Journals

ACP Journal Club

(更新日 2006年8月4日)
 ACP Journal Clubの紹介(タイトル和訳)
  May/June 2006 Vol 144 Number 3
  (福岡大学医学部 第二内科   有島宏明/三戸隆裕/今泉 聡/福田祐介/高宮陽介/木谷嘉博/野田慶太/朔啓二郎 )
 
Therapeutics
Review: Antibiotic prophylaxis reduces mortality in patients with neutropenia after chemotherapy.
Gafter-Gvili A, Paul M, et al. Cochrane Database Syst Rev. 2005;(4):CD004386.
Gafter-Gvili A, Paul M, Leibovici L. Ann Intern Med. 2005;142:979-95.

化学療法後の無発熱性好中球減少症患者において抗生物質の予防投与は全死亡率と感染による死亡率を減少させるが,副作用を増加させる.

Addition of clopidogrel to aspirin, but not early use of metoprolol, improved overall outcome in acute myocardial infarction.
COMMIT Collaborative Group. Lancet. 2005;366:1607-21.
COMMIT Collaborative Group. Lancet. 2005;366:1622-32.

24時間以内に入院した急性心筋梗塞の疑いのある患者において,aspirin(またはその他の標準的治療)にclopidogrelを加えると複合エンドポイントである死亡,再梗塞,脳卒中のリスクを減少させ,重大な出血のリスクを増加させなかった.metoprololの早期の静脈投与とその後の経口投与は,複合エンドポイントである死亡,再梗塞,心停止などを減少させなかった.また,心原性ショックのリスクを増加させ,特に入院後2日以内に認められたが,再梗塞と心室細動のリスクは減少した.

Rescue angioplasty reduced cardiovascular and cerebrovascular outcomes in acute MI after failed thrombolytic therapy.
Gershlick AH, Stephens-Lloyd A, Hughes S, et al. N Engl J Med. 2005;353:2758-68.

血栓溶解療法を失敗した急性心筋梗塞の患者において救済目的の血管形成術は,死亡,心筋梗塞の再発,脳血管のイベント,重篤な心不全の複合エンドポイントを減少させた.

Review: Evidence supporting reduced death and reinfarction by percutaneous coronary intervention after thrombolysis is inconclusive.
Cantor WJ, Brunet F, Ziegler CP, Kiss A, Morrison LJ. CMAJ.2005;173:1473-81.

入院前または市中病院の救急部でST上昇を認めた心筋梗塞患者を対象とした8つの臨床試験のメタアナリシスでは,緊急または早期(24時間以内)の経皮的冠動脈形成術は死亡と再梗塞の減少を示さなかった.ステント使用期の臨床試験では,減少を示す.

Review: Cholesterol-lowering treatment with statins reduces all-cause mortality in persons at risk.
Baigent C, Keech A, Kearney PM, et al. Lancet. 2005;366:1267-78. Epub 2005 Sep27.

スタチンによるコレステロール低下療法は,非血管性死亡率を増加させずに全死亡率と冠動脈疾患死亡率を減少させる.さらに,スタチン療法はLDLコレステロール1 mmol/L減少につき,主要な冠動脈イベントを相対的に23%,主要な血管イベントを21%減少させる.

Intensive insulin therapy reduced cardiovascular disease in type 1 diabetes.
Nathan DM, Cleary PA, Backlund JC, et al. N Engl J Med. 2005 Dec;353:2643-53.

1型糖尿病患者において長期間の強化インスリン療法は,心血管イベントを減少させた.

Review: Angiotensin-converting enzyme inhibitors and angiotensin-receptor blockers prevent type 2 diabetes.
Abuissa H, Jones PG, Marso SP, O’Keefe JH Jr. J Am Coll Cardiol. 2005;46:821-6.

高血圧または心血管リスクファクターを有する患者においてアンジオテンシン変換酵素阻害薬とアンジオテンシン受容体拮抗薬は2型糖尿病の進展を予防する.

Long-term fenofibrate therapy did not reduce major coronary events but may reduce total CVD events in type 2 diabetes mellitus.
Keech A, Simes RJ, Barter P, et al. Lancet. 2005;366:1849-61.

2型糖尿病患者において長期間のフィブラート療法は主要な冠動脈イベントを減少させないが,全ての心血管イベントを減少させる可能性がある.

Review: Cardioselective β-blockers do not produce adverse respiratory effects in COPD.
Salpeter S, Omiston T, Salpeter E. Cochrane Database Syst Rev. 2005;4:CD003566.

慢性閉塞性肺疾患の患者において心臓選択的β遮断薬は1秒量を変化させず,呼吸器症状を増悪させなかった.

Review: β-blockers are less effective than other antihypertensive drugs for reducing risk for stroke in primary hypertension.
Lindholm LH, Carlberg B, Samuelsson O. Lancet. 2005;366:1545-53.

本態性高血圧患者においてβ遮断薬はプラセボや未治療よりも脳卒中のリスクを減少させる.他の降圧薬と比較するとβ遮断薬は脳卒中に対する危険性を増加させる.

A nonselective β-blocker did not prevent gastroesophageal varices in cirrhosis and portal hypertension.
Groszmann RJ, Garcia-Tsao G, Bosch J, et al. N Engl J Med. 2005;353:2254-61.

