Journals

ObserverWeekly

(更新日 2006年3月13日)
In the News for the Week of 3-7-06(監修:北口聡一)
 
文末のMore...  をクリックすると英文アブストラクトへアクセスできます.
 
医学ニュース・ヘッドライン (Clinical news in the headlines)
1.
ガチフロキサシン使用への警告
 米国にて最も広く処方されている抗生剤の薬で ,致死的な副作用が起こりうる可能性が大規模スタディにて示された.その研究では,ガチフロキサシンはマクロライド系の抗生剤や他のフルオロキノロンより低血糖や高血糖の危険性が高くなることを示している .More....(翻訳:金原秀雄)

2.
Annals: 研究結果の虚偽の是正:MRSAの認識
 
ある記事によると ,医学雑誌編集者は研究結果の虚偽の問題を論じている.一方,2つの研究では市中感染MRSAの領域について調査している .他の研究では,男性の冠動脈疾患の軽減に対するアスピリンとスタチンの経済的な有用性を比較している.More....(翻訳:金原秀雄)
 
薬剤の最新情報 (Drug update)
3.抗癌薬のリウマチへの適応が承認される
 FDAは先週 ,代表的な抗癌薬であるrituximabを ,リウマチ治療に使用することを承認した.このリウマチへの新承認の他にも,研究者たちはループスや多発性硬化症など他の免疫疾患への効果を検討している.More....(翻訳:齋藤雄司)

4.
抗うつ薬では初めての皮膚パッチ(貼付薬)に青信号
 
先週FDAは ,うつ病治療では初めてとなる皮膚パッチ(貼付薬)を認可した.このパッチは,MAO阻害薬であるselegilineを血中に浸透させるもので ,経口MAO阻害薬を服用している一方で食事制限が必要な患者への新たな選択肢となる .More....(翻訳:齋藤雄司)
 
ACPの支持する意見についての最新知見 (Advocacy update)
5.ACPの会長は,議会に支払いに関する大事な改革案を通すことを強く要求した
 
先週,ACPの会長は議会の小委員会の会員に対し ,支払いに関する抜本的改革案が委員会で通らなければ,アメリカのプライマリケアーシステムは破綻すると警告を出した.彼は,ACPはMedPaC (Medicare Payment Advisory Commission)の“相対的付加単位の払い戻しの不公平を是正すべきである”という勧告を支持したと証言した. More....(翻訳:平岡栄治)
 
ACPニュース (ACP news)
6.学生向けの新しいMKSAP3はクラークシップの手助けになる
 
ACPの有名な学生向けMKSAPの第3版が ,検索の可能なCD-ROMつきで発売になった.このMKSAP3は400以上の患者中心のセルフアセスメント用の問題と解答が含まれておりクラークシップ中の医学生向けに作られている .More....(翻訳:平岡栄治)
   ObserverWeekly Home Page