Med. 2005;143:355-61

特に家族歴上高リスクの女性では平素より乳癌や卵巣癌の感受性遺伝子BRCAの変異についての遺伝子相談や検査を受けるべきである.特に家族歴上危険性のない女性はその必要はない.

Direct decompressive surgery plus radiotherapy improved the ability to walk in spinal cord compression caused by metastatic cancer.
Patchell RA, Tibbs PA,Regine WF, et al. Lancet.2005;366:643-8

転移性癌による脊髄圧迫を有する患者において直接的な減圧術に放射線照射を加えると放射線照射単独よりも歩行能力を改善させた.

Review: Bisphoshonates prevent or delay skeletal events in women with advanced breast cancer and bone metastases.
Pavlakis N,Schmidt RL,Stockler M. Cochrane Database Syst Rev. 2005;(3):CD003474

進行した乳癌および臨床上明らかな骨転移を有する女性においてbisphosphonatesは骨イベントの発生率を減らすが,生存率への影響はない.

Levofloxacin prevented fever and infection during prolonged chemotherapy-induced neutropenia.
Bucaneve G, Micozzi A, Menichetti F, et al. N Engl J Med. 2005;353:977-87

化学療法後の好中球減少が持続するリスクのある患者においてlevoflaxacintと予防的抗生物質の投与は,発熱や細菌感染症の発生率を抑制した.

900mg daily of gabapentin was effective for hot flashes in women with breast cancer.
Pandya KJ, MorrowGR, Roscoe JA, et al. Lancet.2005;366:818-24

乳癌の女性患者においてgabapentinの一日900mg投与はプラセボに比較して顔面紅潮の治療に有効である.

Antibacterial prophylaxis reduced the incidence of fever in patients receiving chemotheraphy for solid tumors or lymphoma.
Cullen M Steven N, Billingham L, et al. N Eng J Med. 2005;353:988-98

固形腫瘍もしくはリンパ腫で化学療法を受けており,細菌感染のリスクが高い患者において予防的抗菌薬の投与は化学療法の第一クールおよび全治療期間において発熱の頻度を抑制した.

Drotrecogin-α(actived) did not reduce death and increased bleeding in patients with severe sepsis and low risk for death.
Abraham E , Laterre PF, Garg R, et al. N Eng J Med.2005;353:1332-41

死亡リスクの少ない重症敗血症患者においてdrotrecogin-α(活性型)は致死率を減らさず,重篤な出血を増加させた.

Cognitive behavioral therapy delivered by telephone reduced depression in multiple sclerosis with functional impairment.
Mohr DC, Hart SL, Julian L, et al. Arch Gen Psychiatry. 2005;62:1007-14

機能障害があり,うつに対して電話による心理療法を受けている多発性硬化症の患者において認知行動療法は支持的感情集中療法よりも16週の時点で有効であった.

Review: Saccharomyces boulardii reduces risk for antibiotic-associated diarrhea.
Szajewska H, Mrukowicz J. Aliment Pharmacol Ther. 2005;22:365-72

Saccharomyces boulardiiを抗生剤と併用すると抗生剤関連の下痢を減らすことができる.

Diagnosis
Review: The Wells rule is more useful than individual clinical features for predicting risk for deep venous thrombosis.
Goodacre S, Sutton AJ, Sampson FC. Ann Intern Med. 2005;143:129-39

症状を有する患者において個々の臨床上の特徴は深部静脈血栓症(DVT)の存在を予測するのに限定的な有用性しかない.構造化された臨床的リスクスコア(Wells score)と医者の経験による評価は,DVTの発見により有用な情報を与える.

The Wells rule was not useful in ruling out deep venous thrombosis in a primary care setting.
Oudega R, Hoes AW, Moons KG. Ann Inter Med. 2005;143:100-7

プライマリケアの段階においてWells ruleは症状を有する患者において深部静脈血栓症を除外するのに有用でなかった.Dダイマーテストを加えると感度と陰性予測値は増加したが,特異性に乏しかった.

B-type natriuretic peptide level had reduced specificity for diagnosing heart failure in dyspnea with atrial fibrillation in the emergency department.
Knudsen CW, Omland T, Clopton P, et al. J Am Coll Cardiol. 2005;46:838-44

救急部に運び込まれた呼吸困難の患者においてBNPの閾値を100pg/mL以上に設定した場合,心房細動がないときよりも心房細動を呈しているときの心不全の診断で感度は高くなるが特異度は低くなった.

Review: Medical history, physical examination, and routine tests are useful for diagnosing heart failure in dyspnea.
Wang CS, FitzGerald JM, Schulzer M, Mak E, Ayas NT. JAMA. 2005;294:1944-56

救急部に運び込まれた呼吸困難の成人において心不全の診断のための有用な所見は,以下の順で,肺静脈うっ血,間質性浮腫,III音聴取,心不全の既往,頸静脈怒張である.
心不全を除外するための有用な所見は,以下の順で,BNPが100pg/mL未満,心拡大および肺静脈うっ血および肺性ラ音および労作時呼吸困難および心不全の既往の欠如である.

 

Prognosis
Recurrent stroke rate was higher than coronary heart disease rate in the first year after stroke but similar after the first year.
Kaplan RC, Tirschwell DL, Longstreth WT Jr., et al. Neurology. 2005;65:835-42

非致死性脳卒中で初回入院の高齢患者において最初の1年目での脳卒中再発率は冠動脈疾患発症率よりも高かったが,その比率は1年目以降では同じであった.

Incidence of end-stage renal disease in patients with type 1 diabetes was 7.8% at 30 years after diagnosis.
Finne P, Reunanen A, Stenman S, et al. JAMA. 2005;294:1782-7

30歳以前に1型糖尿病と診断された患者において末期腎不全リスクは診断後20年で2.2%であった.リスクは男女とも同等で,5歳以下で診断された患者が最も低値であった.死亡リスクは診断後20年で6.8%であり,女性でより若い時に診断された方が低かった.

 

Economy
Prophylactic implantable cardioverter-defibrillators increased life expectancy with an acceptable cost-effectiveness ratio.
Sanders GD, Hlatky MA, Owens DK. N Engl J Med. 2005;353:1471-80

除細動器により死亡率が低下することが証明されているような,左室収縮機能障害により突然死のリスクのある患者において予防的除細動器の植え込みは,生活の質を考慮した生存期間一年につき34000〜70200ドルの対費用効果があった.

Clinical prediction guide
The Canadian CT Head Rule was as sensitive as, but more specific than, the New Orleans Criteria for identifying minor head injury.
Stiell IG, Clement CM, Rowe BH, et al. JAMA. 2005;294:1511-8

軽度の頭部外傷を持つ患者においてカナダ頭部CT基準とニューオリンズ診断基準は,脳神経外科的治療の必要性や臨床的に重要な脳障害を予測するのに感度が高かった.カナダ頭部CT基準はニューオリンズ診断基準よりも特異性が高かった.