Journals

ObserverWeekly

(更新日 2005年11月7日)
 In the News for the Week of 11-1-05(監修:石橋大海)
 
文末のMore...  をクリックすると英文アブストラクトへアクセスできます.
災害救助 (Disaster relief)
1.
フロリダの病院や医師たちが需要に応えるべく集まった
 
先週,西フロリダにある病院の救急室は溢れかえって駐車場も使わねばならないほどだった .ハリケーン・ウィルマ後の多くの患者に対応するためである.慢性疾患を有する患者は処方や医師へのアクセスを失い,停電で医療機器は使えなくなり,住民はストレス関連の心疾患の症状に苦しめられた .More... (訳:岩田健太郎)
医学ニュース・ヘッドライン (Clinical news in the headlines)
2.Annals of Internal Medicine:小児癌罹患者の生存者と心臓リハビリテーションプログラム 

小児癌罹患後の長期生存成人の機能予後に関する報告と,心臓発作を起こした患者に対するさまざまな心臓リハビリテーションプログラムの二次予防効果(生存率と生活機能の改善)に関するメタアナリシスの報告がなされている .More... (訳:若月芳雄)

3.乳房X線撮影と新治療は乳がんによる死亡を減少させる
 ある大規模研究では乳房X線撮影(マンモグラフィー)が近年の乳がんによる死亡の減少に寄与していると結論している.しかしながら,検診がその減少にどの程度寄与したのか ,あるいは補助化学療法やタモキシフェンの使用の増加がどの程度寄与したのかは明らかではない.More...(訳:鈴木昌)

4.CDC(米国疾病対策および予防センター):アメリカ合衆国人口の7%が糖尿病に冒されている
 新しい政府統計によるとアメリカ人のおよそ2,100万人,アメリカ合衆国人口の7%が糖尿病であり,さらに,そのうち600万人は自分が糖尿病であることを知らないという .資料によると,糖尿病は白人よりもマイノリティ(少数民族)で約2倍生じ,糖尿病の発症リスクは年齢とともに増加する.More...(訳:平和伸仁)
 

人種による不均衡 (Racial disparities)
5. 黒人患者の多い病院では心臓発作後の死亡率が高い
 心臓発作後の死亡リスクは,患者の中で黒人の占める割合が多い病院でより高いことが報告された.患者において黒人が占める割合が33.6%程度の病院群では,心筋梗塞発作後90日の死亡率が23.7%であった .これに対し,黒人患者がいない病院群では20.1%であった.More... (訳:菅野義彦)
 

インフルエンザのシーズンへの警報 (Flu season alert)
6.タミフルの製造元は買いだめの恐れに対して出荷を停止する

抗ウイルス薬であるタミフルの製造元は,米国での出荷を一時的に停止すると先週公表した.その理由としては顧客が買いだめをすることで,インフルエンザが流行る季節に対して悪影響がある恐れを挙げている .同薬は鳥インフルエンザに対してもっとも有効な防御法と考えられているが,同社は国家的な備蓄のための政府からの注文に対しては,今回の一時的な処置が影響を与えることはないと強調している .More... (訳:上野義之)
 

医療経済 (The business of medicine)
7.薬品ビジネス:ジェネリック医薬品をより多く用いることで年間
200億ドルが節約できる
 
300万のコマーシャルメンバーの調査に基づき ,抗うつ剤,高脂血症薬を含む6クラスの主要な薬剤を検証した報告によると ,もし昨年,医師がブランド薬品ではなく,ジェネリック薬品を処方したら,約200億ドルが節約されたかもしれないとのこと .More...(訳:村上純)

   ObserverWeekly Home Page