Journals

ObserverWeekly

(更新日 2005年11月22日)
 In the News for the Week of 11-15-05(監修:石橋大海)
 
文末のMore...  をクリックすると英文アブストラクトへアクセスできます.
 
医学ニュース・ヘッドライン (Clinical news in the headlines)
1.Annals highlights: (1)コンドームの使用による性器ヘルペスの減少,(2)妊娠時の致死的血栓

(1)コンドームを使用することにより,性器ヘルペスの発生が減少する.

(2)妊娠女性5万人の調査により,妊娠中または妊娠後に,まれではあるが,同年代の非妊娠女性に比べて高率に致死的な血栓を引き起こすことが明らかとなった.More…(訳 : 土谷昌信)

2.癌を克服した人に対する適切なフォローアップ・ケアの欠如
 癌治療の進歩のおかげで,より多くの人が癌を克服している.その一方で,彼らがしばしば長期にわたり精神的,医療的に難しい問題を抱えているのにかかわらず,こうした問題に対する適切なフォローアップ・ケアをほとんど受けていないことが報じられている.この研究を行った医療機関では,どのようなことを行うことが最も良いフォローアップ・ケアであるのかについて,意見の一致は得られていないと述べている.
More… (訳: 土谷昌信)

3. 睡眠障害は脳卒中のリスクを増大させる可能性がある

 閉塞性睡眠時無呼吸発作を持つ場合,脳卒中に罹患するリスクと,結果的に死亡するリスクが2倍以上になることが判明した.発表した研究者らによれば,睡眠時無呼吸と脳卒中のリスクの関連性は,高血圧など他の心臓血管系や脳血管系のリスク因子とは独立したものであるという . More…(訳:五十嵐忠彦)
 

4.梅毒の罹患率が上昇を続けている

 最新の連邦政府の統計によると,性感染症の罹患率の推移は異なった結果を示している.全国的に,梅毒に罹患した患者数は4年間直線的な増加を示したのに対して,淋病の罹患率はこの期間を通して底を尽きつつある.ただし,淋病の罹患率は梅毒に比してまだ依然として高い状態に変わりはないという. More…(訳:五十嵐忠彦) 
 

慢性疾患(Chronic disease)
. 米国の糖尿病による死亡が2025年までには3倍になる

医療介護システムにより糖尿病を適正に予防,治療しなければ,これからの20年で,糖尿病によって米国人が被る経済的負担はさらに厳しくなるであろうとの報告がなされている.報告書によると,糖尿病による死亡は,一年当たりちょうど20万人を超えた2000年の状況から2025年には62.2万人に達し,さらに糖尿病合併症もまた3倍に増えるであろうとのことである.More…(訳:川村光信)

 

   ObserverWeekly Home Page