Journals

ObserverWeekly

(更新日 2006年4月17日)
In the News for the Week of 4-11-06(監修:市堰 肇)
 
文末のMore...  をクリックすると英文アブストラクトへアクセスできます.
 
教育の改革 (Training redesign)
1. ACP:内科教育の大規模な改革を提唱
 
先週発表された新方針に,ACPは内科教育を強化し ,プライマリーケアにさし迫る危機を回避するため卒前,卒後教育の大きな変革を推進することを盛り込んだ.3年間の研修期間を確保し ,うち2年間は中心となる内科教育を行い ,3年目は研修医が自ら選択したキャリアに応じて構成された研修を受ける ,ということが提唱された. More....(翻訳: 矢倉道泰
 
2006ACP 年次総会ハイライト(Annual Session 2006 highlights)
2. 出来高払い制:最近の改訂に将来性と問題点

 米国の医師診療報酬支払制度は修正の必要があるという大筋の合意のなか ,タウン・ホールでのミーティングにて,ACP会員は出来高払い制についての懸念を表明した .本総会は,論議の的になっているこの問題に関して,政府,業界,ACP指導者からなる委員会の意見の不一致を浮き彫りにした .More....(翻訳: 東 理

3.カトリーナ後の災害対策強化
 
ハリケーンカトリーナからどんな教訓が得られるのか,殊に,世界的な流行を引き起こしつつある鳥インフルエンザに直面して ,と言う点が,年次総会で行われた救急態勢に関するプレゼンテーションの主題であった.カトリーナによって,自然災害に直面した際の米国医療の極めて脆弱な部分が露呈されたということが ,専門家パネリストによって指摘された.More....(翻訳:東 理

ACPの糖尿病イニシアチブ ,立派な成果を発表
 
ACPの糖尿病イニシアチブの進展を強調した記者会見において ,プロジェクトリーダーと参加者らは,このプログラムに含まれる様々な構成要素が一つとなることによって,糖尿病の標準的なケアと現在実際に行われているケアとのギャップを埋める架け橋になるであろうと述べた .ACPの三年間にわたる数百万ドル規模の糖尿病イニシアチブは ,多くの専門分野のチームトレーニング,患者教育,医師の自己評価,マルチメディアの教育ツールの作成を強調した.More....(翻訳:馬杉治郎

5.理事会 ,プライマリーケアの崩壊を避ける手段を求む
 
理事会は先週の会合にて ,医師の労働力,支払い,医療の分配問題に焦点を当てたいくつかの声明文を承認した. 理事会は,新しい声明を承認する際,アメリカのプライマリーケアシステムに山積する課題に応え,プライマリーケアの現場からの医師離れを防ぐためには広範囲の改革が必要であると言及した .More....(翻訳:馬杉治郎
 

   ObserverWeekly Home Page