Journals

ObserverWeekly

(更新日 2006年5月15日)
In the News for the Week of 5-2-06(監修:金原秀雄)
 
文末のMore...  をクリックすると英文アブストラクトへアクセスできます.
 
医学ニュースヘッドライン (Clinical news in the headlines)
1. Annals:
胃緊縛術,医療評価,救急隊の心肺非蘇生ガイドライン
 
Annalsの今週号には,中等度肥満患者の減量に胃緊縛術が生活習慣の改善よりも効果があこと,高齢者による医療評価では患者の満足度と介護技術は必ずしも相関しないこと,また新しい心肺非蘇生ガイドラインが発表されてから,救急隊員が心肺蘇生を控える傾向があることが報告されている.More....(翻訳:若月芳雄

. 除細動器の調査を更に要求

 先週発表された研究は,リコールされた埋め込み型除細動器(ICD)を取り替えるか否か,いつ取り替えるかの決断を迫られた医師や患者の困難を取り上げ,適切な時期にバイアスのない安全性情報が必要であることを強調している.リコールされたICDが埋め込まれていた約3000人の患者のうち533人は取替えを行い,43人が合併症を経験している.More....(翻訳:鈴木 昌)
 

メディケアの処方箋薬医療保険プラン(Medicare Part D)
. 保険によりカバーされる処方の変更から受益者を守る政策

 メディケア・メディケイド・サービスセンター(CMS)はメディケアの受益者の処方が保険者からカバーされなくなった場合にも引き続き継続してカバーされることを企図した新政策を先週発表した.その新たな規則では保険者がカバーされる処方集からある薬を除外したり,制限を加えるときは保険の受益者が現在服用中の薬に関しては引き続き保険でカバーすることとしている.More....(翻訳: 岩瀬三紀)

4.低所得の医療保険受給者に対する,処方箋薬医療保険プラン新規加入

 メディケア・メディケイド・サービスセンター(CMS)はメディケア受給者で低所得者向け補助の対象者に処方箋薬医療保険プラン(Part D)の一度限りの新規加入を受け付けると発表した.現行制度の2006年5月の加入締め切りを延長して行われるこの措置では,現在メディケアの受給者で加入締め切りまでに未加入のものに,あらたに加入機会を提供することになる.この措置の該当者は,違約保険料の支払い義務無しで処方箋薬医療保険プラン(Part D)に加入できる.More....(翻訳:若月芳雄)
 

IT技術 (Information technology)
5.エトナ社とシグナ社のウェブを通じたコンサルトに対する報酬の支払い
 
エトナ社は今週,カリフォルニアとフロリダで,オンラインでコンサルテーションを受け付ける「webVisitsTM」に対して医師への報酬の支払いを開始する.シグナ社は同様のサービスをカリフォルニア州の一部の会員に対して今夏から開始する予定である.また,2007年にはカリフォルニア,アリゾナ,フロリダ,およびニューヨークのすべての会員にこのサービスを提供する.More....(翻訳: 鈴木 昌)
 
医療サービスへのアクセス(Access to care)
保険未加入者にしめる中流階級層の増大化
 
先週発表された調査によれば,米国における非保険加入者に占める中流階級者の比率が増大しつつある.昨年度4800万人と推定される保険未加入者のうち,67%は成人一人のみの労働にたよる家庭が占めている.More....(翻訳:岩瀬三紀)

 
   ObserverWeekly Home Page