Journals

ObserverWeekly

(更新日 2005年1月16日)
In the News for the Week of 1-10-06(監修:渡辺毅)
 
文末のMore...  をクリックすると英文アブストラクトへアクセスできます.
 
医学ニュース・ヘッドライン (Clinical news in the headlines)
Annals of Internal Medicine: 専門医資格維持の調査結果;歩行と末梢動脈疾患

  米国の専門医資格を更新した1799名の内科医に対する調査の結果,彼らが専門医資格を更新する理由は,専門家のイメージを保つことと最新の知識を得るためであることが明らかとなった.一方,更新しない医師は,更新作業には時間がかかり過ぎる点を指摘した.また,もう1つの研究では,末梢動脈疾患を持つ人では,1週間に3回の散歩は病態の進行を遅らせることを明らかにした .More...(訳:北口聡一

 

2.スタチンにはがんの予防作用がないことが判明した
  
コレステロール降下薬が癌に対する予防効果があるという仮説の検証を目的に行なわれたスタチンに関する26の臨床研究を対象としたメタ解析が最近終了した.研究者らによると,いづれの試験においても,スタチンの種類を問わず癌発症率や癌死亡率の減少を認めないことが判明した.More...(訳:平岡栄治

3.
卵巣癌の治療に画期的な進歩のきざしが見え始めている
 
卵巣癌の治療に関する
最近10年間においては重要な進歩が最近の臨床研究によって判明した.その研究は,抗癌剤の腹腔内への直接投与は進行した卵巣癌に罹患した女性の余命を伸ばすと結論した.その結果は,1999年以来ある特定の癌治療方法を是認して来なかったNational Cancer Institute (NCI)にその治療法の使用を医師に勧告させるに充分なほど画期的なものであった .More...(訳:平岡栄治


4.逆流性食道炎の治療戦略を比較した新たな報告について
 
プロトンポンプインヒビター(PPI)は,合併症の無い逆流性食道炎の患者にとって,手術と同等に有効であると,あらゆる健康状態の患者で様々な治療を比較した新たな一連の報告の最初に述べられている.この米国の医療研究品質調査機構(AHRQ:the Agency for Healthcare Research and Quality )による報告は,重篤な食道病変のない,他に合併症の無い慢性逆流性食道炎を対象に種々の治療法を比較した結果である.More...(訳:金原秀雄

   ObserverWeekly Home Page