Journals

ObserverWeekly

(更新日 2005年12月16日)
In the News for the Week of 12-13-05(監修:渡辺毅)
 
文末のMore...  をクリックすると英文アブストラクトへアクセスできます.
 
医学ニュース・ヘッドライン (Clinical news in the headlines)
1.ACP Journal Club: 抗生剤と尿路感染症
 
最近の研究によると,尿路感染症の徴候を有する女性には,尿検査にて陰性であった場合も含めて,抗生剤による治療が有効であった.今回の検討は無作為に抽出された16歳から50歳までの,過去に排尿障害を有し,尿検査において白血球及び硝酸塩のいずれも陰性であった59名の女性において施行された.
More...(訳:市堰 肇)

大腸癌患者の3分の1は化学療法を受けず
 
化学療法の進歩により多数の大腸癌患者で生存期間の延長が得られるようになってきた.しかしながら,最近の研究によると女性の患者や高齢患者では化学療法をあまり受けていないことが分かった.また,大腸癌に対してもっとも広く使用されている化学療法剤が黒人には効果が弱いことが認められた.More...(訳:

3.
インフリキシマブは潰瘍性大腸炎にも有効
 
インフリキシマブは従来クローン病の治療に使用されてきたが ,新規の研究によって,潰瘍性大腸炎にも有効であることが明らかとなった.2つのトライアルにおいて,インフリキシマブ群はプラセボ群に比べて ,有意に直腸出血の減少などの良好な効果が認められた.More...(訳:山川正)
 
   ObserverWeekly Home Page