肝硬変や門脈圧亢進症の患者において非選択的β遮断薬は食道胃静脈瘤の進展を予防しなかった.

Bypass surgery and balloon angioplasty did not differ for amputation-free survival in severe limb ischemia.
Adam DJ, Beard JD, Cleveland T, et al. Lancet. 2005;366:1925-34.

重度の下肢虚血患者においてバイパス手術またはballoon血管形成術による初期治療は下肢切断なしの生存に差は認めなかった.バイパス手術の方が医療費がかかった.

Review: A pulmonary artery catheter does not reduce mortality or hospital days in critically ill patients.
Shah MR, Hasselblad V, Stevenson LW, et al. JAMA.2005;294:1664-70.

重篤な患者において肺動脈カテーテルの実施は入院中の全死亡率や入院日数を減らさない.

Low-dose iron supplementation was effective in older patients with iron-deficiency anemia.
Rimon E, Kagansky N, Kagansky M, et al. Am J Med.2005;118:142-7.

鉄欠乏性貧血の高齢者においてヘモグロビンの上昇は鉄補給量が低容量(15mg,50mg/日)であろうが常用量(150mg/日)であろうが差はなかった.最低容量の鉄補給において副作用が最も少なかった.

Initial combination therapy with prednisone or infliximab improved outcomes in early rheumatoid arthritis more than the DMARDs alone.
Goekoop-Ruiterman YP, de Vries-Bouwstra JK, Allaart CF,et al. Arthritis Rheu.2005;52:3381-90.

早期の関節リウマチ患者において初期治療としてprednisoneまたはinfliximabの抗リウマチ薬との併用は,抗リウマチ薬単剤の経時的変更療法や経時的追加併用療法と比較して,関節障害が少なく,機能改善があるという結果であった.

Prednisolone plus a disease-modifying antirheumatic drug improved outcomes in early rheumatoid arthritis.
Svensson B, Boonen A, Albertsson K,et al. Arthritis Rheum.2005;52:3360-70.

早期の関節リウマチ患者において初めての抗リウマチ薬に加えて低容量のprednisoloneを投与すると関節障害と疾患活動性を減らした.

Oral mycophenolate led to more complete remissions than intravenous cyclophoshamide for active lupus nephritis.
Ginzler EM, Dooley MA, Aranow C, et al. N Engl J Med.2005;353:2219-28.

活動性のループス腎炎患者において糖質コルチコイドの投与に加えて,mycophenolateの経口投与はcyclophosphamideの静脈投与に比べ完全寛解へ導入できた患者が多かった.

Oral contraceptives did not increase risk for flare in women with systemic lupus erythematosus.
Perri M, Kim MY, Kalunian KC,et al. N Engl J Med.2005;353:2550-8.

安定した全身性ループスエリテマトーシスの若年女性において経口避妊薬の併用は重度または軽度から中等度のループス皮膚疾患のリスクを増加させなかった.

Diagnosis
Review:Capsule endoscopy has high yield for small bowel findings in obscure gastrointestinal bleedings.
Trister SL, Leighotn JA, LEontiadis GL, et al. Am J Gastroenterol.2005;100:2407-18.

胃消化管出血の部位が不明確な患者においてカプセル型内視鏡は従来の挿入型内視鏡や小腸消化管造影に比べ,診断的価値のある異常を同定するのに優れている.

Prognosis
Family history and dysplastic nevi increased risk for multiple primary melanomas after an initial melanoma.
Ferrone CR, Ben Porat L, Panageas KS, et al JAMA.2005;294:1647-54.

初発の悪性黒色腫の患者において多発性悪性黒色腫の頻度は8.6%であった.家族歴や異形成の母斑を有するものは多発性悪性黒色腫のリスクが更に増大した.

Etiology
Being overweight or obese was associated with a greater risk for end-stage renal disease.
Hsu CY, McCulloch CE, Iribarren C, Darbinian J, Go AS. Ann Intern Med.2006;144:21-8.

一般市民の男女において過体重や肥満は末期腎疾患の危険性の増加に関与していた.

Quality improvement
Review: Care assisted by nurses or pharmacists provides better blood pressure control.
Fahey T, Schroeder K, Ebrahim S. Br J Gen Pract.2005;55:875-82.

高血圧治療中の患者において血圧コントロールを改善させるための組織的または教育的治療方法は異なった効果を生む.看護師や薬剤師による治療は血圧コントロールの改善を示すが,研究結果は一定ではなく,結論の証明にまで至っていない.

Moderate-and high-intensity implementation of guidelines increased outpatient care of low-risk pneumonia.
Yealy DM, Auble TE, Stone RA, et al. Ann Intern Med.2005;143:881-94.

市中肺炎の患者において中等もしくは強度の治療ガイドラインは,軽度の治療ガイドラインに比較して低リスクの外来患者の治療に多く用いられた.強度の治療ガイドラインの場合,推奨されている治療法が増加した.

A clinical decision support system reduced antimicrobial use for acute respiratory tract infections in rural settings.
Samore MH, Bateman K, Alder SC, et al. JAMA.2005;294:2305-14.

地域のプライマリケアにおいて臨床診断支援システムに地域介入を加えた方が地域介入のみに比べると急性呼吸器感染症に対する抗菌薬の使用を減少させた.